チアリーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祭事に踊る米国の高校生チアリーダーたち

チアリーダー: cheerleader[1])とは、スポーツ(アメリカンフットボールなど)における応援チームのことである。

概要[編集]

日本では一般的にチアガール、男性の場合はチアマンとも言われているが、これらは両者ともに和製英語である(cheer girlやcheer boyという単語は存在するが、スポーツ競技の応援に携わるものという一般的な意味では、英語圏で用いられることはない)。

元々応援団アメリカ合衆国で凱旋将軍の帰還時にそれを歓迎する意味で応援団風にまとめたという説、あるいは大学のスポーツチームの応援に際してのリーダー的な人物がいて、それで応援を統率するという説など起源には様々な憶測が挙げられているが、一般的には女性の応援チームのことを指している。

ポンポンスズランテープを束状にしたもの)を両手にかざし、軽やかな音楽に合わせたダンスパフォーマンスを繰り広げる。ポンポンの取っ手には大きく、バトン、スティックといった棒タイプのものや、手首や指にはめて外れないようにしているタイプのものもある。

衣装はトレーナータイプのユニフォームにプリーツタイプのミニスカートを着用するのが、一般的とされている。ミニスカートの下にアンダースコート(アンスコ)、コスチュームパンツ(コスパン)、ブルマーを着用する者、タイツパンティストッキングを履いてからアンスコ、コスパン、ブルマーを着用してソックス運動靴を履く者など、様々である。近年はスポーツ競技化に合わせ、スパッツを履いた上にミニスカートという姿も多くなっている。

一般にアメリカ合衆国の学校においては、チアリーダーの女子生徒らはちょうどジョックの女子版(クイーン・ビー)に相当し、生徒らの中の典型的な「人気者集団」を形成することがしばしばである。大衆文化においても、「人気者(ポピュラー)な女子学生」の典型として描かれやすい。いわば「花形」であるために競争も非常に激しく、チアリーダーになるための英才教育を子供の頃から施されるという女児も多い。とあるチアリーダー候補の女児の母親が、娘をチアリーダーにしたい一心から、競争相手の女児を殺害しようとしたという事件も起こっている[2]

――ルックスがいい女のコは勉強なんてしちゃダメなの。難しいことは考えないで、私たちみたいにミニスカートはいてお尻ふって愛嬌振りまいてりゃいいの。

――勉強なんて、ルックスが悪い人がすること。私たちはキレイなんだから、バカなほうが男のコに好かれるんだよ。

ビクトリア・マーティン『数学チームの女王』より、あるチアリーダー

派生した関連競技・種目[編集]

チアリーディング[編集]

チアリーダーが行うスポーツ競技である。

チアダンス[編集]

チアリーディングから派生したスポーツ競技である。アメリカでは「Pom Dance(ポンダンス ポンポンとダンスを組み合わせた造語)」とも呼ばれる。これはチアリーディングのうち、踊りの部分に特化したもので、競技会の場合は2分30秒の競技時間が設定されており、ポンポンダンス、ラインダンス、ジャズダンス、ヒップホップの4種類を取り入れ、その表現力や完成度を審査する。近年は、競技人口の増加とともに、年齢の幅も広がり、シニアを対象とした指導などを行う、日本シニアチア協会がある。

ソングリーダー[編集]

ソングリーダーとはチアとほとんど同じだが、チアのスタンツが無い物をソングリーダーという。

その他[編集]

日本におけるチアリーダーは、当初はアメリカのカレッジスポーツやアメリカンフットボールの応援シーンからの見よう見まねの模倣から入ってきたもので、女性がミニスカートを履いて応援に参加するものは、バトントワリングチームも含めて総称としてチアガールと呼んでいた時期があったが、バトントワリングチームとチアリーダーチームは全く性質が異なる別なものである。


学校・クラブ活動におけるチアリーダーを取り巻く問題[編集]

本来は応援集団の一セクションとして発生したもので、日本における学校現場のクラブ活動においても、伝統があるチームほど、応援団・応援部・応援指導部のなかの組織として発生したチームが多い。またそういうチームの多くは最初からチアーリーダーとしてではなく、吹奏楽部団体の一部のバトントワリングチームとして創設され、後にチアリーダーチームに発展していったチームも少なくない(日本国内で初期段階になるほどチアガールと呼ばれる風潮が強かった要因のひとつでもある)。

近年は、応援団体としてよりも、その華やかさから、スポーツとしてのチアリーディングに脚光が当てられる風潮が強く、その影響から、チームの存在意義・活動目的を設定する上において、表立たないところで根深い混乱が生じている段階にあるといえる。

前述した歴史的な経緯から、チアリーディングチームには最初からチアリーディング競技専門チームとして立ち上げられる場合、本来の応援チームから競技に専念する為に分離独立するチーム、さらには応援団体としてありながら本来の応援活動よりも競技会への参加や練習を中心にするチームが増えてきている。事実、チアリーディングの統括団体の上層部や指導者には、競技会で上位の成績を収めるには応援活動を極力控える指導なども行なわれている関係もあり、現役メンバーにもそういう風潮が浸透している。しかし、競技会参加チームの中には応援活動を主にしているチームもあり、チームやメンバーによって様々な葛藤や混乱の中に身を晒されている。

チアリーダーチーム出身の著名人[編集]

ダラス・カウボーイズの応援団カウガールズのユニフォーム

その他[編集]

テレビにおけるチアリーダー[編集]

  • 1980年11月 - 1981年10月にTBS系列でドラマ「GOGO! チアガール」が放送された。これが日本で最初のチアリーダードラマである。高校のチアリーディング部を舞台にした青春ドラマで、三原じゅん子(当時は三原順子)や島田歌穂日高のり子ら当時の女性トップアイドルが出演して、プロCheerleaderチームPISCESが指導した。ちなみに彼女たちが着ていた青シャツの上に白チョッキ、白いホットパンツのヘソだしルックは、ダラス・カウボーイズの応援団カウガールズの衣装が元になっている。
  • 2004年10月 - 2005年3月放送のNHK連続テレビ小説わかば」で、ヒロイン・高原若葉(原田夏希)は学生編で大学のチアリーディング部に入って活動している。NHKの番組宣伝用ポスターでもチアガールになった若葉の写真がデザインされたヴァージョンがある。防火週間啓発ポスターにも同様のものが使用された。大学のチアリーディング部の部員は日本文理大学チアリーディング部の部員(当時)が演じている。
  • 2005年12月放送のフジテレビ系「カスペ!部活」と題した芸能人のスポーツや文化活動のチームのドキュメンタリー番組で、ソニン西村知美保田圭神取忍らによって結成された芸能人のチアガールチーム「お台場レインボーチアーズ」が取り上げられた。

プロスポーツとの関係[編集]

チアダンスを題材にした作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]