ヴィンス・エドワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンス・エドワーズ
Vince Edwards
Vince Edwards
ドラマ『ベン・ケーシー』より
1963年8月22日放送回)
本名 Vincent Edward Zoino
別名 ヴィンセント・エドワーズ
生年月日 1928年7月9日
没年月日 1996年3月11日(満67歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
民族 イタリア系アメリカ人[1]
身長 188 cm
職業 俳優演出家歌手
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1951年 - 1995年
配偶者 キャシー・カーシュ(1965年)
リンダ・フォスター(1967年 - 1972年)
カサンドラ・エドワーズ(1980年 - ?)
ジャネット・フリードマン(1994年 - 1996年)
主な作品
ベン・ケーシー』(1961年 - 1966年)

ヴィンス・エドワーズVince Edwards1928年7月9日 - 1996年3月11日)は、アメリカ合衆国俳優演出家歌手ヴィンセント・エドワーズとも表記される。日本でも放送された大ヒット医療ドラマ『ベン・ケーシー』(1961年 - 1966年)の主演俳優として知られる。

略歴[編集]

1928年、イタリア移民の夫婦の下に双子で生まれる。

高校時代は水泳選手として活躍し、奨学金をもらってオハイオ州立大学に入学。オリンピックを目指すが、虫垂炎の手術により断念。

アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツで演技を学び、ニューヨークの舞台に立つ。

パラマウント映画と契約し、1951年の映画『Mr. Universe』で映画デビュー。3本目に出演した翌1952年の映画『Hiawatha』では初主演を果たす。その後、いくつかの映画やテレビドラマに主演や準主演で出演するが、特に目立った活躍を見せることはなかった。

1961年に放送が始まった医療ドラマ『ベン・ケーシー』に主演。ドラマの大ヒットにより、米国だけでなく、日本でも人気スターとなる。また同作においては多くのエピソードで演出も担当している。更にドラマの人気にあやかり、6枚のレコードアルバムを発売するなど歌手としても活動し、ニューヨークやラスベガスロサンゼルスで行なったショーは完売となった。

その後もテレビドラマや映画に出演する他、『宇宙空母ギャラクティカ』(1978年、1980年)などのテレビドラマの演出も担当するが、ベン・ケーシーのイメージが強すぎたためか役所が限られ特に目立った活躍を見せることはなかった。

1996年、膵臓癌により死去。

主な出演作品[編集]

エピソード[編集]

マルチアスリートとして知られるボー・ジャクソンの本名「Vincent Edward」はヴィンス・エドワーズから名付けられた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Vince Edwards (I) - Biography” (英語). IMDb. 2012年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]