トミー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックオペラ “トミー”
ザ・フースタジオ・アルバム
リリース 1969年5月23日
録音 1968年9月19日1969年3月7日ロンドンIBCスタジオ
ジャンル ロック
時間 74分
レーベル Track, Polydor (UK)
Decca, MCA (U.S.)
プロデュース キット・ランバート英語版
専門評論家によるレビュー
ザ・フー 年表
マジック・バス~ザ・フー・オン・ツアー
(1968)
トミー
(1969)
ライヴ・アット・リーズ
(1970)
テンプレートを表示

ロックオペラ“トミー” ( Tommy ) は、イギリスのロックバンド、ザ・フーが1969年5月に発表した通算4枚目のスタジオ・アルバム。全英2位、全米4位。「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500」において、96位にランクイン。

概要[編集]

ロックンロールオペラを融合させた画期的な作品であり、ザ・フーのキャリアにおいても重要な位置に占める作品である。このアルバムのヒットにより、ザ・フーはシングルヒットを量産するヒットソングバンドのイメージから脱却し、アルバムアーティストへ転換することに成功した[1]。後述するようにオーケストラとの共演、映画、再結成ライブでの演奏、ブロードウェイミュージカル化と、様々なメディアで何度も発表されている。三重苦の少年トミーを主人公にした物語は若者、またはピート・タウンゼント自身の孤独や苦悩を反映させたスピリチュアルなもので、タウンゼントが傾倒しているインド人導師ミハー・ババの影響が初めて作品に顕著に現れたものである[2]。1969年から70年にかけてのツアーではライブの中盤に必ずほぼ全曲演奏され、その様子は『ウッドストック』『ワイト島1970』といった映像作品で観ることができる。

オペラの雰囲気を高めるために、リードボーカルは主人公であるトミーの心情を歌う曲ではロジャー・ダルトリーが、他の人物や語り部の役割の曲ではタウンゼントが担当している。ジョン・エントウィッスルも自作曲2曲でリードボーカルをとった。このため、タウンゼントがリードボーカルをとった曲の割合が他のアルバムよりも多い。ただし、「クリスマス」、「ピンボールの魔術師」、「鏡をこわせ」等、トミー以外の人物の台詞を歌う曲でもダルトリーがリードをとる場合や、逆に三重苦から開放されたトミーの喜びを表した「センセイション」ではタウンゼントがリードをとる等、パターン通りになっていない曲も多い。

このアルバムから「ピンボールの魔術師」が先行シングルとしてリリースされ、全英4位の大ヒットとなった。また、1970年11月にはアルバムから4曲をカットしたEP盤もリリースされたが、当時はもうEPというフォーマット自体が古くなっており、こちらは話題にはならなかった[3]

カヴァーのデザインはマイケル・マッキナニーによる。LP盤のジャケットは3面開きになっており、歌詞カードも封入され、ザ・フーの作品中最も豪華な作りになっている[4]。ジャケットには、オリジナル版ではメンバーの顔が写されているが、リイシュー盤ではメンバーが写っていないものもある。

本作はタウンゼントの崇拝するミハー・ババに捧げられており、アルバムには彼の名が「アバター」としてクレジットされている。

製作[5][編集]

製作中は「Deaf,Dumb And Blind Boy」、「Amazing Journey」、「Brain Opera」といった仮タイトルがつけられていたが、最終的に主人公の名前がアルバムのタイトルになった。

本作のレコーディングが始まったのは1968年9月19日であったが、当時のザ・フーの財政状況はかなり逼迫しており、ダルトリーも「アルバムを出せるか不安だった」と後に語るほどであった[6]。そのため、レコーディングは月曜から木曜にかけて行い、週末は資金捻出のために散発的にステージをこなした。また、製作が始まってもなお作品のコンセプトが定まらなかった事もあり、本来の発売予定日だった1968年のクリスマスまでには間に合わず、レコーディングは大きく延び、結局半年間にも及んだ。

プロデューサーとしてクレジットされているキット・ランバートは、当時ザ・フーのマネージャーであり、元々は音楽プロデューサーではなかったが、有名なクラシック作曲家の父を持ち、オペラへの造詣も深く、様々なアイデアを提供した。だが、サウンド面での指揮はタウンゼントが執っている。ランバートは当初オーケストラの起用を望んだが、ライブで再現が出来るものでなくてはならないと考えたメンバーはこれを拒否し、必要最低限の楽器のみで、尚且つ交響楽団にも迫るサウンドを目指して製作は進められた。

メンバーは更なるオーバーダビングを望んでいたが、本作のプロモーションのためのコンサートツアーが目前にまで迫っており、レコーディングは1969年3月7日に終了、約36000ポンドを費やした。アルバムは2枚組の大作であったが、それでも全英2位につける大ヒットとなり、このアルバムの成功によりザ・フーは解散の危機を乗り越えた。

