ミシルルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミシルルー』(Μισιρλού, ラテン文字転記:Misirlou)は今日、以下の5つのスタイルで知られている歌あるいは音楽である。

ミシルルーは「エジプトの娘」という意味である。本来は歌詞が存在するが、インストゥルメンタル化したものが有名である。

語意[編集]

アラビア語で「エジプト」の事をミスル(アラビア語:مصر, ラテン文字転記:Miṣr)と言う。このアラビア語がトルコ語に入り、ムスル(トルコ語:Mısır)となった。同じく「エジプト」の意味である。この語にトルコ語で「~出身」を意味する接尾辞~ル(-lı)がついたものがムスルル(トルコ語:Mısırlı)である。「エジプト出身」という意味になる。これをギリシャ語で表現したものがミシルルー(ギリシア語:Μισιρλού, ラテン文字転記:Misirlou)である。同じく「エジプト出身」の意味になる。この手の歌の詞によくある事であるが、この歌の歌詞は娘(少女、娘、女性)の事を想った内容である。歌詞が娘のことを想い歌っている内容なので、Μισιρλούだけでは「エジプト出身」という意味にしかならないが、歌詞全体を眺め、略されている部分を補って訳すと「エジプト出身(の娘)」→「エジプト(出身)の娘」→「エジプトの娘」となる。アメリカでは『ミザルー』(Miserlou)とも表記することもある。

歴史[編集]

今日我々は、この歌を歌う人々によってこの歌がどこに由来するかを推測することが出来る。この歌は、ギリシア人、トルコ人、アラブ人、ユダヤ人たちの間で聞くことができる。よりよい説明は、オスマン帝国の支配領域で生まれた、という説明である。説のひとつは現在のトルコギリシアの国境地方のある所で、すなわち、セラーニク(テッサロニキ)とイスタンブル(コンスタンティノープル)の間のどこかで生まれた、とする。歌の名前はギリシア語とトルコ語の両方で「エジプト人の娘」を意味する。この歌は、他の歌、例えばウスクダラ(Üsküdar’a Gider İken)、カティナキ・モウ・ヤ・セナ(Κατινάκι μου γιά σένα/Katinaki mou ya sena)などと同様に、ギリシアやトルコ(オスマン帝国内)で流布した。また、ローカルのユダヤ人社会によっても拾われ、そこからも広まった。 誰が元々この歌を書いたのかは歴史の中に埋もれ、失われている。トルコ人とギリシア人はともにこの歌を自分たちのものであると主張しており、彼らの無限の論争はいつ果てるとも知れない。また我々は、この歌がいつ書かれたかも正確に突き止めることが出来ない。19世紀以降であるとは考えられている。

1930年頃、ギリシャの都市部には西欧の大衆音楽が流入していた。一方、トルコ領となった小アジアから住民交換によりギリシャに移住してきたギリシャ正教徒がアナトリアの様々な音楽的伝統を持ち込んでもいた。こうした音楽の交配からレベティコ(レンベティコ/レベティカ/レンベティカ)という新しいギリシアの大衆音楽が芽生えていた。

しばしば紹介されるのが、この歌が1930年頃、レベティコを演奏していたミハリス・パトゥリノス(ギリシア語:Μιχάλης Πατρινός,ラテン文字転記:Michalis Patrinos)の楽団によって最初に録音された、という説である。この説は以下の通り。ほとんどの初期のレベティカの歌と同様に歌の実際の作曲家は判明していない。歌の所有権は楽団のリーダーにあった。旋律はおそらく楽団のメンバー達によって協力して作曲された。これはその時代よくあることであった。最初の歌詞はパトゥリノス自身によって書かれた。パトゥリノス(彼は元々スミルナ、現トルコ領イズミルに住んでいた)は歌をエジプトの娘を意味するムスルルMısırlıあるいはミシルルーΜισιρλούと命名した。元々、歌はレベティコの様式で、より遅いテンポと異なったキー(調)で、トルコの(あるいはギリシアの)テンポのゆったりしたダンスであるチフテテッリの舞踊のための歌として作曲された。ミシルルーも他のいくつかの歌と同じくレベティコの勃興と共に生まれた曲のひとつである。

リチャード・スポットウッドRichard Spotwoodは"Ethnic Music on Records, Volume 3: Eastern Europe"の中で1927年にテトス・ディミトゥリアデス(ギリシア語:Τέτος Δημητριάδης,ラテン文字転記:Tetos Dimitriades,Tetos Demetriades)によって歌われた録音があると紹介している。

1930年代以降、アメリカ合衆国に移民したギリシャ人とともにこの曲もアメリカに持ち込まれ、1940年代以降ジャズイージーリスニングの様々な楽団が独自の英語歌詞をつけて演奏するようになった。S. Russell、N. Wise、M. Leedsが英語の歌詞を書いている。

1941年に、ニック・ルーバニスNick Roubanis(Nikos Roubanis, Νίκος Ρουμπάνηςとも,ギリシア系アメリカ人の音楽のインストラクター)は作曲家として自分をクレジット表記しながら、この歌のジャズのインストゥルメンタル版をリリースした。皆が同意するひとつの事。この歌はニック・ルーバニスによって作詞作曲されたものでは無い

1950年代以降は「エキゾチカ」と呼ばれる、異国調を前面に出したラウンジミュージックの一種におけるスタンダードナンバーとなった。1962年にはディック・デイル&デルトーンズの演奏によるサーフミュージックアレンジのミシルルーが全米でヒットしており、このバージョンが(「ミザルー」(Miserlou)のタイトルで)今日よく知られている。ディック・デイル版は各国のサーフロック・バンドにカバーされたほか(1963年ザ・ビーチボーイズのアルバム「サーフィン・U.S.A.」でもカバーされている)、1994年の映画『パルプ・フィクション』で主題曲となり再び広く知られるようになった。

歌詞[編集]

ギリシア語

Μισιρλού μου, η γλυκιά σου η ματιά
Φλόγα μου 'χει ανάψει μες στην καρδιά.
Αχ, για χαμπίμπι, αχ, για λε-λέλι, αχ,
Τα δυο σου χείλη στάζουνε μέλι, αχ.

Αχ, Μισιρλού, μαγική, ξωτική ομορφιά.
Τρέλα θα μου 'ρθει, δεν υποφέρω πια.
Αχ, θα σε κλέψω μέσ' απ' την Αραπιά.

Μαυρομάτα Μισιρλού μου τρελή,
Η ζωή μου αλλάζει μ' ένα φιλί.
Αχ, για χαμπίμπι ενα φιλάκι,άχ
Απ' το γλυκό σου το στοματάκι, αχ.

ラテン文字転記

Misirloú mou, i glukiá so i matiá
Phlóga mou'khi anápsi mes sten kardiá.
Akh, ya habíbi, akh ya le-léli, ah,
Ta dio sou khíli stázoune méli, ah.

Akh, Misirloú, magikí, ksotikí omorphiá.
Tréla tha mo'rthi then ipophéro pia.
Akh, tha se klépso més'ap'tin Arapiá.

Mavromáta Misirloú mou trelí,
I zoí mo allázi m'éna philí.
Akh, ya habíbi ena philáki, ah
Ap'to glikó sou to stomatáki, ah.

歌っている歌手(歌詞があるもの)[編集]

演奏したアーティスト[編集]

その他多数

BGMとしての使用例[編集]

映画
ゲーム
その他

他にも数多くのテレビ番組で使用されている。

外部リンク[編集]