TAXi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
TAXi
Taxi
監督 ジェラール・ピレス
脚本 リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン
ロラン・ペタン
撮影 ジャン=ピエール・ソーヴェール
編集 ヴェロニク・ラング
配給 コムストック
公開 フランスの旗 1998年4月8日
日本の旗 1998年8月15日
上映時間 86分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
次作 TAXi2
テンプレートを表示

TAXi』(タクシー)は、リュック・ベッソン製作・脚本、ジェラール・ピレス監督による1998年フランス映画

内容[編集]

フランスマルセイユを舞台にタクシー運転手と新米刑事が強盗団を相手に奮闘するカーアクション映画

スピード狂のタクシードライバー・ダニエルと、ちょっとマヌケ(左右もわからない)な刑事エミリアンのコンビが繰り広げる。ダニエルが乗るプジョー・406の改造車(イングランドツーリングカー選手権仕様)や、街を疾走する迫力のカー・アクションが見もの。なお、ドライバーはジャン・ラニョッティ

疾走感はCGエフェクトで表現され、制作費を抑えるため同じシーンが数回使われている(特にカーチェイスと銃撃戦のシーン)。

あらすじ[編集]

宅配ピザ屋に勤める配達員のダニエルは、念願のタクシードライバーへの転向を果たした。スピード狂の彼の愛車であるプジョー・406は、ボタン一つでレーシングカーの如き姿に変形し、どんな場所でもあっという間に客を送り届けることができる。ところが仕事を始めて間もないある日、マルセイユ警察に勤める刑事のエミリアンを乗せた際、彼が刑事とは知らずに猛スピードで警察署まで送ったため、スピード違反の現行犯で検挙されてしまう。

その頃マルセイユ市内では、メルセデス・ベンツ Eクラス(W124)に乗るドイツの強盗団「メルセデス」による連続銀行強盗事件が相次いでおり、警察を悩ませていた。ダニエルは違反を見逃すことを交換条件に、エミリアンと共に強盗事件の捜査に協力することになった。

「メルセデス」の一団は赤いベンツという目立つ車両に乗っているにもかかわらず、中々足取りをつかむことができない。草の根捜査の末、ダニエルは車関係の知人のつてをたどり、一団が速乾性の塗料を使って車の色を逐一塗り替えているとの情報を得た。ダニエルは彼らを確実に捕まえるために、ピザ屋の旧友たちをも巻き込んだ一大作戦を開始する。

登場人物[編集]

