プジョー・406

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
406

プジョー・406Peugeot 406 )はフランスの自動車メーカープジョーが製造販売していたミドルクラスの乗用車。セダン、ブレーク(ステーションワゴン)、クーペが存在する。

概要[編集]

1995年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたセダンで、日本には1996年10月から導入された。405の後継モデルである。PSA・プジョーシトロエングループの一員であるシトロエンエグザンティアとプラットフォームを共有する。また、映画「TAXi」シリーズで活躍し知名度を上げた。

スタイル・機構[編集]

セダン[編集]

406セダン

ミドルサイズのセダンとして、本国と比較し1年遅れで日本国内でも販売された。理由として、ドイツZF製電子制御4AT仕様(4HP20)がようやく完成し、本国でも遅れて販売が始まり、AT需要が主な日本でも、同時期に販売開始された。セダンのデザインはプジョーの社内案をベースとしたデザインを採用している。日本仕様は全車右ハンドルのATのみ。後に406スポーツと称する2.2Lエンジンを搭載した左ハンドルMT車が発売されている。本革シートは最上級のSVレザーパッケージに付く。他に国内向けグレードとしてSV、STがあり、エンジンも本国では多数(6種類、ダーボディーゼル等もあり)選択できるが、国内向けは当初1本のみ。2.0L 直列4気筒DOHC16V(132PS/18.7kgm)をFF横置き搭載のみで、最高速度203km/hでプレミアムガソリン仕様(タンク容量70L)となる。サスペンションはフロントはストラット、リアはマルチリンクで、プジョー特有のしなやかで滑らかなストロークの、ミドルクラスとして良いサスが特徴。

サイズは全長4,555mm×全幅1,770mm×全高1,420mm、ホイールベース2,700mm、車両重量は1,390kg。

ブレーク[編集]

406ブレーク

ミドルサイズのステーションワゴンとして、セダン販売からさらに遅れ日本国内では1997年中旬頃販売された。エンジンもセダン同様に燃料供給装置はマルチインジェクションの2.0L 直列4気筒DOHC16Vで、FF横置き搭載する。グレードは1種類のみでスタートし、後にマイナーチェンジで3.0L V型6気筒DOHC24Vが搭載、追加された。ブレーキも同様にサーボアシスト付で、前輪はベンチレーテッドディスク、後輪はディスクとなる。後部座席を格納する事で積載容量を526Lから1,741Lまで拡大可能。本国ではオプションで3列シートを装着可能。

サイズは全長4725mm×全幅1,760mm×全高1,450mm、ホイルベース2,700mm、車両重量は1,453kg。

クーペ[編集]

406クーペ

上級ミドルサイズのFFパーソナルクーペとして、日本には1998年1月から導入された。デザイン的に似てはいるものの、外装でセダンと同じ部品はなく全て専用設計となっている。内装はダッシュボード、センターコンソールはセダンとほぼ同様だが、メーターパネル、ドア内張り、前後シート、リア内張り、天井内張りはクーペ専用部品で、ダッシュボードの化粧板にはピニンファリーナのエンブレムがある。前席シートはレカロとプジョーの共同開発によるもので、前期型のD8CPVではパンチングレザーが用いられていた。乗車定員は4名である。日本向けの仕様は、エンジンは1997年11月にセダン・ブレークに追加されたものと共通の3.0L V6DOHC24V(190PS/26.7Kgm)で、組み合わされたのはZF製4HP20・4速AT(最終仕様まで一貫して使用された)で、この組み合わせのモデルのみがラインナップされていた(本国では2.0Lの設定もあり)。また中期モデル(2003年8月)まで前輪ディスクブレーキはブレンボの対向4ピストンキャリパーが標準装備されていた。最高速度は235km/hで0→100km/h加速は7.9秒。ハンドルは左右から選択可能だが、国内向けは1グレードのみで、本革シート標準装備。イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインのみならず製造工程まで一貫して手がけている。そのデザインの優美さは、歴代フェラーリを手がけた名門ピニンファリーナ(デザイナーは故ダビデ・アルカンジェリ:Ferrari 360 Modena、BMW 5シリーズ(E60)も彼の手による)によることから、世界的に美しいフォーマル・クーペと評されることもあった。2000年にエンジンのチューニングが見直された。(206PS/29.0Kgm)2003年8月にはマイナーチェンジが行なわれ、フロントバンパー、アルミホイールのデザインが一新された。

サイズ全長4,615mm×全幅1,810mm×全高1,365mm、ホイールベース2,700mm、車両重量は1,520Kg。(D8) 1,500Kg。(D9)

 歴史[編集]

  • 1996年10月からプジョー・ジャポンで正規ディーラー車の販売開始。
  • 1997年11月から3.0L V6DOHC24Vエンジンがセダン、ブレークに導入。
  • 1998年1月からクーペ導入。
  • 1999年マイナーチェンジ。セダンとブレークのZF製4ATがプジョーとルノーの共同開発品(AL4)に変更し約20kgの軽量化。サイドエアバッグが全車標準装備。セダンは2.0Lの1グレードのみに統合。
  • 2000年にクーペのエンジンの細かな仕様変更。
  • 2003年にはクーペのマイナーチェンジ。フロントのデザインが一新。
  • 2005年に販売終了。

後継車両[編集]