オリンピック賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Olympic Anthem
和訳例:オリンピック讃歌

賛歌の対象
国際オリンピック委員会

別名 Olympic Hymn(en)
Himno Olimpico(es)
作詞 コスティス・パラマス
作曲 スピロ・サマラス
採用時期 1896年4月6日
テンプレートを表示

オリンピック賛歌(オリンピックさんか、: Olympic Anthem, Olympic Hymn)は、オリンピアード競技大会オリンピック冬季大会の開会式、閉会式等の式典や国際オリンピック委員会総会などで演奏される曲である。オリンピック讃歌ともいう。

解説[編集]

作詞:コスティス・パラマス(Kostis Palamas)、作曲:スピロ・サマラス(Spyros Samaras)。

オリンピックが近代に復活するにあたり、1896年4月6日グレゴリオ暦)、第1回アテネオリンピックの開会式において演奏された。しかし楽譜が消失したため、その後のオリンピックでは賛歌が演奏されなかったり、大会ごとに別の賛歌が演奏されたりして、この曲は忘れ去られていた。

1958年、第54次国際オリンピック委員会総会(IOC総会)が東京で開かれるのを前に、消失したと見られたこの曲の楽譜がギリシャで見つかったとギリシャのIOC委員から、ホストを務めることとなったIOC委員の東龍太郎(当時:東京都知事)に楽譜が届けられた。ところが、この楽譜が作曲者サマラ自身の手でピアノ用に編曲したものだったため、日本オリンピック委員会は、NHKを通じて作曲家古関裕而に依頼し、オーケストラ用に採譜・編曲した。そして同年5月14日の総会開会式で、当時のアベリー・ブランデージ会長以下各国のIOC委員並びに関係者の臨席の下、NHK交響楽団が古関版オリンピック賛歌を演奏・披露。IOCは日本の善意と曲の素晴らしさに感激、以後この古関版を公式に賛歌と認定した。なお、原曲およびオーケストラ用の総譜は、IOC本部に保管されている。

1956年コルティナダンペッツォ冬季オリンピック1956年メルボルン夏季オリンピックから開閉会式に演奏されている。オリンピック旗の掲揚、降納に合わせて演奏されることが多い。それ以外では、1988年のソウル大会の際に、開会式でギリシャとその後に続いた数カ国の入場行進時のBGM(入場行進曲)として唯一利用されている。

2013年アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスで行われ2020年大会の東京開催が決まった第125次IOC総会では、当時の会長ジャック・ロゲによる発表直前に1分前後に編集されたインストゥルメンタル版の録音が流された。この模様を含めた発表セレモニー全体はIOCがYouTubeの公式チャンネルで配信している[1]

歌われた言語一覧[編集]

オリンピック大会の開閉会式では、原則歌詞をギリシャ語、若しくは英語で奉唱されるが、開催国の公用語で奉唱される慣例がある。[2]

大会 言語 備考
コルティナダンペッツォオリンピック イタリア語 第1回アテネ夏季オリンピック以来、初めてオリンピック賛歌がこの大会で奉唱された。
メルボルンオリンピック 英語スウェーデン語 開閉会式時に両方の言語で奉唱された。
スコーバレーオリンピック 英語
ローマオリンピック イタリア語
インスブルックオリンピック (1964年) ドイツ語
東京オリンピック (1964年) 日本語 和訳:野上彰邦題は『オリンピック讃歌』
グルノーブルオリンピック フランス語
メキシコシティオリンピック スペイン語
札幌オリンピック 日本語
ミュンヘンオリンピック インストゥルメンタル 開閉会式では奉唱されなかった。[3][4]
インスブルックオリンピック (1976年) ドイツ語
モントリオールオリンピック フランス語 開閉会式とも開催地のケベック州の公用語であるフランス語で奉唱された。
レークプラシッドオリンピック (1980年) 英語
モスクワオリンピック ロシア語ギリシャ語 開会式ではロシア語、閉会式ではギリシャ語で奉唱された。[5]
サラエボオリンピック セルビア・クロアチア語
ロサンゼルスオリンピック (1984年) 英語 [6]
カルガリーオリンピック ギリシャ語 [7]
ソウルオリンピック 韓国語 [8]
アルベールビルオリンピック フランス語
バルセロナオリンピック カタルーニャ語、スペイン語、フランス語 開会式ではアルフレード・クラウスが開催地のカタルーニャ州の公用語であるカタルーニャ語とフランス語で[9]、閉会式では世界三大テノールの一人プラシド・ドミンゴがスペイン語で各々独唱した。[10]
リレハンメルオリンピック ノルウェー語 ノルウェーの国民的歌手であるシセル・シルシェブーが歌い出し部分をアカペラで独唱して、その後児童合唱団と共に奉唱した[11]
アトランタオリンピック 英語
長野オリンピック 日本語 祝祭管弦楽団の演奏と長野市児童合唱団によって奉唱された。[12]
シドニーオリンピック ギリシャ語、英語 開会式でシドニー交響楽団の演奏、ギリシャ系住民によるミレニアム合唱団によって奉唱された[13]
ソルトレイクシティオリンピック 英語 開会式では歌詞の一部を省略した。
アテネオリンピック (2004年) ギリシャ語 開会式は児童合唱団と共に奉唱[14]。指揮はジョン・サーサスが行った。
トリノオリンピック インストゥルメンタル 開閉会式では賛歌の前奏と終結部分のみ演奏。[15]
北京オリンピック ギリシャ語 [16]
バンクーバーオリンピック 英語、フランス語 開会式はミーシャ・ブルガーゴーズマンの独唱[17]。開閉会式ともカナダの公用語を採用。[2]
シンガポールユースオリンピック ギリシャ語
インスブルックユースオリンピック インストゥルメンタル 開会式ではフルバージョン、閉会式では簡略化バージョンを演奏。
ロンドンオリンピック (2012年) インストゥルメンタル、英語 開会式ではロンドン交響楽団グライムソープ・コリアリー・バンド演奏の簡略化版を演奏。閉会式は男声のみの奉唱[18]
ソチオリンピック ロシア語、インストゥルメンタル 開会式はアンナ・ネトレプコの独唱[19]。閉会式は演奏のみで、2年前のロンドン五輪の開会式で使用されたものをそのまま使用した。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]