ダニエル
演 - サミー・ナセリ
TAXiシリーズにおける主人公の一人。
根っからのスピード狂で、物語開始当初はデリバリーピザの従業員であり、スクーターによるスピード記録を更新していたが、念願の個人タクシーの認可が下りたため多くの仲間達に惜しまれつつも退職。かねてより強化改造していたプジョー・406を愛車に、晴れてタクシードライバーとなる。
F1顔負けの驚異的な速度と、抜群のハンドル捌きを誇るなどドライバーとしての技能は天才的であるが、その命がけとも言える暴走運転は常人には耐えられるものではなく、彼のタクシーに乗った客は、目的地に着いた際に必ず嘔吐してしまう。
前向きかつ楽天家だが、意外と策略家な一面もあり、終盤には旧友達を率いて大規模な作戦を決行するなどカリスマ性を持ち、人望も厚く、様々なところと交流を持っている。
リリーとは恋人同士だが、劇中の描写から見て彼女には頭が上がらない様子。
中盤に客として乗せた女性のカミーユに気に入られて、それがきっかけで彼女の息子のエミリアンを乗せることになるが、彼の前でいつもの暴走運転を行ってしまい、逮捕されてしまうが、その天才的なドライビングテクニックとメカニックの知識を買われて、違反を見逃す代わりに彼の追うメルセデス事件の捜査に協力することとなる。
今回の功績でスピード違反などの違反行為を免除されたが免停までは免除されず、提案でF1ドライバーになるがスポンサーがマルセイユ警察である事を変えてくれと嘆いていた。
エミリアン
演 - フレデリック・ディーファンタル
TAXiシリーズのもう一人の主人公。
マルセイユ警察所属の警察官であるが、生粋のドジで捜査ではいつもヘマばかり起こすダメ刑事。そのため、同僚や愛するペトラからはほとんどバカにされており、人望も無きに等しい。ドジっぷりは仕事上のみならず日常生活でも相変わらずで、ガスコンロの火をつけっぱなしにして出かけてしまい、それが原因で家を焼失させてしまうほどである。
ダニエルと正反対に運転技術はからっきしであり、作中では8回目の路上試験に臨んでいたが、教官の「左に回れ」という指示が判らずに肉屋に車を突っ込ませるという致命的なミスを犯して教官から怒鳴られていた。
なお、本人曰くレースゲームでは運転が上手いらしい。
マルセイユに乗り込んできたドイツの強盗団「メルセデス」を逮捕して、ペトラに少しでもいいところを見せようと躍起になるが、空回りばかりしてへこんでいた矢先にダニエルと出会い、違反取り消しを条件に彼をサポーターに付けてメルセデスを追う。
リリー
演 - マリオン・コティヤール
ダニエルの恋人。その仲はダニエルの旧友たちから派手に祝福されるほど睦まじいが、ダニエルのスピード狂は快く思っておらず、彼が一連の事件に巻き込まれてなかなか一緒にいられる時間がないことにやきもきする。
ペトラ
演 - エマ・シェーベルイ
マルセイユ警察の女刑事で階級は警部補。エミリアンに好意を抱かれている。
ジベールやエミリアンとは正反対に非常に優秀な刑事であり、劇中に登場する警察官の中で唯一ともいえる常識人。
エミリアンのことは別に悪くは思っていないようだが、それでも彼の間抜けぶりには呆れることがある。ジベールによるとドイツ人の血が混ざっているらしい。
劇中、ダニエルに促されたエミリアンに夜這いならぬ『昼這い』を仕掛けられて押し倒された(しかしダニエル達の予想通りあっけなく返り討ちにした)。
ジベール
演 - ベルナール・ファルシー
マルセイユ警察の署長でエミリアンやペトラの上司。今シリーズ最大のお調子キャラでトラブルメーカー。
エミリアンに輪をかけたような間抜けな性格で、捜査にはいつも最前線で臨むなど、勇敢かつ正義感に満ちてはいるがそれが功を成すことはまったくと言っていいほどない。
祖父は 戦争でドイツ兵に殺されたらしく、そのため、ドイツ人を「クソドイツ人」と称して恨んでいる。それ以外にも他国の人間を呼ぶ際にいちいち頭に「クソ」と付けるなど人種差別ともいえる言葉を平気で話すため、周囲の人間には呆れられている。
作戦を考案する際にはやたら作戦名にこだわる。
「メルセデス」のリーダー(アインシュタイン)
演 - リチャード・サムエル
ドイツの強盗団「メルセデス」のリーダー。用意周到な犯行計画を立てる狡猾かつ切れ者な性格で、フランス人を「アホ」と評し、見下している素振りを見せるが、彼自身もダニエルとの勝負に固執し周りが見えなくなるなど、短気で負けず嫌い且つ直情的な一面があり、最終的にそれが仇となる。
中盤、彼らの素性を突き止めたダニエルからの挑発に簡単に乗って一度レースを展開して敗北し、以降ダニエルを目の敵とする。終盤で再び勝負をふっかけてきたダニエルの挑発でカーチェイスを展開し、工事中の高速道路の中でついにダニエルのタクシーを追い越して、勝ったと喜んでいたが、全てはダニエルによる罠であり、いざ見ると自分達の車は、ダニエルのタクシーを追い抜いた拍子にまだどこにも繋げていなかった高架橋の上に飛び乗ってしまった事で脱出不能の状態に陥り、そこでようやく自分達がダニエルにまんまと陥れられてしまった事に気がつき激怒。車から降りて自分達の500Eを容赦なく蹴飛ばしながら悔しがり、ダニエル達へ呪いの言葉を叫ぶも、すべて後の祭りであり、その後は警察に逮捕された模様(この際、部下の2人のうち、一人がリーダーに座っている位置のドアを蹴られて倒れ、一人はまだ状況が理解できていなかったのか、ドアを開けて辺りを見渡しながら狼狽えていた)。
名前は、言語版のダニエルの呼びかけによるものであり、実名は不明。

