アルフレード・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
故郷ラス・パルマスにあるクラウスの像

アルフレード・クラウス(Alfredo Kraus, 1927年11月24日 - 1999年9月10日)は、スペインテノール歌手。20世紀後半のもっとも偉大なリリコ・テノール歌手とされている。

生涯[編集]

大西洋上に位置するカナリア諸島ラス・パルマス・デ・グラン・カナリアに3人兄弟の末っ子として生まれる。父オットー・クラウスはジャーナリストで、名前Krausからも察せられるようにオーストリアの血を引く家系である(但し母方はスペイン人)が、ドイツオペラはさほど歌わなかった。

カナリア諸島はヨーロッパ大陸の歌手が南米大陸にツアーに赴く際しばしば寄航する土地であり、地元の歌劇場もそこそこの上演水準を維持していたらしい。オペラサルスエラ好きの両親に連れられて、アルフレード少年も幼少の頃から声楽への関心を深めたという。

1945年からは電気技師となるべく工業学校に通学するが、その一方で地元合唱団などで歌った。その才はやがて見出され、1948年にはスペイン本土、バルセロナに渡って本格的な声楽の訓練を開始する。1955年からはイタリアに研鑽の地を移した。呼吸法、声帯の動かし方など科学的な声楽訓練を長期間にわたって継続する一方で、目先の金銭は得られるものの悪しき自己流スタイルを身に付けやすい性急な公演デビューを避けたこの禁欲的な訓練期間が、クラウスの後のキャリアを大きく開花させることになる。

1956年にはエジプトカイロの劇場でヴェルディリゴレット』公爵役、プッチーニトスカ』カヴァラドッシ役でデビューした。この際もクラウスはカヴァラドッシ役が彼の声質・声量に適合しないことを発見、以後レパートリーから外すという抑制的な態度で臨んでいる。同年にはヴェネツィアおよびトリノでヴェルディ『椿姫』アルフレード役も演じ、1958年リスボンでのライブ録音(マリア・カラスと共演)が今日でも名録音とされる等、1950年代末までには十八番の一つとした。

1959年にはドニゼッティランメルモールのルチア』エドガルド役でロンドンロイヤル・オペラ・ハウス(共演ジョーン・サザランド)に、1960年にはベッリーニ夢遊病の女』エルヴィーノ役でミラノスカラ座にそれぞれデビューするなど、リリコの諸役での第一人者の地位を急速に固めた。

そして、何よりも彼の名を有名にしたのは、1965年から取り組んだマスネウェルテル』題名役であった。彼の歌うアリア「春風よ、何故私を目覚めさせる (Pourquoi me reveiller )」は絶品とされ、クラウスはティート・スキーパの再来とまで称されるようになった。

1970年代後半からのクラウスはテクニック上の完璧を期すため、レパートリーをウェルテルやドニゼッティ『連隊の娘』トニオ役、『ラ・ファヴォリータ』フェルナンド役など10程度まで絞った上、年間の舞台数を20-25に制限して禁欲的な舞台生活を送った。その甲斐あって70歳を過ぎ、病に倒れる直前の1999年まで現役として変わらぬ美声を響かせた。1999年9月10日、マドリッドにて死去、72歳。

日本には1971年および1973年、イタリア歌劇団の一員として来日し、それぞれ『ラ・ファヴォリータ』とグノーファウスト』で聴衆を魅了した。1996年6月にはデビュー40周年記念リサイタルで最後の来日を果たし『ウェルテル』、『アルルの女』をはじめ、格調高い歌声で聴衆を熱狂させた。さらにアンコールで歌った「女心の歌」(『リゴレット』)の絶唱により会場は興奮の坩堝と化した。

1992年に行われたバルセロナオリンピックの開会式でオリンピック賛歌を独唱した。

逸話[編集]

格調高い歌唱で愛され続けたクラウスだが、口髭をたくわえた容姿も歌唱同様品格をたたえていた。この髭には愛着もあったらしく、インタヴューで「(口髭が不自然になるような)若い役を演じる時は、化粧を厚くして髭を隠します。客席から見てもらう分にはそれで問題ないので、今まで役のために髭を剃ったことはありません」と答えている。

録音に関して「ライヴ録音の方が感情表現が自然なので、好きなのです。ただ、そういうライヴ録音は殆ど海賊盤なのですが…」と笑いを交えつつインタヴューに答えている(日本の専門誌「グランド・オペラ」でのインタヴュー)。


外部リンク[編集]