2012年ロンドンオリンピックの閉会式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2012年ロンドンオリンピックの閉会式
2012 Summer Olympics closing ceremony
Miniature London at 2012 Olympic Closing Ceremony.jpg
2012年ロンドン五輪閉会式
イベントの種類 閉会式
正式名称 2012 Summer Olympics closing ceremony
開催時期 2012年8月12日
会場 イギリス オリンピックスタジアム
主催 IOC(国際オリンピック委員会
運営 LOCOG(ロンドンオリンピック組織委員会
プロデューサー キム・ギャヴィン(芸術監督)
デヴィッド・アーノルド(音楽監督)
エス・デブリン(衣装デザイナー)
公式サイト
イギリスの旗 ユニオンジャックにおける赤と白の部分(「米」の字)が舞台で、青い部分に選手たち。
外周には左側通行の矢印が書かれ、自動車やバイク、自転車などによるアーティストの入退場もあった。

2012年ロンドンオリンピックの閉会式では、2012年8月12日午後9時(英国夏時間UTC+1)から翌午前0時11分まで、ロンドンオリンピックスタジアムで挙行された、ロンドンオリンピック(第30回夏季オリンピック)の閉会式について記す。

全体のテーマは、A Symphony of British Music[1](「英国音楽のシンフォニー」[2])。

概要[編集]

総合演出はキム・ギャヴィンが担当。本番3日前の8月9日には、非公開でリハーサルが行われた。[3]

  • LOCOGのpdf資料[4]に書かれた構成
  1. Rush Hour
  2. God Save the Queen
  3. Street Party
  4. Waterloo Sunset
  5. Parade of Athletes
  6. Here Comes the Sun
  7. A Symphony of British Music
  8. The Road to Rio
  9. Embrace
  10. Closing of the Games
  11. Finale
オープニング (1、2)

大時計ビッグ・ベンのカウントダウンで開始された[5](同時に、ロンドンの街中にある標識などの数字を撮影した60秒前からのカウントダウン映像も流された)。

ダミアン・ハーストがデザインした[6]ユニオンジャック型の舞台[注 1]には、英字の新聞でラッピング[7][注 2]された「観覧車ロンドン・アイ[8]模型が中心部に鎮座。その他、「バターシー発電所」「セント・ポール大聖堂[9]「ビッグ・ベン」「タワーブリッジ」といったロンドンのランドマークの、同様の模型も置かれていた。

まず、それらを背景に、朝のラッシュアワーをイメージしたダンスパフォーマンスが繰り広げられた[2]。そして、午後9時8分頃[10]には、俳優ティモシー・スポールが演じるウィンストン・チャーチルがビッグ・ベンの上で演説をするパフォーマンスもあった。[11][注 3][注 4]

その後

その後、各国選手[注 5]が一斉に入場し、舞台下で見学。多数のアーティストによるライブが行われた[2]。その合間には男子マラソンの表彰式とボランティアスタッフ代表6名への花束贈呈が相次いで行われた。[8]

終盤には、ボリス・ジョンソン(ロンドン市長)からジャック・ロゲIOC会長)へ、そしてエドゥアルド・パエス(2016年五輪開催地のリオデジャネイロ市長)へと、五輪旗が手渡される儀式があった。ブラジルの国旗が掲揚された後、ブラジル人によるショーが行われ、サッカー元ブラジル代表のペレも登場した。[8]

日付の変わる直前に聖火台付近から花火が上がり、聖火がゆっくりと消灯。今度は大きな花火がスタジアムに上がり、幕を閉じた。[2]

楽曲[編集]

音楽監督はデヴィッド・アーノルドが務め、自身も出演した[14]。多くのミュージシャンが生演奏をしたが[15][16]、一部は録音であった。[17]

一覧[編集]

