ドミニク・デヌーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミニク・デヌーチ
プロフィール
リングネーム ドミニク・デヌーチ
ドン・デヌーチ
ドン・デヌッツィ
ドミニク・ブラボー
本名 ドミニク・デヌーチ
ニックネーム イタリアの虎鮫
身長 188cm
体重 120kg - 130kg
誕生日 1936年1月23日(78歳)
出身地 イタリアの旗 イタリア
ヴェネト州ヴェネツィア
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ユーボン・ロバート
トニー・ランザ
テンプレートを表示

ドミニク・デヌーチDominic DeNucci1936年[1]1月23日[2] - )は、イタリアヴェネト州ヴェネツィア出身の元プロレスラー

ベビーフェイスのパワーファイターとして、イタリア系移民の多いニューヨークWWWF圏を中心に活躍した。日本では、ドン・デヌーチまたはドン・デヌッツィDon DeNucci)のリングネームで知られる。

来歴[編集]

1955年イタリアからカナダモントリオールに移住し、同地区のスター選手だったトニー・ランザのトレーニングを受けてデビュー。1960年代初頭はドミニク・ブラボーと名乗り、初代ディノ・ブラボーとの "The Bravo Brothers" で活動した[3]

その後、リングネームを本名のドミニク・デヌーチに戻してシングルプレイヤーとなり、アメリカ合衆国NWA圏に進出。1964年1月25日にはサンフランシスコにてレイ・スティーブンスからUSヘビー級王座を奪取した[4]。同年下期からはオーストラリアジム・バーネットが主宰していたワールド・チャンピオンシップ・レスリング)にも遠征、11月7日にキラー・コワルスキーを破り、豪州版のIWA世界ヘビー級王座を獲得している[5]

カナダでの活動も続け、1966年12月26日にはバンクーバーにてドン・レオ・ジョナサンと組み、ダッチ・サベージ&ドン・ジャーディンからNWA世界タッグ王座を奪取[6]。翌1967年からはWWWFに登場、バロン・シクルナブル・ラモスケンタッキー・ブッチャールーク・グラハムプロフェッサー・タナカブルドッグ・ブラワールー・アルバーノなどのヒール勢と対戦した[3]

以降、1960年代後半から1970年代初頭にかけてはオーストラリアとWWWFを股にかけて活躍。オーストラリアではマーク・ルーインらをパートナーに、ラリー・ヘニング&ハーリー・レイススカル・マーフィー&キラー・カール・コックス、キラー・コワルスキー&ビル・ミラーなどの強力チームを破り、IWA世界タッグ王座を再三獲得[7]1970年1月7日にはキング・イヤウケアに勝利し、IWA世界ヘビー級王座への通算4回目の戴冠を果たした[5]。WWWFでは1971年6月18日、同郷の大スターであるブルーノ・サンマルチノとのコンビでザ・モンゴルズジート&ベポ)からインターナショナル・タッグ王座を奪取している[8]

1971年下期からはNWFに参戦し、12月8日にワルドー・フォン・エリックを下してNWF世界ヘビー級王座を獲得[9]。NWFではオーストラリアでもタッグを組んでいたトニー・パリシ(アントニオ・プリエーゼ)とイタリア人コンビを結成、NWF離脱後もパリシとのタッグチームで活動し、フロリダでは1974年12月28日、トール・タナカ&ディック・スレーターからNWAフロリダ・タッグ王座を奪取した[10]

1975年よりWWWFに復帰し、5月13日にビクター・リベラとのコンビでジミージョニーバリアント・ブラザーズからWWWF世界タッグ王座を奪取[11][12]。リベラのWWWF離脱後はアイリッシュ・パット・バレットを新パートナーに防衛戦を行ったが、同年8月26日、ザ・ブラックジャックスブラックジャック・マリガン&ブラックジャック・ランザ)にタイトルを奪われた。