本作のオリジナルのマスター・テープは、後にランバートが破棄してしまい現存していないという噂があったが、実際にはレコード会社の倉庫の中に無傷のまま保管されていた。2003年以降の本作のリイシュー盤は、このオリジナル・マスターから起こされた音源を使用している。

あらすじ[編集]

オリジナルの歌詞は散文的で抽象性が高く難解であり、アルバムリリース後のピート自身による解説においてもストーリーは一貫しなかった。ケン・ラッセル監督作の映画版やミュージカル化によって脚本が補強された結果、具体的で整合的な理解が可能となった箇所もある。

本項で述べるあらすじは、英語版の記述を元にする。

登場人物[編集]

  • トミー・ウォーカー - アルバム・タイトルとなった主人公の少年。父の犯した殺人を目撃したショックで視覚・聴覚・発話障害の三重苦を負う。
  • ウォーカー大佐 - トミーの父親。夫人の浮気を目撃して衝動的に情夫を殺害する(イギリス軍制におけるcaptainは大尉ではなく大佐)。
  • ウォーカー夫人 - トミーの治療方法を模索して迷走する母親。
  • ウォーカー夫人の情夫 - ウォーカー大佐に殺害される。
  • 叔父アーニー - トミーの叔父で小児性愛者。トミーに性的な悪戯をする。
  • 従兄弟のケヴィン - トミーの従兄弟。トミーを執拗に虐待する。
  • ザ・ホーカー - 治療を願うウォーカー夫人が訪れるカルト教団の主導者。
  • 元チャンピオン - ピンボール大会で競り負け、トミーに”ピンボールの魔術師”の称号を奪われる。
  • アシッド・クイーン(ジプシー) - トミーを治療すると称して幻覚性の薬物を投与したジプシーの女。
  • 医師 - トミーの障害が身体ではなく精神に起因することを突き止めた。
  • サリー・シンプソン - トミーの熱狂的な信者の少女。

物語[編集]

