ロニー・ガービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロニー・ガービン
ロニー・ガービンの画像
プロフィール
リングネーム "ラギッド" ロニー・ガービン
ロニー "ザ・ロック" ガービン
ロン・ガービン
ミスター・ノックスビル
ワンマン・ギャング
本名 ロジャー・バーンズ
ニックネーム 石の拳を持つ男
身長 178cm - 180cm
体重 105kg - 110kg
誕生日 1945年3月30日(69歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
スポーツ歴 レスリング
ボクシング
デビュー 1962年
テンプレートを表示

"ラギッド" ロニー・ガービン"Rugged" Ronnie Garvin、本名:Roger Barnes1945年3月30日 - )は、カナダケベック州モントリオール出身の元プロレスラー。生年は1944年ともされる[1]

NWA世界ヘビー級王者ラフファイトに強いベビーフェイスのタフガイとして活躍し、その強烈なパンチ攻撃から "The Man with the Hands of Stone" の異名で呼ばれた(名付け親はプロレス実況者のゴードン・ソリー[2]

来歴[編集]

少年時代にモントリオールバプティスト教会パット・パターソンテリー・ガービン(テリー・ジョイヤル)と共にトレーニングを積み、1962年に17歳でデビュー[2]。以後、テリー・ガービンの「弟」と称してロニー・ガービンRonnie Garvin)と名乗り、テリーとの「ガービン・ブラザーズ」で活動。

フロリダテネシージョージアなどアメリカ南部ヒールのポジションで転戦し、1964年から1974年にかけて、各地区のローカル・タッグ王座を再三獲得[3][4]。その間、1971年1月にテリー・ガービンと共に日本プロレスに来日しているが、小柄だったこともあってタッグ王座への挑戦権は与えられず、これが最初で最後の日本マット登場となっている。

1974年下期からは義理の息子でもあるジミー・ガービンも「末弟」として加わり、一時期はトリオの兄弟ユニットを結成していたが、1975年にガービン・ブラザーズを離れシングル・プレイヤーとなって活動。ルイジアナノースカロライナを経て、1977年よりアラバマNWA傘下団体サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングに登場。ミスター・ノックスビルMr. Knoxville)なる覆面レスラーに変身し、同年6月10日にボブ・オートン・ジュニアと組んでジョー・ルダック&ボブ・アームストロングからサウスイースタン・タッグ王座を奪取した[5]。その後は素顔に戻ってベビーフェイスに転向、モンゴリアン・ストンパーボリス・マレンコアレックス・スミルノフディック・スレーターらとサウスイースタン・ヘビー級王座を争い、通算8回に渡って同王座を獲得した[6]

1979年、アラバマでの戦友だったボブ・ループやボブ・オートン・ジュニアと共に、ケンタッキー州レキシントンにて旗揚げされた新興独立団体インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング(ICW)に参戦。同年5月26日に同団体認定のサウスイースタン・ヘビー級王座の初代チャンピオンに認定され[7]ペッツ・ワトレーラニー・ポッフォとのタッグでも活動。以降ベビーフェイス陣営のトップとしてICWに定着し、1982年にかけてICW世界ヘビー級王者ランディ・サベージと抗争を繰り広げた[8]

ICWの活動停止後はNWA圏に戻り、1983年よりジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに登場。1984年は4月7日にジェイク・ロバーツから世界TV王座を[9]、7月4日にジェリー・オーツと組んでロード・ウォリアーズからナショナル・タッグ王座を[10]、10月11日にはテッド・デビアスから同ヘビー級王座を奪取するなどの活躍を見せた[11]

1985年下期からは、ジョージアを買収したジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区に進出。1986年4月19日に開催されたタッグチーム・トーナメント "Crockett Cup" の第1回大会にはマグナムTAとのコンビで出場、2回戦でバズ・ソイヤー&リック・スタイナー、3回戦で全日本プロレスジャイアント馬場&タイガーマスクを破り決勝戦に進出したが、ロード・ウォリアーズに敗れ準優勝に終わった[12]

同年9月2日にはブラック・バートを破りミッドアトランティック・ヘビー級王座を獲得し[13]、12月9日にはバリー・ウインダムをパートナーにザ・ラシアンズイワン・コロフ&クラッシャー・クルスチェフ)からUSタッグ王座を奪取[14]。そして1987年9月25日、ミシガン州デトロイトにてリック・フレアーを下してNWA世界ヘビー級王座を獲得した[15][16]。しかしファンの反応は鈍く[17]、彼の戴冠期間は短期に縮小され、2カ月後の11月26日、イリノイ州シカゴで開催された『スターケード'87』にてフレアーが王座に返り咲くこととなった[18]

その後はジミー・ガービンとガービン・ブラザーズを再結成してバーシティ・クラブなどと抗争するが、1988年8月にNWAを離脱し、ヒールのポジションでAWAWWCを転戦。すでに斜陽期に入っていたAWAでは9月17日にグレッグ・ガニアからインターナショナルTV王座を[19]プエルトリコのWWCでは11月24日にカルロス・コロンからユニバーサル・ヘビー級王座を[20]、それぞれ奪取している。