備考欄の時間はLOCOGのpdf資料[4]掲載の「予定」であり、本番では異なった可能性もある。

アーティスト 楽曲 備考
0 Rush Hour - 3分9秒[4]
1 エミリー・サンデ "Read All About It (Part III)"[13] 開会式にも出演。
2 Urban Voices Collective "ビコーズ" ザ・ビートルズの楽曲。英国発祥のパフォーマンス集団ストンプ英語版の演奏による。
3 ジュリアン・ロイド・ウェバー、ロンドン交響楽団 "愛の挨拶" ステージではロンドンの日常を再現するパフォーマンスが行われた。
3.5 God Save the Queen - 4分19秒
4 ロンドン交響楽団 "女王陛下万歳" 歌唱は3でパフォーマンスを行った人々。
4.5 Street Party - 11分3秒
5 マッドネス、Hackney Colliery Band "アワ・ハウス" 14 登場の前に、黄色い車が軽く爆発し、バットマンロビンのコスプレが出現。
6 Massed Bands of the Guards Division "パークライフ" 15 ブラーの楽曲。演奏は近衛歩兵軍楽隊
7 ペット・ショップ・ボーイズ "ウエスト・エンド・ガールズ"[13] 16 自転車の集団と共に登場し、三輪自転車の上で歌唱[18]
8 ワン・ダイレクション "ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル" 17
8.5 Waterloo Sunset - 10分12秒
9 ザ・ビートルズ "ア・デイ・イン・ザ・ライフ" 録音音源のみ。パントマイム集団による、ある男性の一日の過ごし方をパフォーマンス。
10 レイ・デイヴィス "ウォータールー・サンセット" デイヴィスがリードボーカルを務めたバンド、キンクスの楽曲。
11 エミリー・サンデ "Read All About It (Part III)" 涙を流す選手たちの五輪ハイライト映像集が流れる[19]
11.5 Parade of Athletes - 14分10秒
12 ロンドン交響楽団 "Parade of Nations/Athletes" デヴィッド・アーノルドのカバー。以下17曲目までが選手入場に使用された楽曲。
13 Elbow、Urban Voices Collective、ロンドン交響楽団 "Open Arms"
"One Day Like This"
14 マッドネス、Hackney Colliery Band "アワ・ハウス" [音源のみ] 5
15 Household Division Ceremonial State Band "パークライフ" [音源のみ] 6
16 ペット・ショップ・ボーイズ "ウエスト・エンド・ガールズ" [音源のみ] 7
17 ワン・ダイレクション "ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル" [音源のみ] 8
17.5 Here Comes the Sun - 20分4秒
18 ケイト・ブッシュ "神秘の丘 (2012 Remix)" 本人の出演は無し。20で使用されるステージの形成が行われる。
19 ロンドン交響楽団 "おおウガンダ、美しき地" ウガンダの旗 ウガンダ国歌。男子マラソンの表彰式での演奏。
20 Urban Voices Collective "ヒア・カムズ・ザ・サン" 約7万人のボランティアスタッフを代表して、6名への花束贈呈[20]
21 デヴィッド・アーノルド "Medal Ceremony"
21.5 A Symphony of British Music
22 クイーン "ボヘミアン・ラプソディ" スタジアムの照明が暗くなり、観客席の間に仕込まれた照明パネルの光が波打つ。
23 リヴァプール・フィルハーモニック・ユース合唱団ジョン・レノン "イマジン" 使用されたレノンの映像はオノ・ヨーコが保管していた未公開のもの。児童合唱団による歌唱と手話が行われる。
24 ジョージ・マイケル "フリーダム 90"[13]
"White Light"
2011年末に重度の肺炎で昏睡状態に陥っており、今回が復帰ステージとなる。
25 カイザー・チーフス[13] "ピンボールの魔術師" ザ・フーのアルバム「トミー」に収録された楽曲。バイクの集団と共に登場[19]
26 デヴィッド・ボウイ "スペイス・オディティ"
"チェンジズ"
"屈折する星くず"
"ジーン・ジニー"
"愛しき反抗"
"ダイアモンドの犬"
"ヤング・アメリカンズ"
"レッツ・ダンス"
"ファッション"
ボウイは映像出演のみ。「ファッション」が流れる中、モデルのケイト・モスナオミ・キャンベルカレン・エルソンリリー・コールステラ・テナントジョルダン・ダンジョージア・メイ・ジャガーリリー・ドナルドソンデイヴィッド・ギャンディたちがファッションショーを行った。
27 アニー・レノックス "リトル・バード"[13] 海賊船に乗って登場。
28 エド・シーラン[13]ニック・メイスンマイク・ラザフォードリチャード・ジョーンズ "あなたがここにいてほしい" メイスンはピンク・フロイド、ラザフォードはジェネシス、ジョーンズはザ・フィーリングのメンバー。楽曲はピンク・フロイドのもので、演奏中に空中で綱渡りをする男性と握手をした人形が炎上するのは「炎〜あなたがここにいてほしい」のアルバムジャケットのオマージュ。
29 ラッセル・ブランド[13]、ロンドン交響楽団 "Pure Imagination" ミュージカル映画『夢のチョコレート工場』でジーン・ワイルダーが歌唱した曲。
30 ラッセル・ブランド、ボンド "アイ・アム・ザ・ウォルラス" ザ・ビートルズのカバー。
31 ファットボーイ・スリム[13] "Right Here Right Now"
"ロッカフェラー・スカンク"
DJブースがステージ中央に設置[19]ノーマン・クック34までステージに留まり、楽曲のリミックスを行なっている。
32 ジェシー・J "プライス・タグ"
33 タイニー・テンパー、ジェシー・J "Written in the Stars"
34 タイオ・クルーズ "ダイナマイト"
35 ジェシーJ、タイニー・テンパー、タイオ・クルーズ "ユー・シュッド・ビー・ダンシング" ビージーズの楽曲。
36 スパイス・ガールズ "ワナビー"
"Spice Up Your Life"
閉会式のために再結成。
37 ビーディ・アイ "ワンダーウォール"[21] 楽曲はボーカルのリアム・ギャラガーが以前所属していたバンド、オアシスのもの。
38 エレクトリック・ライト・オーケストラ "ミスター・ブルー・スカイ" 本人出演なし。人間大砲によるパフォーマンスが行われる。それが失敗した後39に繋がる。
39 エリック・アイドルスーザン・ブロック、Hackney Colliery Band、
London Welsh Rugby Club、Reading Scottish Pipe Band、Rag Morris、
Blackheath Morris Men
"Always Look on the Bright Side of Life"[13] アイドルもメンバーの一人であったモンティ・パイソンの映画「ライフ・オブ・ブライアン」のエンディング曲。人間大砲に失敗したのがアイドルであったことが分かった後に歌い始める[22][23][24]
40 ミューズ "サヴァイヴァル" ロンドンオリンピックのオフィシャルテーマソング。
41 フレディ・マーキュリー "Vocal Improvisation" マジック・ツアーウェンブリー・スタジアムでのもの。
42 ブライアン・メイロジャー・テイラー "ブライトン・ロック"[13]
43 クイーン、ジェシー J "ウィ・ウィル・ロック・ユー"[13] 花火が上がる[8]
43.5 The Road to Rio - 8分13秒
44 ロンドン交響楽団 "自由への賛歌" ギリシャの旗 ギリシャ国歌。オリンピック発祥の地に敬意を表して閉会式では毎回演奏される。
45 ロンドン交響楽団 "オリンピック賛歌"
46 ロンドン交響楽団 "ブラジルの国歌" ブラジルの旗 次回開催地の国歌。
46.5 Embrace - 8分
47 マリーザ・モンチ "ブラジル風バッハ"
48 ベーネガォン "Maracatu Atômico"
49 セウ・ジョルジ "Nem vem que não tem"
50 マリーザ・モンチ、ベーネガォン、セウ・ジョルジ "アケリ・アブラッソ"
50.5 Closing of the Games - 6分56秒
51 ロンドン交響楽団 "Extinguishing the Flame"
52 テイク・ザット "ルール・ザ・ワールド"[13] メンバーの一人ゲイリー・バーロウの妻が子供を死産した直後でのパフォーマンスで、出演は勇気ある行動であったと評価されている。芸術監督のギャヴィンはテイク・ザットのコンサートの監督でもある。再び花火が上がった。[8]
53 ジョン・バリー "The John Dunbar Theme" 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のサウンドトラックより。
54 デヴィッド・アーノルド "Spirit of the Flame" オリジナル曲。音楽に合わせて火の鳥に扮した元ロイヤル・バレエ団プリンシパルダーシー・バッセルと、200人のロイヤル・バレエ団所属のバレエダンサーが舞う。
54.5 Finale - 11分7秒
55 ザ・フー[13] "ババ・オライリィ"
"See Me"
"マイ・ジェネレーション"
メドレー形式で演奏。

