オリンピックシンボル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピックシンボル
オリンピックの旗
縦横比 2:3
制定日 1920年
使用色
テンプレートを表示

オリンピックシンボル(Olympic symbols)は、国際オリンピック委員会(IOC)のマークシンボルのことであり、オリンピックムーブメントの象徴である。

オリンピックマーク[編集]

オリンピックマーク

オリンピックマーク、いわゆる五輪マークは、単色または五色(左から青・黄・黒・緑・赤)の輪を重ねて連結した形で、ヨーロッパ南北アメリカアフリカアジアオセアニアの五大陸と、その相互の結合、連帯を意味しているが、どの色も特定の大陸を意味したものではない[1]ピエール・ド・クーベルタン古代オリンピックの開催地の一つであるデルフォイの祭壇にあった休戦協定を中に刻んだ五輪の紋章に着想を得て製作し、1914年にIOC設立20周年記念式典で発表された。

国際オリンピック委員会の許諾を得ない商業利用は、1981年に締結された「オリンピック・シンボルの保護に関するナイロビ条約」で禁止されている。条約以前には、オリンピック憲章がこのマークを国際オリンピック委員会の独占的所有物と規定していたが、一民間団体の宣言によって関係者以外の人を律することはできなかった。日本では1964年東京オリンピックの際に、許可を得ない提灯の販売をめぐって訴訟があったが、日本オリンピック委員会が断念する形で終わった[2]

[編集]

オリンピック旗[編集]

初めて旗が掲揚されたのは1920年のアントワープオリンピックからで、この大会からはオリンピック宣誓が行われた。旗は大会の開会式で掲揚され、閉会式で降納する。また特別旗はオリンピック開催都市の市役所に保存され、そのオリンピックの閉会式で市長からIOC会長に返還され、次回オリンピック開催都市の市長に引き継がれる。このことをアントワープセレモニーと呼ぶ。

アントワープ旗[編集]

アントワープ市から寄付されたアントワープ旗は夏季オリンピック開催都市に渡される。旗竿には青・黄・黒・緑・赤・白の6色のついたリボンで結ばれている。1980年のモスクワオリンピックでその役目を終え、現在はオリンピック博物館に展示されている。1980年大会時には冷戦のため1984年開催地のアメリカへ旗が受け渡されず、おのずと役割を終える事となり、1984年大会では旗はレプリカが用いられた。

オスロ旗[編集]

オスロ市から寄付されたオスロ旗は1952年オスロオリンピックから使われており、冬季オリンピック開催都市に渡される。なお、表裏ともに同じオリンピックマークがついている。

ソウル旗[編集]

アントワープ旗の後継としてソウル特別市から寄付されたソウル旗は1988年のソウルオリンピックから使われている。

国旗の代わりとしての利用[編集]

オリンピック旗は、開会式・閉会式での入場行進やメダル授与の際に国旗の代わりとして利用されることがある。政治的な理由によるもので、1980年のモスクワオリンピックにおける西側諸国での利用や1992年のバルセロナオリンピックにおけるEUNユーゴスラビア独立参加として参加)、2000年のシドニーオリンピックにおける東ティモール個人参加として参加)での利用が挙げられる。また広州アジア大会では、クウェート政府がスポーツに介入したとして2010年1月よりIOCより資格停止処分を受けていたため、同国が個人参加として参加した際に使っている。

聖火[編集]

聖火は、オリンピック期間中にオリンピックスタジアムで灯され続ける火。古代オリンピック発祥の地・ギリシャオリンピア遺跡で採火され、ギリシャ国内を回った後に開催国でリレーされる[3][4]

テーマ曲[編集]

テーマは、大会公式テーマ曲のほかに、大会ごとに放送局が選定して放送するものなど、さまざまなものがある。日本で行われたオリンピックのテーマソングでは1964年の東京五輪音頭、1972年の虹と雪のバラードが有名である。

大会マスコット[編集]

1968年のグルノーブルオリンピックから初登場した大会マスコットは、大会を象徴するマスコットとして親しまれている。1980年のモスクワオリンピックのマスコット「ミーシャ」は、FIFAワールドカップのマスコットを上回る大人気であった。さらに、開閉会式、アニメ化されるほどの大ヒットだった。

2014年11月には、過去4大会の五輪マスコットが次(2016年)の開催地リオデジャネイロに集結した[5]

夏季オリンピック マスコット[編集]

大会 マスコット名 モチーフ 備考
1968年 メキシコシティ チチェン=イッツアの赤いジャガー、平和の鳩 ジャガー、鳩
1972年 ミュンヘン ヴァルディ ダックスフンド犬
1976年 モントリオール アミク ビーバー
1980年 モスクワ ミーシャ 熊の子供 アニメ化 『こぐまのミーシャ』
1984年 ロサンゼルス サム ハクトウワシ アニメ化 『イーグルサム』
1988年 ソウル ホドリ、ホスニ 虎の子供
1992年 バルセロナ コビー カタロニアン・シープドッグ犬 アニメ化 『コビーの冒険』
1996年 アトランタ イジー たいまつの精
2000年 シドニー オリー、シド、ミリー ワライカワセミ、カモノハシ、ハリモグラ
2004年 アテネ アティナ、フィボス 土人形
2008年 北京 福娃 (ベイベイ、ジンジン、フアンフアン、インイン、ニーニー) 魚、パンダ、聖火、チベットカモシカ、燕 アニメ化 『福娃奥運漫遊記』など
2012年 ロンドン ウェンロック 時計塔「ビッグ・ベン」、宮殿の衛兵 短編アニメ4部作
2016年 リオデジャネイロ ビニシウス 猫、猿、鳥 同パラリンピックのマスコット「トム」(植物モチーフ)も同時に発表[6]
2020年 東京 キャラクター未発表  

冬季オリンピック マスコット[編集]

大会 マスコット名 モチーフ 備考
1968年 グルノーブル シュス スキーヤー
1976年 インスブルック スノーマン 雪だるま?
1980年 レークプラシッド ロニ アライグマ
1984年 サラエボ ブチコ オオカミ
1988年 カルガリー ハウディ、ハイディ ホッキョクグマ
1992年 アルベールビル マジーク
1994年 リレハンメル ハーコン、クリスティン 子供
1998年 長野 スノーレッツ (スッキー、ノッキー、レッキー、ツッキー) フクロウ
2002年 ソルトレイクシティ パウダー、カッパー、コール うさぎ、コヨーテ、熊
2006年 トリノ ネーヴェ、グリッツ 雪、氷
2010年 バンクーバー ミーガ、クワッチ 、スミ オルカ、雪男、サンダーバード
2014年 ソチ Polar Bear、Hare、Leopard ホッキョクグマ、野うさぎ、ユキヒョウ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリンピック質問箱基本編日本オリンピック委員会
  2. ^ 土井輝生『知的所有権法基本判例 著作権』、同文舘、1999年、6-7頁。
  3. ^ ソチ冬季五輪の聖火がギリシャで採火、聖火リレー始まるAFPBB 2013年09月30日
  4. ^ ソチ五輪聖火、ギリシャで採火式 10月にロシアへ朝日新聞デジタル 2013年9月29日
  5. ^ 過去五輪のマスコット集結 マラカナン競技場などツアー JOCニュース【リオデジャネイロ共同】2014年11月21日
  6. ^ リオ五輪マスコットはビニシウス”. 朝日新聞 (2014年12月15日). 2015年1月27日閲覧。