デビッド・ヒース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・ヒース
デビッド・ヒースの画像
プロフィール
リングネーム ギャングレル
バンパイア・ウォリアー
デストラクション
ザ・ブラックハート
ザ・ドルイド
ザ・ウォーロック
ブラック・ファントム
本名 デビッド・ヒース
ニックネーム 吸血鬼
身長 188cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1969年2月16日(45歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州タンパ
トレーナー ディーン・マレンコ
デビュー 1988年
テンプレートを表示

デビッド・ヒースDavid Heath1969年2月16日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州タンパ出身。ギャングレルGangrel、日本では「ガングリル」「ギャングリル」「ガングレル」と表記される場合もある)、バンパイア・ウォリアーThe Vampire Warrior)などのリングネームで知られる。

元妻は往年の名レスラー、ブッチャー・バションマッドドッグ・バションの実弟)の娘であるルナ・バション

来歴[編集]

ディーン・マレンコのトレーニングを受け、1988年にデビュー。地元フロリダのインディー団体を経てカナダカルガリースタンピード・レスリングに参戦し、トム・ナッシュとの覆面タッグチームザ・ブラックハーツThe Blackhearts)を結成。ナッシュはアポカリプス、ヒース自身はデストラクションを名乗り、黒装束に白い仮面、その下には顔全体が隠された黒覆面という、『オペラ座の怪人』をイメージした怪奇派タッグとしてセンセーショナルな存在となる。

1991年2月にはブラックハーツとして全日本プロレスに初来日。来日前に専門誌で特集が組まれるなど前人気は上々だったが、キャリア不足もあって試合ではインパクトを残せなかった。同年9月の再来日ではダグ・ファーナス&ダニー・クロファットカンナム・エクスプレスが保持するアジアタッグ王座に挑戦。後楽園ホールスタン・ハンセン&ダニー・スパイビーとも対戦している。

その後ブラックハーツを脱退して素顔になり、1993年メンフィスUSWA吸血鬼ギミックバンパイア・ウォリアーに変身。後に妻となるルナ・バションマネージャーに従え、ジェフ・ジャレットからUSWA南部ヘビー級王座を奪取した。1994年にはIWAジャパンに来日し、1995年ECWに登場してトミー・ドリーマーと抗争。その後フロリダに戻り、アゴニーことバリー・ヒューストンとブラックハーツを再編、1997年にルナを帯同してIWAジャパンに再来日した(1996年にも、トム・ナッシュとのオリジナル版ブラックハーツを再結成してIWAジャパンに参戦している)[1]

2009年

1998年8月、吸血鬼ギミックはそのままに、ギャングレルのリングネームでWWF(現・WWE)に登場。血(を模した液体)の入ったゴブレットを手に炎の中から登場し、その血をリングインの際に口に含んで噴射させる入場パフォーマンスでヒール人気を呼ぶ。同年11月よりエッジクリスチャンゴシック系ユニットのザ・ブルードThe Blood)を結成。後にこの3人はジ・アンダーテイカー率いる「ミニストリー・オブ・ダークネス」の一員となった。エッジ&クリスチャンと別れた後は、彼らと反目していたハーディー・ボーイズを仲間に引き入れニュー・ブルードを組むが短命に終わる。以降は『ヒート』など前座番組のポジションに甘んじ、体重増加の問題もあって2001年にWWFを解雇された。

インディー団体を転戦した後、2004年WWEと再契約を交わす。9月16日のスマックダウンではミニストリー時代の盟友ヴィセラと共にアンダーテイカーとJBLの番外戦に乱入、かつての主君アンダーテイカーを襲撃した。翌週にはヴィセラとのコンビでアンダーテイカーとのハンディキャップ・マッチが組まれるが敗退。以降は出演機会を与えられずにフェードアウトした。

2005年3月よりWWEの下部組織OVWに登場し、その後WWEにも登場予定だったが7月5日に解雇。2006年、WWE内の第3ブランドとして復活したECWに出演予定で再々契約を交わすも、このときも一度も番組に登場することなく2007年に契約を解除された。その後、同年12月10日に行われたRAW15周年記念大会の15人参加バトルロイヤルに出場している。

以降は居住地のカリフォルニアを拠点に、西海岸深南部のインディー団体で活動。イギリスのオールスター・プロモーションズなどヨーロッパにも頻繁に遠征した。2009年11月にはハルク・ホーガンオーストラリアにて開催したイベントであるハルカマニアに参戦[2]2010年8月13日にはJCWに登場し、PPVの "Legends & Loonies" にてケビン・ソーンと吸血鬼タッグを結成して試合を行った[3]

近年はアノアイ・ファミリーリキシブラック・ピールがカリフォルニアにて主宰するKPA(KnokX Pro Academy)のトレーナーを兼任しながらレスラー活動を続け[4]、北米の様々なインディー団体に参戦している。

その他[編集]

彼の妻だったルナ・バションは、もともとはブラックハーツの相方トム・ナッシュと結婚していた[5][6]。バションはナッシュと別れた後、ヒースと1994年に再婚し2児をもうけたが、2006年に離婚している[7]

得意技[編集]

入場曲[編集]

  • Blood

脚注[編集]

  1. ^ ギャングレル / レスラーノート”. ダークロHP. 2013年6月11日閲覧。
  2. ^ Hulkamania "Let the Battle Begin" 2009”. Online World of Wrestling. 2010年1月24日閲覧。
  3. ^ JCW Flashlight Wrestling - Legends & Loonies”. Cagematch. 2010年8月14日閲覧。
  4. ^ KnokX Pro Training Program”. Knokx Pro Entertainment. 2014年7月25日閲覧。
  5. ^ Wrestler Profiles: Luna Vachon”. Online World of Wrestling. 2010年9月4日閲覧。
  6. ^ Wrestler Profiles: Tom Nash”. Online World of Wrestling. 2010年9月4日閲覧。
  7. ^ Conversations with Gangrel”. AdultFYI.com: November 15, 2007. 2010年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]