マーク・ロレッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・ロレッタ
Mark Loretta
DSC04403 Mark Loretta.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタモニカ
生年月日 1971年8月14日(43歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1993年 ドラフト7巡目
初出場 1994年9月5日
最終出場 2009年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マーク・ロレッタMark David Loretta, 1971年8月14日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身のプロ野球選手。右投右打の内野手

略歴[編集]

1995年に、ミルウォーキー・ブルワーズで、メジャーデビュー。

2002年8月31日に、キース・ジンターおよびウェイン・フランクリンとのトレードで、金銭と共にヒューストン・アストロズに移籍。

同年10月28日に、FAとなる。同年12月16日に、サンディエゴ・パドレスへ移籍。

2003年から2005年は、パドレスでまずまずの成績を残す。

自己最高のシーズンは2004年で、1997年トニー・グウィン以来、パドレス史上2人目となる200安打以上、打率.335を記録しシルバースラッガー賞を受賞。

2005年は、5月に一塁ベースにヘッドスライディングを試みた際に、左手の親指を負傷。DL入りのために53試合も欠場し、長期離脱を余儀なくされた。終盤戦には、本来の2番からリードオフマンに抜擢されたものの、結局、パドレス移籍後最少となる105試合の出場に留まった。故障による欠場の影響もあり、2年連続打率3割以上&2桁本塁打をストップさせてしまうなど、打撃成績が自己ベストだった昨季から軒並み下がってしまった。ちなみに、この年、2002年のブルワーズ在籍時以来となる三塁守備に就いた(1試合、1イニング)。同年オフにFAとなり、1年325万ドルでボストン・レッドソックスへ移籍。

2006年は、昨シーズン途中にマーク・ベルホーンを放出して以来の正二塁手として活躍。主に2番打者を務め、4月こそ不調だったものの、その後は安定した打撃を披露。特にライバル球団のニューヨーク・ヤンキース戦では、81打数31安打と打ちまくった。また、8月には病気を患ったケビン・ユーキリスの代わりに、4年ぶりに一塁手としてもプレー。同年オフにFAとなり、再び古巣のアストロズに移籍。

2007年は控えの内野手としてプレーすることとなった。

2007年開幕の時点では、ロレッタは内野の控え選手としての位置づけであった。しかし、この年で引退するクレイグ・ビジオの衰え、中堅どころのモーガン・エンスバーグクリス・バークの不振、アダム・エバレットの骨折による長期離脱などにより、日替わりでポジションを代えて出場を続けることとなった。

2008年12月、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。

2009年シーズン終了後に引退を表明し、パドレスの特別補佐に就任した[1]

2012年第3回WBC予選のイスラエル代表のコーチに抜擢された。

獲得タイトル・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 MIL 19 56 50 13 13 3 0 1 19 3 1 1 1 0 4 0 1 7 1 .260 .327 .380 .707
1996 73 170 154 20 43 3 0 1 49 13 2 1 2 0 14 0 0 15 7 .279 .339 .318 .657
1997 132 482 418 56 120 17 5 5 162 47 5 5 5 10 47 2 2 60 15 .287 .354 .388 .742
1998 140 491 434 55 137 29 0 6 184 54 9 6 4 4 42 1 7 47 14 .316 .382 .424 .806
1999 153 664 587 93 170 34 5 5 229 67 4 1 9 6 52 1 10 59 14 .290 .354 .390 .744
2000 91 399 352 49 99 21 1 7 143 40 0 3 8 1 37 2 1 38 9 .281 .350 .406 .756
2001 102 429 384 40 111 14 2 2 135 29 1 2 7 3 28 0 7 46 6 .289 .346 .352 .698
2002 86 252 217 23 58 14 0 2 78 19 0 0 6 1 23 1 5 32 6 .267 .350 .359 .709
HOU 21 77 66 10 28 4 0 2 38 8 1 1 0 2 9 0 0 5 1 .424 .481 .576 1.057
'02計 107 329 283 33 86 18 0 4 116 27 1 1 6 3 32 1 5 37 7 .304 .381 .410 .791
2003 SD 154 653 589 74 185 28 4 13 260 72 5 4 3 4 54 2 3 62 17 .314 .372 .441 .813
2004 154 707 620 108 208 47 2 16 307 76 5 3 4 16 58 3 9 45 10 .335 .391 .495 .886
2005 105 463 404 54 113 16 1 3 140 38 8 4 2 4 45 4 8 34 11 .280 .360 .347 .707
2006 BOS 155 703 635 75 181 33 0 5 229 59 4 1 2 5 49 1 12 63 16 .285 .345 .361 .706
2007 HOU 133 511 460 52 132 23 2 4 171 41 1 2 3 1 44 0 3 41 15 .287 .352 .372 .724
2008 101 297 261 27 73 15 0 4 100 38 0 0 0 5 29 1 2 30 9 .280 .350 .383 .733
2009 LAD 107 204 181 19 42 8 0 0 50 25 1 1 0 2 20 2 1 21 6 .232 .309 .276 .585
通算:15年 1726 6558 5812 768 1713 309 22 76 2294 629 47 35 56 64 555 20 71 605 157 .295 .360 .395 .754
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Mark Loretta announces retirement after 15-year playing career” (英語). MLB.com. 2011年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]