アダムス・ファミリー2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダムス・ファミリー2
Addams Family Values
監督 バリー・ソネンフェルド
脚本 ポール・ラドニック
原作 キャラクター創造
チャールズ・アダムズ
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 デイヴィッド・ニックセイ
出演者 ラウル・ジュリア
アンジェリカ・ヒューストン
クリスティーナ・リッチ
音楽 マーク・シェイマン
主題歌 Addams Family (WHOOMP!)
撮影 ドナルド・ピーターマン
編集 アーサー・シュミット
ジム・ミラー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年11月19日
日本の旗 1993年12月25日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $48,919,043[1]
前作 アダムス・ファミリー
テンプレートを表示

アダムス・ファミリー2』(Addams Family Values)は、同名のコミックアダムス・ファミリー』を原作とした1993年アメリカ映画ホラーコメディ映画。1991年の映画『アダムス・ファミリー』の直接の続編で、スタッフ・キャストもほぼ同じである。

概要[編集]

前作で人気を博して制作された続編。前作のラストでモーティシアが子供を授かったことを暗示させた事で、二人の子供が登場する。キャスティングは前作とほぼ同じだが、グラニー役のジュディス・マリナが体調不良のために降板し、替わりにキャロル・ケインがグラニー役を演じた。

ストーリー[編集]

冬のクリスマスの時期に新しい赤ん坊が誕生した。口髭を生やした奇妙な赤ん坊はピューパートと名付けられて家族からは可愛がられていたが、迷信深いウェンズデーやパグズリーに何度も殺害されかける。心配したゴメスは赤ん坊のために、ベビーシッター兼ナニーを雇うことにするが、アダムス一家独特の性格にみんな尽く断っていく。そんな中で妙に若々しいデビーという女が面接にやって来て一家の独特の空気を見事に受け流す。気に入られたデビーはすぐに採用されるが。デビーは資産家の男と結婚しては遺産目的に惨殺していく連続殺人犯で、フェスターを標的にアダムス家の財産を狙っていた。勘の鋭いウェンズデーをサマーキャンプに追いやりフェスターと急接近して結婚をし、計画通りにフェスターの殺害を試みるが死ぬどころか全く無傷に等しい。しびれを切らしたデビーはフェスターや一家を狡猾に隔離していき、次第にアダムス一家は家庭崩壊の危機を迎えることとなる。

出演[編集]

日本語吹替[編集]

役名 ソフト版 日本テレビ
ゴメズ・アダムス 阪脩 池田勝
モーティシア・アダムス 沢田敏子
ウェンズデー・アダムス 小林優子
パグズリー・アダムス 喜田あゆ美 亀井芳子
グラニー・アダムス 京田尚子
フェスター・アダムス 青野武
マーガレット 磯辺万沙子 一城みゆ希
デビー・ジェリンスキー 小宮和枝
アマンダ 池本小百合
ジョエル・グリッカー 亀井芳子 田中真弓
ゲイリー・グレンジャー 田原アルノ
ベッキー・グレンジャー 安達忍
ニュースキャスター 稲葉実 麦人

スタッフ[編集]

  • 監督 - バリー・ソネンフェルド
  • 製作 - スコット・ルーディン
  • 製作総指揮 - デヴィッド・ニックセイ
  • キャラクター創造 - チャールズ・アダムズ
  • 脚本 - ポール・ラドニック
  • 撮影 - ドナルド・ピーターマン
  • 音楽 - マーク・シェイマン

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 美術賞 ケン・アダム ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) アンジェリカ・ヒューストン ノミネート
ゴールデンラズベリー賞 最低主題歌賞 ラルフ・サル、スチーヴ・ギブソン、セシル・グレン
"Addams Family Whoomp!"
受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Addams Family Values” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]