ディノ・ブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディノ・ブラボー
プロフィール
リングネーム ディノ・ブラボー
本名 アドルフォ・ブレシアーノ
ニックネーム カナディアン・ストロンゲスト・マン
身長 185cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1949年8月6日
死亡日 1993年3月11日(満43歳没)
出身地 イタリアの旗 イタリア
モリーゼ州カンポバッソ
トレーナー ジノ・ブリット
デビュー 1970年
引退 1992年
テンプレートを表示

ディノ・ブラボーDino Bravo、本名:Adolfo Bresciano1949年8月6日 - 1993年3月11日)は、イタリアモリーゼ州カンポバッソ出身のプロレスラー

カナダWWF(現・WWE)を主戦場に、パワーファイターとして活躍した。生年は1948年ともされる[1]

来歴[編集]

幼少時に家族と共にカナダ・ケベック州モントリオールに移住。学生時代にレスリングボディビルで体を鍛え、1970年ジノ・ブリットのコーチを受けてプロレスラーとしてデビュー。モントリオールを中心に正統派のパワーファイターとしてキャリアを積み、アメリカ本土では1974年よりロサンゼルスNWAハリウッド・レスリングで活動した。

1976年より、ジム・クロケット・ジュニアの運営するノースカロライナNWAミッドアトランティック地区に参戦、ミスター・レスリングことティム・ウッズとタッグを組み、5月5日にジン・アンダーソン&オレイ・アンダーソンミネソタ・レッキング・クルーから同地区認定のNWA世界タッグ王座を奪取した[2]。ウッズとのコンビでは、同年11月3日のトーナメント決勝でミシェル・デュボア&レネ・グレイを下しミッドアトランティック・タッグ王座にも戴冠している[3]。シングルではブラックジャック・マリガンマスクド・スーパースターと抗争を展開した。

並行してニューヨークWWWFにも進出し、ドミニク・デヌーチとイタリア人同士のタッグチームを結成。1978年3月14日にプロフェッサー・タナカ&ミスター・フジからWWWF世界タッグ王座を奪取している[4][5]。同年12月17日にはカナダのトロントジン・キニスキーを破りNWAカナディアン・ヘビー級王座の初代チャンピオンとなり[6]、カナダの伝説的レスラー、ホイッパー・ビリー・ワトソンよりベルトを授与された。1980年からはAWAをサーキットし、ニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座にも挑戦している[7]

1981年10月、新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に初来日。開幕戦における長州力と組んでのスタン・ハンセン&ハルク・ホーガンとのタッグマッチ、そして最終戦でのアブドーラ・ザ・ブッチャーとのシングルマッチでは、共に相手がヒールの外国人選手だったこともあって、ベビーフェイスとしての持ち味をフルに発揮した好ファイトを展開。ホーガンやブッチャーの巨体を抱え上げアトミック・ドロップを放つなどの怪力ぶりも喝采を浴び、将来の外国人エース候補と期待された。しかし、再来日となる翌1982年11月の『第3回MSGタッグ・リーグ戦』ではヒールのアドリアン・アドニスと組まされたため、本領を発揮することができなかった。1983年5月には北米代表としてIWGPリーグ戦第1回大会に来日したが、家族の不幸のため試合を行うことなく緊急帰国している。

その間、本国ではモントリオール地区の "Lutte Internationale" (インターナショナル・レスリング)を主戦場に、プロモーター兼任のエース選手として活動[8]。フラッグシップ・タイトルのカナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座をビル・ロビンソンリック・マーテルアレックス・スミルノフセーラー・ホワイトキング・トンガらと争い、1985年まで計6回に渡って同王座を獲得した[9]。1985年にはモントリオール地区への進出を図っていたWWFより、WWFカナディアン・チャンピオンに認定される。1986年、WWFのプロモートによりモントリオールでのハルク・ホーガンとのシングルマッチが予定されていたが、同地におけるブラボーの人気にホーガンがヒール扱いされてしまうことを危惧したWWF側の判断で、直前にマッチメイクが変更されるという事態も起こった[8]

1987年、WWFと再契約。ブルータス・ビーフケーキと仲間割れしたグレッグ・バレンタインの新パートナーとなり、イタリア人でありながら髪をブロンドに染め、フレンチ・カナディアンとしてのアイデンティティを強調したヒールに変身する。1988年にはカナディアン・ストロンゲスト・マンを名乗り、フレンチ・マーチンマネージャージム・ドゥガンとアメリカ対カナダの抗争を開始。1989年からはジミー・ハートを新マネージャーに迎え、アースクエイクとのカナディアン・コンビでハルク・ホーガンやアルティメット・ウォリアービッグ・ボスマンタグボートらと抗争した。

1992年にWWFを離れて引退。その後は若手レスラーの指導にも携わっていたが、1993年3月11日、違法タバコの密輸に絡むトラブルのため、モントリオールの自宅で犯罪組織に射殺された[8]。43歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

Lutte Internationale
  • カナディアン・インターナショナル・ヘビー級王座:6回
  • カナディアン・インターナショナル・タッグ王座:1回(w / トニー・パリシ
NWAハリウッド・レスリング
ジム・クロケット・プロモーションズ
メープル・リーフ・レスリング
  • NWAカナディアン・ヘビー級王座:2回
WWWF / WWF

脚注[編集]

  1. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P55(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ NWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月25日閲覧。
  3. ^ NWA Mid-Atlantic Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  4. ^ History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  6. ^ NWA Canadian Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  7. ^ Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1980”. Wrestling-Titles.com. 2011年3月5日閲覧。
  8. ^ a b c Biography of Bresciano”. Canadian Pro Wrestling Page of Fame. 2009年5月19日閲覧。
  9. ^ International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]