TAXI NY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TAXI NY
Taxi
監督 ティム・ストーリー
脚本 トーマス・レノン
ロバート・ベン・ガラント
ジム・カウフ
原案 リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン
製作総指揮 アイラ・シューマン
ロバート・シモンズ
音楽 クリストフ・ベック
主題歌 エンディングの最初の曲はナタリー・コールの「This Will Be」
撮影 ヴァンス・バーバリー
編集 スチュアート・レヴィ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年10月8日
日本の旗 2005年1月8日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $68,895,435[1]
テンプレートを表示

TAXI NY』(タクシー・ニューヨーク、Taxi)はリュック・ベッソンの『TAXi』シリーズのハリウッド版リメイク映画。舞台をマルセイユからニューヨークへ移している。原案およびプロデュースをリュック・ベッソン。監督はティム・ストーリー

ストーリー[編集]

ニューヨーク市警のウォッシュバーンは、刑事としては有能だったが、車の運転が下手であるゆえに失敗が絶えなかった。ある日犯人を追いかけようとして車ごと店に突っ込み大損害を被った。その結果、同僚からはバカにされ、思いを寄せる同期で上司のマータには愛想をつかされ、散々な目にあっていた。

そんな中、主要銀行が次々と襲われる強盗事件が発生。車のないウォッシュバーンは近くにいたタクシーに強引に乗り込む。 いやいやながら手を組む新人タクシー運転手ベルは、運転の技術とタクシーに搭載されたスーパーチャージャー、そしてメッセンジャー時代の人脈を生かして、二人で強盗犯を追い詰めるのであった。

オリジナル版との違い[編集]

この作品はおおむね『TAXi』第1作目のストーリーを基にしているが、主人公のタクシードライバーとそのフィアンセ、強盗団のメンバーの性別が逆に変更されていたりストーリー展開が一部異なるなど、若干設定は変わっている。

キャスト[編集]

タクシー運転手で、オリジナル版におけるダニエル。メッセンジャーをしていたが、念願叶ってタクシー運転手に転職。スーパーチャージャーで過給した、フォード・クラウンビクトリアのタクシーを転がす。
ニューヨーク市警察第8分署刑事分隊のダメ刑事で、オリジナル版におけるエミリアン。犯人追跡時にシフトレバーのDとRを間違え、勢い良く商店に突っ込み免許停止になる。車が使えず、たまたま近くにいたベルのタクシーに乗って美女強盗団を追跡し、以後はベルを捜査に巻き込む。
モデルのような美女ばかりの女強盗団のリーダーで、オリジナル版におけるメルセデスのリーダー、アインシュタイン。オリジナル版と同様の方法でベルに出し抜かれて御用となるが、その際に怒り狂いながらベルに向かって発砲するなど、執念深さを見せた。
第8分署刑事分隊長の警部補。オリジナル版におけるペトラ。ドジばかりのウォッシュバーンに手を焼く。
ベルのフィアンセで、オリジナル版におけるリリー。いつもベルに待たされる。ウォッシュバーンの警察バッチを焼いてしまうなど過激な一面を持つ。
ウォッシュバーンので、オリジナル版で言うところのエミリアンのママ。
本人のカメオ出演

吹き替え声優[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 テレビ版
ベル クイーン・ラティファ 朴璐美 森公美子
ウォッシュバーン ジミー・ファロン 桐本琢也 小山力也
ヴァネッサ ジゼル・ブンチェン 安藤麻吹 日野由利加
マータ・ロビンス ジェニファー・エスポジート 本田貴子 加藤優子
ジェシー ヘンリー・シモンズ 黒田崇矢 小杉十郎太
ウォッシュバーンのママ アン=マーグレット 一城みゆ希 鈴木れい子
マリンズFBI特別捜査官 クリスチャン・ケイン 寺杣昌紀
アナ・クリスティーナ・オリベイラ 田中敦子

日本国内におけるテレビ放送[編集]

放送回数 放送局 放送日 放送番組名 吹き替え版
1回 フジテレビ 2008年3月22日 土曜プレミアム テレビ版
2回 テレビ朝日 2009年7月5日 日曜洋画劇場 DVD版
3回 2011年9月4日
4回 TBS 2013年5月8日 水曜プレミア テレビ版

登場する車種[編集]

  • BMW・760Li - 女強盗団の逃走用の車。一度目は真っ赤なボディカラー、二度目は青いボディカラーで登場。これらの色は、一般に市販されている7シリーズには設定されていない。ランフラットタイヤを履いていたため、タイヤを撃たれたにもかかわらずウォッシュバーンから逃げ切れた。
  • BMW・M3 コンバーチブル - 女強盗団が最後の逃走に用いた車。アメリカでは市販されているのだが、日本に正規輸入されているのはクーペのみで、コンバーチブルの設定はない。
  • 大宇ラノスハッチバック - ウォッシュバーンの母親の車。強盗団のアジトに潜入した時に使用されたが、ベルとウォッシュバーンが一室に閉じ込められていた間に燃やされてしまった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

フランス・オリジナル版のシリーズは下記の通り。

外部リンク[編集]