トム・プリチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・プリチャード
プロフィール
リングネーム ドクター・トム・プリチャード
ジップ
ドクター・X
本名 トーマス・プリチャード
ニックネーム ドクター・オブ・デザイア
ドクター・トム
身長 183cm
体重 100kg - 105kg
誕生日 1959年8月18日(54歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州パサデナ
トレーナー ホセ・ロザリオ
デビュー 1979年
テンプレートを表示

"ドクター" トム・プリチャードDr. Tom Prichard)ことトーマス・プリチャードThomas Prichard1959年8月18日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州パサデナ出身。

WWF世界タッグ王者。近年はWWEのトレーナーとしての活動で知られる。WWEのブッキング・コンサルタントを務めていたブラザー・ラブことブルース・プリチャードは彼の弟である[1]

来歴[編集]

ホセ・ロザリオのコーチを受け、1979年にデビュー[2]。キャリア初期はカリフォルニア州NWAロサンゼルス地区にてベビーフェイスの新鋭として売り出され、1980年アル・マドリルと組んでオックス・ベーカー&エンフォーサー・ルシアーノからアメリカス・タッグ王座を奪取。以降、パートナーを変えて同王座を通算4回獲得した[3]。1980年8月には同地区で藤波辰巳WWFジュニアヘビー級王座に挑戦。翌1981年1月に新日本プロレスに初来日し、四日市にて藤波の同王座に再挑戦している[2]

1983年から1984年にかけては太平洋岸北西部のパシフィック・ノースウェスト地区で活動。その後、1985年よりアラバマ州のガルフ・コースト地区に入り、以降1980年代全般に渡り同地区(Southeastern Championship Wrestling / Continental Championship Wrestling / Continental Wrestling Federation)に定着。初期はUSジュニアヘビー級王者[4]、後にNWAアラバマ・ヘビー級王者(CWFヘビー級王者)となって活躍した[5]

1989年より、ジェリー・ローラージェリー・ジャレットが主宰していたテネシー州メンフィスUSWAを主戦場に活動。ヒールに転向して若手時代のスティーブ・オースチンらと共闘し、ジェフ・ジャレットビル・ダンディーと抗争を展開した。1991年9月には旗揚げして間もないW★INGに来日、10年ぶりの日本マット登場を果たしている。

1992年からはノックスビルのスモーキー・マウンテン・レスリング(SMW)に参戦し、団体のオーナーであるジム・コルネットマネージャーに迎え、スタン・レーンヘブンリー・ボディーズThe Heavenly Bodies)なるタッグチームを結成。ドクター・オブ・デザイアDoctor of Desire)をニックネームに、ファンタスティックスやロックンロール・エクスプレスとタッグ王座を争った[6]

1993年、当時SMWやUSWAとの業務提携を開始していたWWF(現・WWE)に登場。8月30日のサマースラムでは、ヘブンリー・ボディーズの新パートナーであるジミー・デル・レイとのコンビでスタイナー・ブラザーズリック&スコット・スタイナー)のWWF世界タッグ王座に挑戦した。1994年5月には、デル・レイとのヘブンリー・ボディーズで全日本プロレスに来日している。

SMWが活動を停止してからはコルネットと共にWWFとフルタイム契約を結び、1996年にはスキップことクリス・キャンディードと女性マネージャーのサニーザ・ボディードナーズThe Bodydonnas)に加入。スキップのタッグパートナーとしてジップZip)を名乗り、3月31日のレッスルマニア12で行われた王座決定戦でヘンリー&フィニアスのザ・ゴッドウィンズを下しWWF世界タッグ王者となった[7]

ボディドナーズ解散後はWWFのスタッフ(タレント・スカウト、ロード・エージェント、トレーナー)となって活動。トレーナーとしてはカート・アングルをはじめ数々のスター選手を指導している[8]。リングで試合をすることになったビンス・マクマホンシェイン・マクマホンのトレーニング相手も務め、番組内のスキットにも登場した。また、ダイジェスト番組のカラー・コメンテーターやWWE.comでの自身のコラム執筆なども手掛け[9]、多才ぶりを発揮。WWE.comでは、トーク・コーナー "Byte This" のホストも担当していた[10]

2004年にWWEを解雇されてからは各地のインディー団体でトレーナーを務める一方、選手として試合にも出場。2005年5月13日にはリック・スタイナーを破り、インディー版のタイトルとして復活したNWAアラバマ・ヘビー級王座を獲得した[5]

2007年、ファーム団体の選手を指導するデベロップメント・トレーナーとしてWWEと再契約。スティーブ・カーンが主宰するFCWのヘッド・トレーナーを2012年まで務めた[11]。また、WWEでの活動と並行してインディー団体のレスリング・スクールでもセミナーを開講し、後進の指導・育成に尽力している[12]

獲得タイトル[編集]

  • NWAアメリカス・タッグ王座:4回(w / アル・マドリル×2、アポロ・ジャリスコ、クリス・アダムス
  • NWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座:3回(w / ブレット・ソイヤー)
  • NWA USジュニアヘビー級王座(サウスイースト版):5回
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:2回
  • CWFヘビー級王座:2回
  • USWA南部ヘビー級王座:6回
  • USWAテキサス・ヘビー級王座:2回
  • USWA世界タッグ王座:1回(w / ジミー・デル・レイ
  • SMWタッグ王座:8回(w / スタン・レーン×5、ジミー・デル・レイ×3)
  • WWF世界タッグ王座:1回(w / スキップ

 etc.

指導選手[編集]

 etc.

脚注[編集]

  1. ^ OWW Profiles: Bruce Prichard”. Online World of Wrestling. 2010年2月8日閲覧。
  2. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P54(2002年、日本スポーツ出版社
  3. ^ NWA Americas Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  4. ^ NWA United States Junior Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  5. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  6. ^ SMW Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月20日閲覧。
  7. ^ History of the WWF World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年11月11日閲覧。
  8. ^ OWW Profiles: Kurt Angle”. Online World of Wrestling. 2010年2月8日閲覧。
  9. ^ The Debut of Tom Prichard's Doctor's Note”. World Wrestling Insanity: October 12, 2005. 2010年2月8日閲覧。
  10. ^ Tuesdays with Tom”. Club WWI. 2010年2月8日閲覧。
  11. ^ Florida Championship Wrestling: The Next Step Forward”. Vertical Sports: August 27, 2008. 2010年2月8日閲覧。
  12. ^ WWE Tom Prichard Clinic”. IWF.com. 2011年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]