ブライアン・ブレアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ブレアー
プロフィール
リングネーム ブライアン・ブレアー
B・ブライアン・ブレアー
キラー・ビー
本名 ブライアン・レズリー・ブレアー
(Brian Leslie Blair)
身長 183cm - 185cm
体重 101kg - 107kg
誕生日 1954年1月12日(60歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州ゲーリー
スポーツ歴 アメリカンフットボール
レスリング
トレーナー ヒロ・マツダ
デビュー 1977年
テンプレートを表示

ブライアン・ブレアーB. Brian Blair1954年1月12日[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーインディアナ州ゲーリー出身。

1980年代を全盛期に、一貫してベビーフェイスのポジションで活動した。WWFにおけるジム・ブランゼルとのタッグチームキラー・ビーズThe Killer Bees)での活躍でも知られる[2]

来歴[編集]

ルイビル大学卒業後、ヒロ・マツダのトレーニングを受け、エディ・グラハムが運営するNWAフロリダ地区にて1977年にデビュー[1]。以降、ボブ・ガイゲルの主宰するカンザスシティNWAセントラル・ステーツ地区や、レロイ・マクガークが管理していたオクラホマのNWAトライステート地区などを転戦。1980年にはレロイ・マクガークの娘のミッシェル・マクガーク(1980年代末から1990年代初頭にかけて、WWF初の女性リングアナウンサーを務めていたマイク・マクガーク)と結婚したが、後に離婚している[3]

1981年フリッツ・フォン・エリックの牛耳るテキサス州ダラスのWCCWに参戦し、キラー・ブルックススタン・ステイジャックらベテランのヒール勢と対戦。6月にはアル・マドリルとのコンビでトーナメンに優勝し、NWAアメリカン・タッグ王座を獲得した[4]1982年はフロリダに戻り、7月11日にジム・ガービンからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取したが、8月23日にブルーザー・ブロディに敗れタイトルを失っている[5]

1983年ビンス・マクマホン・シニア時代のWWFに出場し、WWFとの提携ルートにより同年7月に新日本プロレスに初来日。同時参加していた兄弟子のポール・オーンドーフともタッグを組み、藤波辰巳前田日明と対戦した。新日本には同年10月と翌1984年10月にも再来日している。以後、1985年上期までは古巣のフロリダを主戦場に活動、1月6日にジェシー・バーを破りフロリダ・ヘビー級王座を再び獲得し[5]、4月10日にはリック・ルードから南部ヘビー級王座を奪取した[6]

1985年下期、ビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下で全米侵攻を推進させていたWWFと再契約。同じくヒロ・マツダの弟子であるハルク・ホーガンの提案により[7]ジム・ブランゼルタッグチームを結成する。両者ともにファミリーネームの頭文字が "B" であり、機動力を活かした空中戦を得意としていたことから、蜂(ビー)をイメージしたキャラクターとしてキラー・ビーズのチーム名が与えられた。黒と黄色の縞模様のショートタイツを履き、対戦相手を混乱させるため状況に応じて覆面レスラーに変身するなどの演出で子供たちの支持を獲得。WWF世界タッグ王座への戴冠は果たせなかったものの、ハート・ファウンデーションブレット・ハートジム・ナイドハート)、ドリーム・チーム(ブルータス・ビーフケーキグレッグ・バレンタインディノ・ブラボー)、ザ・ファンクステリー・ファンクホス・ファンクジミー・ジャック・ファンク)などヒールのユニットと抗争を展開した[8][9]

1988年8月にWWFを離脱し、以降は各地のインディー団体を転戦。1992年3月にはキラー・ビーのリングネームで新日本プロレスに久々に登場した。1994年にはカリフォルニア州マリナ・デル・レイのUWFでブランゼルとキラー・ビーズを再結成。 1998年にはホームタウンのフロリダにて、インディー版として復活したNWAフロリダ・タッグ王座をスティーブ・カーンとのコンビで獲得[10]2000年にもブッチ・ミラールーク・ウィリアムスザ・ブッシュワッカーズを相手に同王座を争った。2001年10月7日にはスティーブ・カーン、ドリー・ファンク・ジュニアボブ・バックランドと共に、藤波辰爾の自主興行『無我』の後楽園ホール大会に来日、12日と13日の新日本プロレスの興行にも残留参戦した。

引退後は2004年11月にタンパのカウンティ・コミッショナーに選出されるなど、近年はフロリダの郡会議員となって活動している[1]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWA
その他

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Wrestler Profiles: Brian Blair”. Online World of Wrestling. 2011年3月9日閲覧。
  2. ^ Tag Team Profiles: The Killer Bees”. Online World of Wrestling. 2011年3月9日閲覧。
  3. ^ Miscellaneous Profiles: Michelle McGuirk”. Online World of Wrestling. 2011年3月9日閲覧。
  4. ^ a b NWA American Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月9日閲覧。
  5. ^ a b c NWA Florida Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月9日閲覧。
  6. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月9日閲覧。
  7. ^ B. Brian Blair Chat”. SLAM! Wrestling: May 4, 2001. 2011年3月9日閲覧。
  8. ^ WWE Yearly Results 1986”. The History of WWE. 2011年3月9日閲覧。
  9. ^ WWE Yearly Results 1987”. The History of WWE. 2011年3月9日閲覧。
  10. ^ a b NWA Florida Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月9日閲覧。

外部リンク[編集]