ヘネピン郡 (ミネソタ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミネソタ州ヘネピン郡
Hennepin County Govt Center.JPG
ヘネピン郡政府センター郡庁所在地ミネアポリスにある。郡のロゴに合わせ"H"文字の形にしてある。
ヘネピン郡の位置を示したミネソタ州の地図
郡のミネソタ州内の位置
ミネソタ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1852年3月6日
郡名の由来 ルイ・エヌパン、フランシスコ会伝道師、探検家、著作者
郡庁所在地 ミネアポリス
最大の都市 ミネアポリス
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,571 km2 (606.38 mi2)
1,442 km2 (556.62 mi2)
129 km2 (49.77 mi2), 8.21%
推計人口
 - (2012年年)
 - 密度

1,184,576人
774人/km2 (2,048人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.hennepin.us

ヘネピン郡: Hennepin County)はアメリカ合衆国ミネソタ州である。郡庁所在地ミネアポリス市であり、ミネアポリス・セントポール都市圏の西部に位置し、州内最大の人口集中地である。ミネソタ州民の5人に1人以上がこの地域に住んでいる。州の人口重心も郡内ロジャーズ市にある[1]。郡名は17世紀の神父でこの地方を探検したルイ・エヌパン(ヘネピン)にちなむ。2010年国勢調査での人口は1,152,425人だった[2]

歴史[編集]

ヘネピン郡は1852年にミネソタ準州議会が設立した[3] 。ルイ・エヌパン神父はセントアンソニー滝の名前をつけ、地域に関する最初期の記録を残した人物だったので、郡の名前に選ばれた。ヘネピン郡の初期歴史はミネアポリス市とセントアンソニー市の設立に密接に関わっている.[4]

郡政府と政治[編集]

大統領選挙の結果 1960年-2012年[5]
民主党 共和党
2012年 62.34% 423,982 35.30% 240,073
2008年 63.42% 420,958 34.81% 231,054
2004年 59.33% 383,841 39.43% 255,133
2000年 53.60% 307,599 39.32% 225,657
1996年 54.4% 285,126 33.2% 173,887
1992年 47.5% 278,648 30.6% 179,581
1988年 54.4% 292,909 44.6% 240,209
1984年 51.5% 272,401 48.0% 253,921
1980年 47.4% 239,592 38.6% 194,898
1976年 53.2% 257,380 43.8% 211,892
1972年 46.5% 205,943 51.6% 228,951
1968年 54.1% 220,078 41.8% 170,002
1964年 60.8% 241,020 39.0% 154,736
1960年 48.5% 188,250 51.3% 198,992

ミネソタ州の全ての郡と同様に、ヘネピン郡は無党派選挙で選出される「郡政委員会」によって統治されている。通常は委員数5人だが、ヘネピン郡の場合は7人である(他にラムゼー郡ダコタ郡アノーカ郡セントルイス郡が該当)。各委員は人口をほぼ等しく分けた選挙区の代表である。ヘネピン郡では、監察医、郡監査官、財務官、記録官を指名する。保安官と郡検察官も無党派選挙で選出される。郡庁はミネアポリス中心街の'ヘネピン郡政府センターにある。郡はヘネピン郡図書館体系(2008年にミネアポリス公共図書館体系と合併)およびヘネピン郡医療センターを管理している。

重要な役人[編集]

ヘネピン郡の通常の運営は、郡管理官デイビッド・ハフ、郡運営管理官補ジュディ・リーゲンシャイド、郡人事と公共医療管理官補レックス・A・ホルゼマー、郡医療管理官補ジェニファー・デキューベリス、および郡公共事業管理官補デブラ・R・ブリスクが調整している。

