エルビス・アンドラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルビス・アンドラス
Elvis Andrus
テキサス・レンジャーズ #1
ElvisAndrus.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ベネズエラの旗 アラグア州マラカイ
生年月日 1988年8月26日(26歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手遊撃手
プロ入り 2005年 アマチュア・フリーエージェントとしてアトランタ・ブレーブスと契約
初出場 2009年4月6日 クリーブランド・インディアンス
年俸 $5,050,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ベネズエラの旗 ベネズエラ
WBC 2013年

エルビス・アウグスト・アンドラス(Elvis Augusto Andrus, 1988年8月26日 - )は、ベネズエラ・ボリバル共和国アラグア州マラカイ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ所属。代理人はスコット・ボラス

快足を最大の武器とするスピードスターであり、「ウィリー・タベラスの遊撃手バージョン」「レンジャーズの機動力を担う存在」「将来の一番打者候補」と嘱望されている[2][3][4]

4歳年上の兄 Erold Andrus は、タンパベイ・レイズ傘下のマイナーリーグに所属する、左投両打の外野手。なお日本語表記では「アンドラス」という呼び方が定着しているが、NHKメジャーリーグ中継では「アンドルス」と表記されている。

経歴[編集]

ブレーブス傘下時代[編集]

2005年1月26日、16歳の時にアマチュアフリーエージェントアトランタ・ブレーブスと契約を結び、プロ入り。この年からマイナーリーグ(ルーキー級)でプレーを始め、52試合に出場の上、打率.293、出塁率.377の好成績を収め、ガルフ・コースト・ブレーブスチームMVPに輝いた[5]

2007年は、アドバンスドA級において126試合に出場して40個の盗塁を決め、7月8日にAT&Tパークで行われたフューチャーズ・ゲームでは「世界選抜チーム」の一員として代打に起用され、ショート・ゴロに倒れた。

レンジャーズ時代[編集]

2007年7月31日にマーク・テシェーラらとのトレードが成立し、テキサス・レンジャーズへ移籍。シーズン終了後のウィンターリーグではアリゾナ・フォール・リーグに派遣され、15試合に出場して好成績を挙げ、オール・プロスペクト・チームに選出された。

2008年2月3日、レンジャーズ・ファーム組織内のトップ・プロスペクトとベスト・ディフェンシブ・インフィルダー、ベスト・インフィールド・アームの3部門に選定される[5][6][7]

2008年はAA級で118試合に出場して打率.295、出塁率.350、54盗塁(リーグ2位、レンジャーズ組織内では最多盗塁)。7月13日にヤンキー・スタジアムで開催されたフューチャーズ・ゲームでは世界選抜チームの遊撃手として先発出場を果たし、1四球1盗塁1得点をマークした。12月8日、プロスペクト・リストの4位にランクされ、前年に引き続きベスト・ディフェンシブ・インフィルダーとベスト・インフィールド・アームに選定される[6][8]

2009年は、スプリング・トレーニングでチーム最多の30試合に出場して好成績を収め、4月6日の開幕戦に9番 ・ 遊撃で先発出場を果たした。そして、第1打席でクリフ・リーからキャリア初安打となる右翼線二塁打を放つなど、4打数1安打1得点の結果でデビュー戦を終えた。なお、アンドラスが正遊撃手に抜擢されたがゆえに、看板選手のマイケル・ヤングは三塁へとコンバートを余儀なくされた。ヤングは当初これに難色を示し、一時はトレード論も浮上したが、最終的には本人が三塁転向を受け入れチームに残留した。更に、レンジャーズはベネズエラ人遊撃手の先達であるオマー・ビスケルと契約を交わし、弱冠二十歳であるアンドラスの指南役に充てた[9][10]。1年目から145試合に出場し、守備防御点+15はジャック・ウィルソンに次いで全遊撃手で2位だった。新人王の投票ではアンドリュー・ベイリーに次ぐ2位に入った。

2010年オールスターに初選出された。四球が増加して出塁率は上がったものの、本塁打はレギュラーシーズン、ポストシーズン通して0本だった。この年はチームの好調維持のゲン担ぎも兼ねて、開幕してから一度も髪を切らずに伸ばし続け、終盤には完全なアフロヘアーになっていた[11]。シーズン終了後には元通りに頭を丸めた。

2011年は自己ベストの打率.279を記録し、2年ぶりの本塁打も放った。主に2番・遊撃としてチームのリーグ連覇に貢献した。失策25は全遊撃手で最多だったが、守備防御点は+7と平均を上回る数値を残した。

2012年2月8日にレンジャーズと総額1440万ドルの3年契約に合意した[12][13]。7月には2年ぶり2度目のオールスター選出を果たした。リーグ屈指の1,3番であるイアン・キンズラージョシュ・ハミルトンの間で繋ぎ役に徹し、2年ぶり2度目の最多犠打を記録した。

2013年4月4日にレンジャーズと総額1億2000万ドルの8年契約(2022年、2023年の球団オプション付き)に合意した[14][15]。この年は156試合に出場し、4本塁打67打点42打点、打率.271だった。

選手としての特徴[編集]