関連情報[編集]

  • 閉会式終了直後から、公式サントラ『A Symphony of British Music』(38曲収録)の配信とCD販売が行われている。[26]
  • アーティストの出演料に関しては、「開会式と同様の1ポンド(約123円)」という情報もある[27]。一方で、「1500万ポンド(約18億円)を用意したが出演が叶わなかったアーティストもいた」という報道もある。[28]
出演オファーが断られたと報道されたアーティスト


その他には、巷で出演が予想されていたロバート・プラントレッド・ツェッペリン[注 6])、ジャミロクワイエルトン・ジョンらの登場もなかった。
  • 日本ではNHK総合で生中継された。英国音楽を前面に出した式であったが、NHKの実況アナウンサー達は楽曲・出演者に関して殆ど解説せず(または的外れなコメントを行い)、さらに楽曲に被せる音量で(アーティストとは無関係な)出場選手の話題を続けた。そのため、パフォーマンスを楽しみにしていた一部視聴者からはネット上で厳しい批判が巻き起こった[23]

聖火の消灯[編集]

開会式で立ち上がった聖火台(南側スタンド上部に移設された[32])が元の姿に戻っていく。付近には一羽の赤いフェニックスのオブジェが上がっている。さらに、それに似た別のフェニックスの(火の付いた)オブジェに乗ったバレリーナのダーシー・バッセルが、ワイヤーアクションで降りてくる。パフォーマーたちと共に舞い、聖火の周りに集まると[33]、聖火は徐々に消灯していった[2]。日付が変わった翌日の13日午前0時1分頃、完全に消灯された。