地理と固有植生[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、市域全面積は606.38平方マイル (1,570.5 km2)であり、このうち陸地556.62平方マイル (1,441.6 km2)、水域は49.77平方マイル (128.9 km2)で水域率は8.21%である[6]。ヘネピン郡は、サバンナの土地がプレーリーや森林地よりも多いことで、ミネソタ州16郡の1つであり、ライト郡と並んで、その大地の75%以上がサバンナである。固有植生については、自然資源保全局のデータがある。ミシシッピ川では最高落差の滝であるセントアンソニー滝はルイ・エヌパン神父が発見したものであり、ミネアポリス中心街に隣接してあるが、19世紀に一連のダムに形を変えられた。ダムの上下を繋ぐためにある閘門を使ってバージなどが移動している。

主要高規格道路[編集]

  • I-35W.svg 州間高速道路35号線西
  • I-94.svg 州間高速道路94号線
  • I-394.svg 州間高速道路394号線
  • I-494.svg 州間高速道路494号線
  • I-694.svg 州間高速道路694号線
  • US 12.svg アメリカ国道12号線
  • US 52.svg アメリカ国道52号線(州間高速道路94号線の下を走る)
  • US 169 (MN).svg アメリカ国道169号線
  • US 212 (MN).svg アメリカ国道212号線
  • MN-5.svg ミネソタ州道5号線
  • MN-7.svg ミネソタ州道7号線
  • MN-47.svg ミネソタ州道47号線
  • MN-55.svg ミネソタ州道55号線
  • MN-62.svg ミネソタ州道62号線
  • MN-65.svg ミネソタ州道65号線
  • MN-77.svg ミネソタ州道77号線
  • MN-100.svg ミネソタ州道100号線
  • MN-101.svg ミネソタ州道101号線
  • MN-121.svg ミネソタ州道121号線
  • MN-252.svg ミネソタ州道252号線
  • MN-610.svg ミネソタ州道610号線
  • Hennepin County 81.svg ヘネピン郡道81号線
  • Hennepin County 122.svg ヘネピン郡道122号線

隣接する郡[編集]

国立保護地域[編集]

  • ミネソタ・バレー国立野生生物保護区(部分)
  • ミシシッピ川国立河川レクリエーション地域(部分)

経済[編集]

ヘネピン郡にはミネアポリス中心街とブルーミントンに大きな経済中心がある。

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1860 12,849
1870 31,566 145.7%
1880 67,013 112.3%
1890 185,294 176.5%
1900 228,340 23.2%
1910 333,480 46.0%
1920 415,419 24.6%
1930 517,785 24.6%
1940 568,899 9.9%
1950 676,579 18.9%
1960 842,854 24.6%
1970 960,080 13.9%
1980 941,411 −1.9%
1990 1,032,431 9.7%
2000 1,116,200 8.1%
2010 1,152,425 3.2%
2012(推計) 1,184,576 2.8%
U.S. Decennial Census[7]
2012 Estimate[2]
人口ピラミッド、2000年データ
ヘネピン郡政府センターとは通り向かいにあるヘネピン郡公衆安全施設、郡監獄を収める

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 1,116,200 人
  • 世帯数: 456,129 世帯
  • 家族数: 267,291 家族
  • 人口密度: 774人/km2(2,005人/mi2
  • 住居数: 468,824 軒
  • 住居密度: 325軒/km2(842軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • ドイツ系:22.8%
  • ノルウェー系:12.0%
  • アイルランド系:7.6%
  • スウェーデン系:7.2%

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.0%
  • 18-24歳: 9.7%
  • 25-44歳: 33.7%
  • 45-64歳: 21.7%
  • 65歳以上: 11.0%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 97.0
    • 18歳以上: 94.7

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 28.8%
  • 結婚・同居している夫婦: 45.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 9.9%
  • 非家族世帯: 41.4%
  • 単身世帯: 31.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.4%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.39人
    • 家族: 3.07人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 51,711米ドル(2007年推計では60,115ドル)
    • 家族: 65,985米ドル(2007年推計では79,970ドル)
    • 性別
      • 男性: 42,466米ドル
      • 女性: 32,400米ドル
  • 人口1人あたり収入: 28,789米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 8.3%
    • 対家族数: 5.0%
    • 18歳未満: 10.5%
    • 65歳以上: 5.9%