2010年3月

すさまじい運動能力を有するアスリートであり、潜在的ゴールド・グラバーと目される守備型遊撃手。マイナーリーグでは2006-2008年まで3年連続で30個以上の失策を犯しているものの、広大なレンジ(守備範囲)と強肩、そして守備センスを併せ持ち、「いずれゴールドグラブ賞受賞者となる可能性大」と見込まれている。ルイス・アパリシオからオマー・ビスケルに至るベネズエラ出身の名遊撃手の後継者と目されており、2010年のALCS後にはニューヨーク・ヤンキースジョー・ジラルディ監督から「若かりし頃のビスケルを彷彿とさせる」と評された。そのきらめく守備能力に加えて、走攻守全般おいてアンドラスの一番の武器となっているのが、高水準のスピードである。アンドラスは、ファーム・システムを含めたレンジャーズ組織内の最速走者の一人であり、平凡な内野ゴロ内野安打に昇華して出塁する能力を備えている。2000年以降のレンジャーズのチーム盗塁数はオークランド・アスレチックスボストン・レッドソックスに次いで少なく、内野安打数はメジャー・ワースト6位、バント・ヒット数は同4位と機動力が欠落しており、2008年終了時点において足を使える選手がイアン・キンズラーただ一人しか存在しない状況であった。自軍の本拠地であるレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンはMLB屈指の打者有利な球場として知られ、このようなケースではビッグ・ボールが有効ではあるが、敵地であるセーフコ・フィールドオークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアムなど投手有利な球場ではスモール・ボールの有用性が高く、「そのようなシチュエーションでこそ、彼の有り余るほどのスピードが最大限に発揮され、チームに活力をもたらすだろう」と球団首脳陣は期待を寄せている。一方、優れた守備・走塁に対してバッティングには明確な課題があり、スピードを有効活用するためにもスイングをコンパクトにし、よりセレクティブなアプローチに取り組むことが求められている。目標とする憧れの選手は、デレク・ジーターとオマー・ビスケルの両遊撃手[16][2][3][4][6][9][17]

マイナー4年間の通算成績は、打率.275 ・ 出塁率.343 ・ OPS.704 ・ 125盗塁(成功率71.4パーセント)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 TEX 145 541 480 72 128 17 8 6 179 40 33 6 12 3 40 0 6 77 4 .267 .329 .373 .702
2010 148 674 588 88 156 15 3 0 177 35 32 15 17 0 64 0 5 96 6 .265 .342 .301 .643
2011 150 665 587 96 164 27 3 5 212 60 37 12 16 1 56 0 5 74 17 .279 .347 .361 .708
2012 158 711 629 85 180 31 9 3 238 62 21 10 17 3 57 0 5 96 15 .286 .349 .378 .727
2013 156 698 620 91 168 17 4 4 205 67 42 8 16 6 52 1 4 97 19 .271 .328 .331 .659
通算:5年 757 3289 2904 432 796 107 27 18 1011 264 165 51 78 13 269 1 25 440 61 .274 .339 .348 .688
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 1 (2009年 - )

参考資料[編集]

  1. ^ Elvis Andrus Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ a b Ryan Glass (2009年1月12日). “Will Elvis Andrus Make a Fantasy Impact Next Year?” (英語). FanGraphs Fantasy Baseball. 2009年6月9日閲覧。
  3. ^ a b Shawn Shroyer (07/05/08). “Rangers stockpiling speed in Frisco” (英語). texasrangers.com. 2009年6月9日閲覧。
  4. ^ a b Elvis Andrus Top 50 Prospects Profile” (英語). MLB.com. 2009年6月9日閲覧。
  5. ^ a b Highlights: Awards/Honors:” (英語). minorleaguebaseball.com. 2009年6月9日閲覧。
  6. ^ a b c Elvis Andrus Stats, Bio, Photos, Highlights” (英語). texasrangers.com. 2009年6月9日閲覧。※「Bio >」をクリック。
  7. ^ Aaron Fitt (2008年2月3日). “Organization Top 10 Prospects: Texas Rangers:” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年6月9日閲覧。
  8. ^ Aaron Fitt (2008年12月8日). “Organization Top 10 Prospects: Texas Rangers:” (英語). BaseballAmerica.com. 2009年6月9日閲覧。
  9. ^ a b Lisa Winston (04/12/09). “Movin' On Up: A historic matchup” (英語). MLB.com. 2009年4月6日閲覧。
  10. ^ スラッガー編集部「topics & quotes」、『月刊スラッガー No.131 , 2009年3月号』、日本スポーツ企画出版社、 70頁。
  11. ^ Elvis Andrus is all hair and flair. ESPN Dallas
  12. ^ Rangers sign SS Elvis Andrus to three-year deal”. MLB.com Rangers Press Release (2012年2月8日). 2014年7月27日閲覧。
  13. ^ T.R. Sullivan (2012年2月8日). “Rangers, Andrus agree to three-year deal”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  14. ^ Rangers sign SS Elvis Andrus to eight-year contract extension through 2022 with vesting option for 2023”. MLB.com Rangers Press Release (2014年4月4日). 2014年7月27日閲覧。
  15. ^ T.R. Sullivan (2014年4月4日). “Andrus excited to commit to Rangers long term”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。
  16. ^ ESPINOZA ENIS(10/25/2010),Elvis se roba el show en tierra de gigantes,EL SOL DE MARGARITA(スペイン語),2010年10月26日閲覧
  17. ^ Elvis Andrus - Texas Rangers - Scouting Report” (英語). Sportsnet.ca. 2009年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]