脚注[編集]

出典
  1. ^ 2012 Olympics closing ceremony: ‘A symphony of British music’ - Voice of Russia、8月12日
  2. ^ a b c d e 熱闘の余韻、世界一つに さよならロンドン 次はリオで - 日本経済新聞、8月13日
  3. ^ Jessie J runs through her set at the rehearsal of the closing ceremony - Mail Online、8月10日
  4. ^ a b c the Closing Ceremony media guide - LOCOG
  5. ^ ロンドン五輪、閉会式はブリティッシュ・ミュージックの祭典 - AFPBB、8月13日
  6. ^ This closing ceremony was a raucous pageant of popular culture - The Guardian、8月13日
  7. ^ 街すべて新聞でラッピング 五輪閉会式、英国らしい演出 - 朝日新聞デジタル、8月13日
  8. ^ a b c d e 閉会式 - テキスト速報 - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ、8月13日
  9. ^ London 2012 Closing Ceremony: here come the Spice Girls - Telegraph、8月10日
  10. ^ オリンピック閉会式(ゲッティイメージズ) - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ、8月13日
  11. ^ Timothy Spall plays Churchill at closing ceremony - BBC News、8月12日
  12. ^ 「NHK“五輪閉会式”中継にブーイング!英国ロックを完全無視」 - イザ!、8月15日
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n London ends Olympics on extravagant notes - アルジャジーラ、8月13日
  14. ^ a b ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイは五輪閉会式出演を断っていた - ニュースウォーカー、8月14日
  15. ^ London Olympic Games: The Closing Ceremony - BBC Sport
  16. ^ Olympic Live Blog: Closing Ceremony - WSJ、8月12日
  17. ^ Olympics closing ceremony:playlist - Telegraph、8月12日
  18. ^ 【閉会式】(1)英国50年の音楽振り返り 日本の旗手は吉田沙保里(5) - MSN産経ニュース、8月13日
  19. ^ a b c 実況チャンネル - ロンドン五輪2012 - livedoorニュース、8月13日
  20. ^ 7万人のボランティアへ感謝=成功支えた無償の献身―ロンドン〔五輪〕(時事通信) - Yahoo!スポーツ×スポーツナビ、8月13日
  21. ^ Beady Eye, Muse, The Who perform at Olympics closing ceremony - NME.COM、8月13日
  22. ^ スパイス・ガールズ、ロンドン・オリンピック閉会式で再結成を果たす - マイナビニュース、8月14日
  23. ^ a b NHKのロンドン五輪閉会式中継に批判殺到!有名アーティスト演奏中もしゃべり続け、最高のパフォーマンスがぶち壊しに! - シネマトゥデイ、8月13日
  24. ^ 【閉会式】(3完)スパイス・ガールズ登場 クイーンの名曲で会場が一体に ザ・フーの曲で幕+(1-2ページ) - MSN産経ニュース、8月13日
  25. ^ Stars line up for closing spectacular of Olympics Take That and The Who among line-up for ceremony - Mail Online、7月15日
  26. ^ ロンドン五輪・閉会式の公式サントラ『A Symphony of British Music』が配信スタート! - CDJournal.com、8月15日
  27. ^ テーマは「英国音楽のシンフォニー」=五輪閉会式の概要明らかに〔五輪〕(時事通信) - gooニュース、8月11日
  28. ^ a b c d デヴィッド・ボウイ、ザ・ローリング・ストーンズ…オリンピック参加を断った大物たち 主催者が明かす - シネマトゥデイ、8月14日
  29. ^ David Bowie among UK stars who turneturnedd down Olympic closing show Music - The Guardian、8月13日
  30. ^ Noel Gallagher turned down Olympic closing ceremony - BBC News、8月16日
  31. ^ リバティーンズ、実は五輪閉会式に出演オファーされていた!? - リアルライブ、8月15日
  32. ^ 火台スタンドに移動 移設前後に一度消え“再点火式” - スポニチ
  33. ^ ロンドン五輪2012 - livedoorニュース、8月13日
  1. ^ 中心部が高いスロープ状の舞台。
  2. ^ 舞台の床も全面英字新聞でラッピングされており、記事内容は英文学作品からの引用であった。
  3. ^ ティモシー・スポールは、映画『英国王のスピーチ』でチャーチル役を演じている。
  4. ^ 開会式でも同様に、ケネス・ブラナーが演じるイザムバード・キングダム・ブルネルシェイクスピア戯曲テンペスト』の一節を読み上げる一幕があった。
  5. ^ 日本選手団からは238人が参加。 (MSN産経ニュース
  6. ^ 前回北京オリンピック閉会式には、メンバーのジミー・ペイジが出演した。 (OOPS! 2008/08/25

関連項目[編集]

外部リンク[編集]