王座陥落後もWWWFを主戦場に、1977年6月10日にはペンシルベニア州ピッツバーグにてスーパースター・ビリー・グラハムWWWF世界ヘビー級王座に挑戦した[13]1978年ディック・ザ・ブルーザーが主宰していたインディアナポリスのWWAにも出場し、3月4日にウイルバー・スナイダーと組んでバリアント・ブラザーズからWWA世界タッグ王座を奪取[14]。10日後の3月14日には2代目のディノ・ブラボーをパートナーに、トール・タナカ&ミスター・フジを破ってWWWF世界タッグ王座に再び戴冠[11][12]、WWAとWWWFの両世界タッグ王座の2冠王となった。

1980年代初頭もWWFへの出場を続け、ケン・パテラボビー・ダンカンスタン・ハンセンハルク・ホーガンサージェント・スローターザ・ハングマンアンジェロ・モスカキラー・カーンジェシー・ベンチュラアドリアン・アドニスらヒール勢のジョバーを担当。1983年にWWFを離れてからは、ビンス・マクマホン・ジュニアの全米侵攻の対抗組織としてAWAバーン・ガニアNWAジム・クロケット・ジュニアらが結成した "Pro Wrestling USA" のニューヨーク近郊での興行に単発出場していた[15]

現役引退後はニューヨーク・タイムズの運転手となって働く一方、ピッツバーグのレスリング・スクールにて後進の指導・育成に携わり、ミック・フォーリーシェーン・ダグラスを指導した。近年も東部地区のインディー団体やリユニオン・イベントに出場しており、2005年8月27日の "WrestleReunion 2" ではイワン・コロフ2007年3月24日の "IWC Night of Legends 3" ではラリー・ズビスコなど、往年のライバルとの対戦も実現している[15]2012年4月14日にはトロントのPWSにて弟子のシェーン・ダグラスとタッグを組んだ[15]

日本には1968年4月、ドン・デヌーチのリングネームで日本プロレスに初来日、『第10回ワールドリーグ戦』に「イタリア代表」として出場した。3度目の来日となる1972年10月には、全日本プロレスの旗揚げシリーズに盟友ブルーノ・サンマルチノと共に参戦している。以降もサンマルチノの縁故で1981年10月まで通算5回全日本プロレスに来日したが、日本では真価を発揮することはできなかった。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWA
WCW(オーストラリア)
WWWF
NWF
  • NWF世界ヘビー級王座:1回[9]
  • NWF北米ヘビー級王座:1回
  • NWF世界タッグ王座:1回(w / トニー・パリシ)
WWA(インディアナポリス)
スタンピード・レスリング
Lutte Internationale

脚注[編集]

  1. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P51(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ Dominic DeNucci”. Cagematch. 2011年7月1日閲覧。
  3. ^ a b Matches of Dominic DeNucci: 1960-1969”. Cagematch. 2011年7月1日閲覧。
  4. ^ a b NWA United States Heavyweight Title [San Francisco]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  5. ^ a b c IWA World Heavyweight Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  6. ^ a b NWA World Tag Team Title [Vancouver]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  7. ^ a b IWA World Tag Team Title [Australia]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  8. ^ a b WWWF International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  9. ^ a b NWF World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  10. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  11. ^ a b c History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2011年7月1日閲覧。
  12. ^ a b c WWWF-WWF-WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1977”. The History of WWE. 2011年7月1日閲覧。
  14. ^ a b WWA World Tag Team Title [Indianapolis]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  15. ^ a b c Matches of Dominic DeNucci: 1981-2012”. Cagematch. 2013年11月2日閲覧。
  16. ^ NWA World Tag Team Title [Detroit]”. Wrestling-Titles.com. 2011年7月1日閲覧。
  17. ^ International Tag Team Title [Stampede Wrestling]”. Wrestling-titles.com. 2014年8月16日閲覧。
  18. ^ International Tag Team Title [International Wrestling]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]