登場車種[編集]

TAXi③ プジョー406
メルセデス 500E
プジョー・406 
ダニエルの愛車・商売道具として登場。普段は普通のタクシーと変わりないが車内のスイッチを押すとあっという間に改造車(レーシングカー)に変身し、時速200キロ以上でマルセイユの街を突っ走る。エンジンは劇中では最上級モデルのV6 3リッターをチューンしてあることになっているが、実際はBTCC仕様のためエンジンは2リッターで300馬力程度を発生しているはずである。また署長の車としても登場している(こちらは強盗に銃撃された)。ダニエルのタクシーの変形機構は以下の通り。
  1. グローブボックスからコンソールパネルを出し、スイッチを入れる。
  2. 車体下部からジャッキが展開し、車体が持ち上がる。
  3. タイヤがフェンダー端ギリギリまでせり出し、トレッドが広がる。
  4. エアロパーツが車体下部から展開。同時にリアウイングがトランク蓋からせり出す。
  5. ハンドルを純正のものからスポーツ仕様のものに付け替え、ジャッキが折りたたまれて車体が接地し、変形完了。
メルセデス・ベンツ 500E 
強盗団「メルセデス」の愛車。
リアスポイラーの装着と社外ホイールへの交換が行われている。
警察に捕まるのを防ぐために、トラックの中で強盗時は赤色、それ以外の時は銀色に塗り替えていた。
ボディカラーが赤色の時はフロントウインカーがホワイトで、銀色の時はオレンジとなっている。
ラストで怒り狂った強盗団のリーダーにリアフェンダー、リアドアを蹴られてしまう。
ソバム・イータルモビル 
メルセデスを尾行するために販売トラックを改造した、ジベール達がのる追跡車両。メルセデスが強盗中にレーダーの装置を撃ち込むが、銀色に塗装される際にレーダーが塗料によってショート。それでも、塗装をしていたメルセデスを見つける事は成功するが、彼らの策略によって証拠を掴めず、結局この時は逮捕する事はできなかった。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 TV版
ダニエル サミー・ナセリ 石塚運昇 大塚明夫
エミリエン・クタン=ケルバレーク フレデリック・ディーファンタル 松本保典 関俊彦
リリー マリオン・コティヤール 杉村理加 水谷優子
ペトラ エマ・シェーベルイ 沢海陽子 高乃麗
ジベール警部 ベルナール・ファルシー 水野龍司 富田耕生
カミーユ(エミリアンの母親) マニュエラ・グラリー 定岡小百合 鈴木弘子
  • TV版:初放送はフジテレビ

シリーズ作品[編集]

フランス・オリジナル版[編集]

2作目以降はジェラール・クラヴジックが監督している。

アメリカ・リメイク版[編集]

社会的背景[編集]

主人公が北アフリカからの移民労働者(役者のサミー・ナセリの父親はアルジェリア系移民)と思わしき設定となっており、これがフランスの都市で白人と共に活躍するというストーリーになっている。こうしたストーリーの設定自体、現在のフランスの都市問題の縮図であることに留意する必要がある[要出典]

関連作品[編集]

映画『フィフス・エレメント』は、本作の前にリュック・ベッソン監督がアメリカで撮ったSF映画。主人公がタクシー運転手、豊富なギャグ等、本作につながる作風が見てとれる。

音楽[編集]

本作のテーマ曲はパルプ・フィクションの劇中曲でもあったDICK DALE & his DEL TONESの「MISIRLOU」である。

4作目となる『TAXi4』のテーマ曲「Pump It(BlackEyedPeas)」が、テレビ東京系バラエティー番組『出没!アド街ック天国』の「薬丸印の新名物」コーナーで毎回使用されている。

外部リンク[編集]