ワタシにキメテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワタシにキメテ
Chasing Papi
監督 リンダ・メンドーサ
脚本 ローラ・アンジェリカ・サイモン
スティーヴン・アンティン
アリソン・バリアン
エリザベス・サーノフ
原案 ローラ・アンジェリカ・サイモン
スティーヴン・アンティン
製作 フォレスト・ウィテカー
トレイシー・トレンチ
ローラ・アンジェリカ・サイモン
製作総指揮 タハミカ・パクストン
出演者 ロゼリン・サンチェス
ソフィア・ベルガラ
ジャキ・ヴェラスケス
エドゥアルド・ヴェラステーギ
音楽 エミリオ・エステファン・Jr
撮影 ハビエル・ペレス・グロベット
編集 メイジー・ホイ
製作会社 Fox 2000 Pictures
Robert Simonds Productions
Spirit Dance Entertainment
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年4月16日
上映時間 80分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $6,130,049[1]
世界の旗 $12,661,189[1]
テンプレートを表示

ワタシにキメテ』(Chasing Papi)は2003年アメリカ合衆国の映画

日本劇場未公開だが、DVD2007年11月21日に発売された他、テレビでも放送された。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスで働くハンサムな青年パピことトマス・フエンテスは生まれながらのプレイボーイで、今もタイプの異なる3人の女性ロレナ、シシ、パトリシアと三股交際中である。ところがある日、3人の女性が偶然にトマスの家で鉢合わせしてしまう。 三股されていたことに怒りつつも、3人は自分こそがトマスに選ばれると信じて疑わない。そんな3人を前に鎮静剤の飲み過ぎでトマスが気を失って倒れてしまう。その後、シシが知らずに運ばされていた金を巡る騒動に巻き込まれた3人はぶつかり合いを繰り返しながらも、徐々に互いを認め合うようになる。そして、騒動が無事に片付き、トマスと再会した3人は、今回の騒動をきっかけに新しい自分を見出し、もはやトマスを必要としていないことに気付いたことから、全員がトマスに別れを告げる。5ヶ月後、親友となった3人はそれぞれ新たな人生を歩み出す。

登場人物[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Chasing Papi (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]