シエン・カラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シエン・カラス
プロフィール
リングネーム シエン・カラス
ミル・カラス
サンソン
本名 カルメロ・レジェス・ゴンサレス
ニックネーム 百の顔を持つ男
身長 182cm - 188cm
体重 102kg - 104kg
誕生日 1949年10月18日(65歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ハリスコ州ラゴス・デ・モレノ
トレーナー ディアブロ・ベラスコ
パンテーラ・ネグラ
デビュー 1974年
テンプレートを表示

シエン・カラスCien Caras、本名:Carmelo Reyes González1949年10月18日 - )は、メキシコの元プロレスラーハリスコ州ラゴス・デ・モレノ出身。

弟のマスカラ・アニョ・ドスミルウニベルソ・ドスミルもプロレスラー。シエン・カラス・ジュニアエル・イホ・デル・シエン・カラスとは血縁関係はない。

来歴[編集]

ディアブロ・ベラスコパンテーラ・ネグラのコーチのもと、1974年アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスにて、サンソンSansón)のリングネームでデビュー。その後ミル・マスカラスを模したミル・カラスMil Caras)なるマスクマンを経て、「百の顔」を意味するシエン・カラスCien Caras)に改名。

1976年10月には新日本プロレスに来日、イワン・コロフパット・パターソンラリー・ヘニングらと共に『闘魂シリーズ第2弾』に参戦した。アメリカでの活動も続け、1977年1月21日にビクター・リベラとのコンビでロディ・パイパー&ザ・ハングマンを破り、ロサンゼルス地区のNWAアメリカス・タッグ王座を獲得[1]フリッツ・フォン・エリックの主宰するテキサス州ダラス地区にも遠征し、同年にホセ・ロザリオと組んでレス・ソントン&トニー・チャールズの英国人コンビからNWAテキサス・タッグ王座を奪取している[2]。本国メキシコでもNWA系のEMLLを主戦場に、1980年7月26日にプエブラトニー・ベネットを下してナショナル・ヘビー級王座を獲得した。

長らくテクニコであったが、1984年よりルードに転向。1987年6月24日、メヒコ州ネツァワルコヨトルMS1を破りNWA世界ライトヘビー級王座を獲得。1990年9月21日、アレナ・メヒコでのコントラ・マッチラヨ・デ・ハリスコ・ジュニアに破れ素顔になる。

1990年代に入るとCMLLにてコナン・エル・バルバロと抗争を展開し、1991年8月18日にモンテレイでコナンからCMLL世界ヘビー級王座を奪取。同年8月1日には、弟のマスカラ・アニョ・ドスミルウニベルソ・ドスミルと組んでオクタゴンアトランティスマスカラ・サグラダ組を破りナショナル・トリオ王座を獲得した。

1992年5月にアントニオ・ペーニャAAAの旗揚げに参加。ここでもコナン・エル・バルバロと抗争を繰り広げる。1996年3月8日、ネツァワルコヨトルにてヘビー・メタルラテン・ラバーをパートナーにAAAアメリカス・トリオス王座決定トーナメントに出場、ロス・ビジャノス(ビジャノ3号ビジャノ4号ビジャノ5号)と決勝を争うも敗退した。

1997年に再びCMLLに復帰し、マスカラ・アニョ・ドスミル&ウニベルソ・ドスミルとの兄弟トリオ "Los Hermanos DinamitaThe Dynamite Brothers)" で活動。2005年2月、マスカラ・アニョ・ドスミルと組んでペロ・アグアヨ&ペロ・アグアヨ・ジュニアカベジェラ・コントラ・カベジェラで対戦するも敗退、これが引退試合とされていたものの、その後もCMLLやインディ団体への出場を続けた。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b NWA Americas Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月27日閲覧。
  2. ^ a b NWA Texas Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2011年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]