ブラック・キャット (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・キャットメキシコの旗
プロフィール
リングネーム ウロキ・シト・ジュニア
クロネコ
老虎
本名 マル・ビクトル・マヌエル
ニックネーム ネコちゃん
身長 180cm
体重 100kg
誕生日 1954年10月17日
死亡日 2006年1月28日(満51歳没)
出身地 メキシコの旗メキシコ
所属 新日本プロレス
トレーナー ウロキ・シト
デビュー 1977年4月21日
引退 2003年1月(正式な引退ではなかったがリングには上がっていなかった)
テンプレートを表示

ブラック・キャット(Black Cat)のリングネームでの活動で最も知られたマル・ビクトル・マヌエル(Mar Victor Manuel、1954年10月17日 - 2006年1月28日)は、メキシコプロレスラーである。メキシコシティ出身。プロレスラー、およびレフェリー、ブッカーとしての最終所属は新日本プロレス。愛称は「ネコちゃん」。

甥がNWA世界ミドル級王座であったスギ・シト、マヌエル・ロブレス、パンチト・ロブレス、父がウロキ・シト

経歴[編集]

1977年4月21日メキシコにてプロレスデビュー。デビュー当時のリングネームはウロキ・シト・ジュニア、後にクロネコ (Kuroneko) と改名する。

メキシコの団体を中心に活動していたが、1981年にプロレス留学目的で新日本プロレスに入団。日本でのデビュー戦は4月21日小山ゆうえんちにて行われたタッグマッチであった(パートナー:星野勘太郎 対戦者:木戸修永源遥組)。

以後、新日本のリングをレスラー活動の中心の場としていくことになる。晩年まで用いたリングネームのブラック・キャットは日本に来てから用い始めたもので、メキシコで名乗っていた日本語に由来するリングネームを英語読みにしたものである。リングネームはブラック・キャットだが、会場売りパンフレットの試合表には「クロネコ」と書かれていた。

新日本に所属している間も、提携団体を中心に海外マットへも参戦し、1994年2月から6月の間はAAAルードとして活動し、1995年4月(1試合のみ)と1998年1月にはWCWへ登場している。また、新日本の台湾遠征の際には、「老虎(タイガーマスク)」としてファイトしたこともある、その時はメインを務め、当時のトップ選手だったワイルド・ペガサスに勝利した。

一時期だけ猫をあしらった覆面を被って試合をしていたが、短期間で素顔に戻っている。

2000年頃から体の故障が多くなる。リハビリの間にアメリカにて栄養科学とボディビルの資格を取得している。以後、指導者にポジションを変えていくことになる。2003年1月からはレフェリーに転向、新日本のマットでレフェリングを行っていた。選手としての正式な引退はしていない。

2006年1月28日午前3時、急性心不全により死去した。

エピソード[編集]

  • 1987年3月27日大阪城ホールにて開催された「INOKI闘魂LIVE Part2」の「アントニオ猪木VSマサ斎藤」に乱入した海賊男の正体といわれる。当初の予定だと猪木に手錠をかけて控室に拉致するはずが、段取りを誤って味方のマサに手錠かけて自分の手にも手錠をかけて繋いでしまい控室に拉致してしまった。不透明な結末に暴動が起こり、怒ったファンが火を付けた。自分の乱入のために暴動を起こしてしまった事を最後まで気にしていたという。
  • 1991年3月21日「'91 スターケード in 闘強導夢」で当時参議院だった為、挨拶だけをしにリングに上がった猪木が「今日は試合が組まれてないが、(俺と)やりたい奴は出て来い!!」と言った際にキャットが一番乗りで挑戦していき、数分間のエキシビジョンのスパーリングを行った。
  • 深すぎない程度に選手の流血を促す、いわゆる「カットマン」としての手腕は高く評価されており、過去の新日本プロレスの試合映像で確認でき、流血する選手の傍には常に彼が存在していた。

得意技[編集]

  • メキシカンストレッチ
  • 変形DDT
  • セントーン
  • キン肉バスター
  • ジャンピング・ネックブリーカー・ドロップ

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]