フォード・クラウンビクトリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウンビクトリア

クラウンビクトリア(Crown Victoria)フォード・モーターが製造していたフルサイズセダンである。 愛称:Crown Vic(クラウン・ビック)。

概要[編集]

"クラウンビクトリア(Crown Victoria)"の車名は1955年フェアレーンの1レンジとして登場した6人乗りの2ドアクーペが最初で、その後1980年にLTDの上級トリムとして車名が復活し、1992年に全く新しいデザインでLTDから独立し、クラウンビクトリアとして登場。1998年に2代目へと進化して2011年9月まで生産された。

車体サイズはアメリカ製セダンの中でも最大の部類のフルサイズに属する。オイルショック以降、キャディラックやクライスラーなどの競合車種の多くが、ダウンサイジングとFF化を敢行した中、フォードだけは、昔ながらのはしごフレームFRレイアウトを固持した。このシャシマーキュリー・グランドマーキーリンカーン・タウンカーと共用のパンサープラットフォーム (Ford Panther platform) と呼ばれるもので、フォードのハイエンド車種で30年以上の長きにわたって使われ続けたが、技術的には決してハイエンドではなく、登場当時ですら旧態化のそしりは免れなかった。重量、ねじり剛性、振動・騒音など、操縦安定性と居住性のすべての面でモノコック構造に対して劣勢となるが、アメリカの保守層(米保険会社の調査では、共和党支持者とほぼ一致するとしている)には根強い人気があり、結果的に、古き良き時代のアメリカ車の乗り味を後世に伝える存在となっていたほか、パトカータクシーレンタカーといったフリートセールス需要が根強く、パトカー用はエンジン出力を強化するなどしたPolice Interceptor(ポリスパッケージ)という専用グレードが存在する。アメリカでは「Crown Vic(クラウン・ビック)」の愛称で親しまれている。日本のトヨタ・マークIIトヨタ・クラウン日産・グロリア日産・セドリックに相当する車種。

エンジンは4.6L SOHC V8 でトランスミッションは4速のオートマチックのみである。新車当時のアメリカ国内での販売価格約$20,000からであった。

2008年から2011年の最後の3年間はフリートセールスのみで、直系の後継モデルはないが、2007年の北米自動車ショーで発表されたリンカーン・MKSや、フォード・次世代ポリスインターセプターが実質的な後継車種になっている。

1955フォード[編集]

1955 Ford Crown Victoria

LTD Crown Victoria[編集]

初代 (1992年-1997年)[編集]

フォード・LTDから完全に独立し、1991年に1992年モデルとして登場した。 フォード・トーラスやセーブルが大ヒットしたためLTDとは打って変わり、丸みを帯びたエアロダイナミックなデザインへと変貌した。 1992年モデルではグリルレスであったがフルサイズセダンでは不評であったため1993年モデルよりグリルが追加され、後期型である1995年モデルから新規グリルとリアコンビネーションランプが追加されナンバー取付位置も変わった。

1992年-1994年(前期~中期)[編集]

グリルレスの初期型
グリル付きの中期型

1992年モデルとして1991年より販売。 当時、フォードは大ヒット作のトーラス/セーブルを中心に独特なエアロダイナミックデザインを売り物にしており、クラウン・ヴィクトリアも角張った先代モデルから丸いルーフやグリルレスのエアロボディに生まれ変わった。

このクラスでグリルレスは不評であり、1993年モデルにはメッキのグリルを与えられた。 メカニズムは古き良きアメリカン・フルサイズの伝統、独立したフレームの後輪駆動レイアウトだったが、エンジンは新開発のSOHC 4.6L V8エンジンを搭載していた。

1995年-1997年(後期)[編集]

後期型

新たにフロントグリル、リアライトを小変更。デザイン変更に合わせ、リアナンバー取付位置をリアライトの中央に移動させた。

2代目 (1998年-2011年)[編集]

クラウンビクトリア

1998年モデルとしてモデルチェンジ。1991-1996年までのシボレー・カプリスのようなラジカルなエアロルックを持った先代から、大きなヘッドライト、バンパー、グリルなど全く違うデザインとなった。これはボディをマーキュリー・グランドマーキーと共用化したことによるもの。これにより両車のデザイン差異は、先代と比較してかなり少なくなっている。

2008年-2011年 フリートセールス[編集]