同時期にWWFと契約し、1988年12月、アイアン・マイク・シャープを破ってTVデビューを飾る[3]。再びベビーフェイスに戻り、1989年からはディノ・ブラボーグレッグ・バレンタインとの抗争アングルが組まれ、PPVの『ロイヤルランブル'89』『レッスルマニアV』『サバイバー・シリーズ'89』にも出場した。しかし、WWFではNWA時代のような活躍は果たせず、1990年1月の『ロイヤルランブル'90』以降はジョバーの役回りが多くなり、同年11月にWWFを離脱した[8]

以後、WWCを経て1992年ジム・コルネットテネシー州ノックスビルで主宰していたスモーキー・マウンテン・レスリングで活動。ポール・オーンドーフとのベテラン同士の抗争を展開した[8]。セミリタイア後の1999年には、WWFを共にサーキットした同郷のジャック・ルージョー・ジュニアらルージョー・ファミリーの主催するモントリオール地区のイベント "International Wrestling 2000" に、ジミー・ガービンやアブドーラ・ザ・ブッチャーとのタッグで出場した[21]

近年は航空運送会社のパイロットとして活動[3]。彼は1970年代初頭に飛行機免許を取得し、サーキット中も自家用機で移動していたという[2]。なお、義理の息子ジミー・ガービンも引退後はUSエアウェイズの操縦士となっている[22]

引退後も南部のインディー団体やリユニオン・イベントに時折登場しており、2005年にはNWA時代の盟友ダスティ・ローデスタリー・ブランチャードのレジェンド対決にてレフェリーを務めた[3]2011年8月12日にインセイン・クラウン・ポッシーが主宰するJCWで行われたPPV "JCW Legends & Icons" では、ジミー・スヌーカトニー・アトラスジム・ドゥガンリキシヴィセラドインク・ザ・クラウンブルータス・ビーフケーキらと共にバトルロイヤルに出場した[23]

エピソード[編集]

アメリカのマット界においてガービンは、喧嘩自慢の素人(道場破り)や外部の選手に対するポリスマン(用心棒)の役割も担っていた[24]。海外武者修行時代の藤波辰爾は、1976年フロリダカール・ゴッチのもとからノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に入った際、ゴッチの弟子ということで同地区の選手たちから警戒され、ガービンとの試合で肛門に指を入れられるなどして「仕掛けられた」という[24]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ジム・クロケット・プロモーションズ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA世界TV王座:3回[9]
  • NWAナショナル・ヘビー級王座:1回[11]
  • NWAナショナル・タッグ王座:1回(w / ジェリー・オーツ[10]
  • NWAジョージア・タッグ王座:2回(w / テリー・ガービン)
  • NWAメイコン・タッグ王座:2回(w / テリー・ガービン、ロジャー・カービー
NWAミッドアメリカ
  • NWA南部ジュニアヘビー級王座:1回
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアメリカ版):1回(w / テリー・ガービン)
  • NWAミッドアメリカ・タッグ王座:2回(w / テリー・ガービン)
サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング
アメリカン・レスリング・アソシエーション
  • AWAインターナショナルTV王座:1回[19]
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWCユニバーサル・ヘビー級王座;2回[20]

脚注[編集]

  1. ^ Ronnie Garvin”. Cagematch.net. 2014年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c Canadian Hall of Fame: Ronnie Garvin”. SLAM! Sports: January. 12, 2000. 2011年12月25日閲覧。
  3. ^ a b c d Wrestler Profiles: Ronnie Garvin”. Online World of Wrestling. 2011年12月25日閲覧。
  4. ^ Wrestler Profiles: Terry Garvin”. Online World of Wrestling. 2011年12月25日閲覧。
  5. ^ a b NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  6. ^ a b NWA Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  7. ^ a b ICW Southeastern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  8. ^ a b c Ronnie Garvin Career Archive”. SLAM! Sports: May 11, 2008. 2011年12月25日閲覧。
  9. ^ a b NWA World Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  10. ^ a b NWA National Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  11. ^ a b NWA National Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  12. ^ 1st Annual Jim Crockett, Sr. Memorial Tag Team Tournament Cup”. ProWrestling History.com. 2011年12月25日閲覧。
  13. ^ a b NWA Mid-Atlantic Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  14. ^ a b NWA United States Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  15. ^ History of the NWA World Heavyweight Championship”. NWA Wrestling.com. 2011年12月25日閲覧。
  16. ^ a b NWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  17. ^ リック・フレアー、キース・エリオット・グリーンバーグ共著『リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン』P236-237(2004年、エンターブレインISBN 4757721536
  18. ^ Going Old School: Starrcade '87”. 411mania.com. 2011年12月25日閲覧。
  19. ^ a b AWA International Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  20. ^ a b WWC Universal Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年12月25日閲覧。
  21. ^ Rougeaus to battle Garvins, Dubois”. SLAM! Sports: August 3, 1999. 2011年12月25日閲覧。
  22. ^ Jimmy Garvin on his 23 years in wrestling”. SLAM! Sports: January. 13, 2000. 2011年12月25日閲覧。
  23. ^ Event Data: JCW Legends & Icons”. Cagematch.net. 2012年12月28日閲覧。
  24. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.19』P12(2011年、辰巳出版ISBN 4777808920
  25. ^ ICW Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]