ヘネピン郡はミネソタ州で最も裕福な郡であり、国内でも100傑に入っている。

郡内で話される外国語としては、アラビア語、モン語、クメール語、ラオ語、ロシア語、ソマリ語、スペイン語、ベトナム語がある[8]

都市と町[編集]

都市 郡区 未編入の町
  • ハッサン郡区(現在はロジャーズの一部)
  • フォートスネリング

† 大半はヘネピン郡に入っているが、他郡にも領域が掛かっているもの
‡ 他郡にあるが、一部がヘネピン郡に入っているもの

高等教育機関[編集]

  • アウグスバーグ・カレッジ、ミネアポリス市
  • ダンウッディ工科カレッジ、ミネアポリス市中心街
  • ヘネピン工科カレッジ、ブルックリンパークとイーデンプレーリー
  • メトロポリタン州立大学、ミネアポリス市中心街
  • ミネアポリス芸術デザインカレッジ、ミネアポリス市
  • ミネアポリス・コミュニティ工科カレッジ、ミネアポリス市中心街
  • ミネソタ州立大学マンケイトー校、イーダイナ市
  • ノーマンデール・コミュニティカレッジ、ブルーミントン
  • ノースセントラル大学、ミネアポリス市中心街
  • ノースヘネピン・コミュニティカレッジ、ブルックリンパーク
  • ノースウェスタン健康科学大学、ブルーミントン
  • セントメアリーズ・ミネソタ大学、ツインシティーズ・キャンパス、サウスミネアポリス
  • ミネソタ大学、ツインシティーズ・キャンパス、ミネアポリス市
  • セントトマス大学、ミネアポリス・キャンパス、ミネアポリス市中心街

スポーツ[編集]

2006年8月、郡政委員会は4対3の票決で、ミネソタ・ツインズのための野球場費用大半を郡費で賄うために0.15%の消費税を課することを決めた。州議会では2005年から2006年の会期末に通過し、州知事ティム・ポーレンティが署名した法により、住民投票無しでヘネピン郡におけるこの課税を承認した。また、郡のために球場を建設し管理するミネソタ野球場公社も設立した。税金は30年間有効であり、郡政委員会によって増税できる規定もある。その結果としてターゲット・フィールドが2010年4月にオープンした。

文化 =[編集]

ヘネピン歴史博物館は1957年に設立され、郡の歴史に関する展示を行っている。

記録[編集]

ヘネピン郡の記録は研究用に利用できる[9]。これには学校教育、地区と市の裁判記録、郡検察官記録、郡保安官記録、出生死亡記録、結婚記録、課税リスト、機関歴史記録が含まれている。

脚注[編集]

  1. ^ Population and Population Centers by State: 2000
  2. ^ a b State & County QuickFacts”. United States Census Bureau. 2013年9月1日閲覧。
  3. ^ http://www.house.leg.state.mn.us/hinfo/govseries/No32.htm
  4. ^ JoEllen Haugo and Mary Jo Laakso (2001年). “History of Minneapolis”. Minneapolis Public Library. 2007年9月7日閲覧。
  5. ^ Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections. Uselectionatlas.org. Retrieved on 2013-08-16.
  6. ^ Census 2010 Gazetteer Files”. 2013年7月2日閲覧。
  7. ^ U.S. Decennial Census”. Census.gov. 2013年9月1日閲覧。
  8. ^ "Welcome Languages." Hennepin County Public Library. Retrieved on July 8, 2010.
  9. ^ Records

10. ^Nelson, Steven (2011). Savanna Soils of Minnesota. pp. 49 - 52. ISBN 978-0-615-50320-2.

外部リンク[編集]

座標: 北緯45度00分 西経93度28分 / 北緯45.00度 西経93.47度 / 45.00; -93.47