フルサイズセダンを代表する車種として長く親しまれてきたクラウンビクトリアであったが、2011年9月15日にカナダのセント・トーマス工場で最後の1台(サウジアラビア向け)が出荷され、生産終了となった。

バージョン[編集]

ポリスインターセプター (Police Interceptor) (1998–2012)[編集]

Police Interceptor ワシントンD.C.首都警察仕様

パトカー用のグレード名はポリスインターセプター(Police Interceptor)。商品コード「P71」。LTDクラウンビクトリアのパトカー仕様車を継ぐ形で1992年に初代が、1998年に外装や機関を手直しした2代目が発売された。P71はアメリカのパトカー市場において、およそ7割強の市場占有率を持つといわれている。アメリカの警察で好まれる後輪駆動のフルサイズセダンをベースにした車両として、今では貴重な存在となっているのが要因。

基本的に単独グレードだが、最終減速比が3.27と3.55の2種類の設定がある。ベース車両からの変更点は補機類やサスペンションの信頼性が向上されたこと。また注文装備として防弾パネルを取り付けることができる。これは12ゲージ散弾7.62mm NATO弾を食い止めることができ、価格は運転席側のみが$1200、前席左右ドアが$2400。後述する欠陥問題があったことから、この対策として燃料タンクを保護する防護材の取り付けを無料オプションとして設定した。また燃料タンク付近に自動消火装置をメーカーオプションとして設定。これは後部に強い衝撃をセンサーが感知すると、組み込まれた油火災対応型消火器が燃料タンク付近へ向けて噴射されるというもの。手動でも操作をすることが可能となっている。

2010年3月、フォード社はクラウンビクトリアに代わる3代目ポリスインターセプターを2011年に発売すると発表した。新型ポリスインターセプター・セダンはトーラスがベースで、またエクスプローラーがベースのポリスインターセプター・ユーティリティーも販売される。グレードは、セダンはV6自然吸気と前輪駆動又は四輪駆動の組み合わせ、及びV6直噴ターボと四輪駆動の組み合わせ。ユーティリティーはセダンと同じ自然吸気エンジンに、前輪駆動と四輪駆動のいずれかを組み合わせたもの。

アメリカのパトカーは耐用期限(または設定された使用期間、一般的には2年)が過ぎると日本のように解体されず民間に払い下げられ、中古車として市場に流通する。そのため、他の警察機関が購入して再びパトカーとして使うだけでなく、タクシーや自家用車として使われるものも多い。ゆえに「ポリスインターセプター」のバッヂがついているものの一般人が使用しているものも見かけられる。警光灯や無線機、通信端末などの装備品は放出品として外され、車体は警察機関を表すデカールが剥がされ再塗装されるが、日本で再びパトカー仕様に戻し(またはアメリカ国内には持ち込まないことを誓約した上でそのまま購入し)乗るファンがいる。よって、少数ではあるがポリスインターセプターも日本に輸入されている。

タクシー[編集]

ニューヨーク市のイエローキャブ

かつてはGMにも同クラスのFRフルサイズセダン「シボレー・カプリス」があったが、1996年に生産中止となって以来、アメリカのタクシー業界はクラウンビクトリアが主力車種である。現役を引退したパトカーの車両を使ったものが多い(フォードでは役目を終えたパトカーを回収し、タクシーとして再利用する独自のリサイクルシステムを導入している)。なお、フルサイズセダンは他にも各社で多数生産されていた(ダッジ・モナコなど)。また、映画「TAXI NY」でも使われていた。

なお、2013年をめどに日産自動車NV200バネットに置き換えられる予定であったが、2014年現在においては情勢の変化によりそれが白紙となる可能性がある[1]

姉妹車[編集]

姉妹車マーキュリー・グランドマーキー (Grand Marquis)とリンカーン・タウンカー で、グランドマーキーは2007年頃までクインランド・カーズが、 日本に正規輸入していたがその後中止、タウンカーは2010年頃までフォーピラーズによって日本に正規輸入があったがその後中止されている。

安全性問題[編集]

パトカーにも使用されているこの車を巡っては、カーチェイスや長時間の高速運転時に燃料タンクからの発火の恐れがあるとして、アメリカの地方警察がフォードに対し訴訟を起こした。

1996年から2001年のモデルにかけて使われたオールコンポジット・インテークマニホールドからクーラント漏れが発生するということで2005年に集団訴訟が起きている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]