ペリー・サターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペリー・サターン
Perry Saturn Nitro 1998.jpg
プロフィール
リングネーム ペリー・サターン
サターン
ザ・ガーゴイル
本名 ペリー・アーサー・サトゥーロ
ニックネーム イリミネーター・サターン
身長 178cm
体重 109kg
誕生日 1966年10月25日(48歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州クリーブランド
トレーナー キラー・コワルスキー
デビュー 1990年
テンプレートを表示

ペリー・サターンPerry Saturn)のリングネームで知られるペリー・サトゥーロPerry Arthur Satullo1966年10月25日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーオハイオ州クリーヴランド出身。

来歴[編集]

17歳の時から4年間アメリカ陸軍に入隊している。

その後キラー・コワルスキーのレスリングスクールでトレーニングし、1990年にコワルスキー主催のプロレス団体IWFでプロレスデビュー。IWFではテラ・ライジング(現トリプルH)とのタッグで活躍。1993年には新日本プロレスに初参戦。

1995年にはECWに参戦。ジョン・クローナスとのタッグチーム、イリミネーターズを結成し、タッグ王座を2度獲得するなど大活躍をみせる。

1997年WCWへ移籍。同時期にECWから移籍したレイヴェンと共にレイヴェンズフロックを結成する。そのレイヴェンとのタッグでWCWタッグ王座を獲得し、その後クリス・ベノワとのタッグでもタッグ王座に戴冠している。

2000年1月初頭に、WCWの起用法などの不満から、同調したクリス・ベノワ、エディ・ゲレロディーン・マレンコと共にWCWを離脱しWWE(当時WWF)へ。WWEでは移籍組メンバーとラディカルズを結成し、トップ戦線で活躍した。マネージャーにテリーを従えていたが、ある日頭を強く打った衝撃で、モップの「モッピー」を愛するという奇行に奔る。テリーとも破局。WWEでは個人でヨーロピアン王座、ハードコア王座も獲得している。

2002年11月WWEを離脱し、その翌月に闘龍門に参戦した。2003年には10年ぶりに新日本プロレスに出場している。

2004年4月、強姦犯から女性を助けようとしたときに、犯人から3発銃弾を浴び重傷を負う。その傷が元でプロレスができない状態であったが、治療及びリハビリに専念したおかげで2010年にはWWEのバックステージへ出向くほど回復した。プロレス復帰に向けてトレーニングに励み、2011年11月にインディー団体であるAWE(Awesome Wrestling Enteratinment)のPPV、Night of the Legendsにて復活を遂げC・W・アンダーソンと対戦し、復帰戦を勝利で飾った。

2012年、古巣であるWWEにロードエージェントとして復帰した。

得意技[編集]

リング・オブ・サターン
クロスフィックス。羽根折り式腕ひしぎ逆十字固め
リング・オブ・サターン2
ストラングル・ホールドγ
スリーハンドル・ファミリー・グラダンザ
横回転式フィッシャーマンズ・スープレックス
サターンボム
ファルコンアロー
ダイビング・エルボー・ドロップ
デスバレー・ボム
Tボーンスープレックス
サターンサルト
ムーンサルトプレス
トータルイリミネーション
ジョン・クローナスとの合体技。サターンがフライングニールキック、クローナスが水面蹴りを同時に放つ。

日本参戦時の経験からか日本国内でよく知られる技を多数使用していた。

タイトル[編集]

WCW
  • WCW世界タッグ王座 : 2回
w / レイヴェン : 1回
w / クリス・ベノワ : 1回
  • WCW TV王座 : 1回
ECW
w / ジョン・クローナス
WWE

外部リンク[編集]