  • Overture(序曲)/ It's a Boy(イッツ・ア・ボーイ)
    時は第一次世界大戦イギリス軍のパイロットであるウォーカー大佐は戦闘中に行方不明となり、戦死と報告される。ウォーカー夫人は悲報を聞き、失意の中息子のトミーを出産する。
  • 1921(1921)
    4年後、ウォーカー大佐は生還を果たし帰宅するも、夫人の”浮気”(夫人は夫が生還すると思っていなかったので不実ではないが、結果として)を目撃し、情夫を殺害する(歌詞の中に実際に「殺した」という表現は出てこないが、後の詞の展開からして殺したと解釈していいだろう)。鏡越しにこれを目撃してしまったトミーに対し、両親は「あなたは何も見なかったし、何も聞いていなかった」(you didn't see it, didn't hear it)、そして「このことを一生誰にも話さないように」(You won't say nothing to no one ever in your life)と言い聞かせる。これがトラウマとなり、トミーは視覚・聴覚・発話障害を負ってしまう。
  • Amazing Journey(すてきな旅行)/ Sparks(スパークス)
    荒廃したトミーの潜在意識が、銀色に輝くガウンを着て金色のあご髭を生やした見知らぬ長身の男(He's dressed in a silver sparked glittering gown and his golden beard flows)として現れ、異常な精神世界への「すてきな旅行」を誘いかける。Sparks(スパークス)は、トミーが垣間見た精神世界を表現しているとされる。
  • Hawker(光を与えて)
    両親は彼を治療するためにカルト教団の教会を訪れる。
  • Christmas(クリスマス)
    子供達が楽しみにしているクリスマスの季節。両親は、今日が何の日か理解できないばかりか、神の存在も神に祈ることも知らない(Doesn't know who Jesus was or what praying is)トミーの境遇に嘆き悲しむ。「トミー、聞こえるかい?」と語りかける両親に対し、彼の内なる心がはじめて「僕を見て、僕を感じて(See me, feel me)」と語る。
  • Cousin Kevin(従兄弟のケヴィン)
    外出する両親は従兄弟のケヴィンにトミーの子守を託す。二人きりになったところで、いじめっ子を自認するケヴィンは抵抗できない彼に対し執拗な虐待、拷問を加える。
  • Acid Queen(アシッド・クィーン)/ Underture(アンダーチュア)
    トミーの両親は再度治療を試み、アシッド・クイーンを名乗るジプシーの元へトミーを連れて行く。彼女は幻覚性薬物を使って彼をドラッグ漬けにしてしまう。Underture(アンダーチュア)はトミーの見た幻覚を表現しているとされる。
  • Do You Think It's Alright?(大丈夫かい)/ Fiddle About(フィドル・アバウト)
    両親は叔父のアーニーにトミーの子守を託す。異常性愛者のアーニーは抵抗できないトミーに性的虐待を加える。
  • Pinball Wizard(ピンボールの魔術師
    トミーは突如ピンボールの才能を開花させる。彼は大会でチャンピオンを負かし、一躍”ピンボールの魔術師”と呼ばれるスターになる。人々は三重苦の青年が確実なプレイをすることに驚き、彼は突っ立ったまま機械と一体化し(He stands like a statue, becomes part of the machine)”匂い”でプレイしているのではないか(Plays by sense of smell)と訝しみながらも彼の奇蹟を賞賛する。
  • There's a Doctor(ドクター)/ Go to the Mirror!(ミラー・ボーイ)
    両親は彼を治療できるという医師を見つけ出す。病因を解明するために数多くの試験を試みた結果、医師は、彼の肉体は完全に健常で病因は精神性のものである(Needed to remove his inner block)と結論づける。彼の内なる心は再び「僕を見て、僕を感じて(See me, feel me)」と語りかける。
  • Tommy, Can You Hear Me?(トミー、聞こえるかい)/ Smash the Mirror(鏡をこわせ)
    「トミー、聞こえるかい?」と熱心に呼びかけるものの、それに応えずただ鏡を見つめるだけの彼に業を煮やした母親は鏡を壊してしまう。
  • Sensation(センセイション)/ Miracle Cure(奇蹟の治療)
    鏡を壊したはずみにトミーは寛解する。彼が完治したというニュースは一世を風靡し、導師のような立場に祭り上げられた彼は、教祖としてファン達を教化するようになる。
  • Sally Simpson(サリー・シンプソン)
    この曲のみ、トミーの熱心な信者の一人であるサリー・シンプソンを扱った挿話的なエピソード。彼女は聖職者の娘だったが家出してトミーの説教を聞きにやってくる。トミーに触れようと手を伸ばした彼女は警備員によりステージから投げ出され、顔に傷を負ってしまう。
  • I'm Free(僕は自由だ)
    トミーは治癒によって得られた自由を満喫し、説教を聞きに来た人々を教化しようとする。
  • Welcome(歓迎) / Tommy's Holiday Camp(トミーズ・ホリデイ・キャンプ)
    トミーは自宅を教会として開放し、より多くの信者の獲得を命ずる。すぐに自宅が一杯になってしまったため、彼は誰でも参加できるホリデイ・キャンプを開設し、その運営を叔父のアーニーに託した。しかし、アーニーは信者を教化するというキャンプの目的を無視して私腹を肥やし始める。
  • We're Not Gonna Take It(俺達はしないよ)
    トミーは信者達を境地へ導くために、飲酒や喫煙者を排斥し、目と口と耳をふさいた状態でピンボールをプレイするよう命じる。しかし、このような無茶な教義や彼の一族による搾取に反発した信者達は、「もう付いていけない、こんなことはもうご免だ(We're not gonna take it, Never did and never will)」と、彼に反旗を翻し、キャンプは崩壊する。何もかも失った彼の発する内なる声「僕を見て、僕を感じて(See me, feel me)」とともに物語は終わる。

コンサート・パフォーマンス[編集]

1969年5月からスタートしたコンサートツアーでは、『トミー』のほぼ全曲をノンストップで演奏した[7]。ツアー期間中に出演したウッドストック・フェスティバルでも演奏され、映画版では「シー・ミー・フィール・ミー」の場面が収録された。この一連の「トミー・ツアー」は1970年12月で終了したが、その後も「ピンボールの魔術師」や「すてきな旅行」、「シー・ミー・フィール・ミー」といった曲はザ・フーのコンサートにおける重要レパートリーとして演奏され続けた[8]。コンサートでもリードボーカルの分担はレコードとほぼ同じであったが、タウンゼントが歌った「1921」はダルトリーがリードを取り、またタウンゼントやエントウィッスルが単独で歌った楽曲は、コンサートではダルトリーもユニゾンで歌った。 1989年には、『トミー』発売20周年を記念したツアーが敢行された。このツアーではサポートメンバーが加わり、総勢15名の大編成での再演となり、かつてのツアーよりもシンフォニックな仕上がりとなった。このツアーでは、'69年~'70年のツアーでは演奏されなかった「従兄弟のケヴィン」や「歓迎」も演奏されている[9]。 コンサートにおける『トミー』の音源や映像は、長らく断片的にしか視聴出来なかったが、1996年、1970年のワイト島ライブでの模様を収めた『ワイト島ライヴ1970』がCD、VHSでリリースされた。CDではコンサートの全編が収録されたが、VHSでは『トミー』のパートがかなり割愛されている。また、2001年にリリースされた『ライブ・アット・リーズ・デラックス・エディション』でも、1970年のリーズ大学公演のほぼ全編が収められている。

再発[10][編集]

1984年に初CD化。この時は2枚組でリリースされた。1990年盤より1枚組となる。1996年にはリマスター、リミックス盤がリリースされる。 2003年には、アウトテイクバージョンやデモバージョンを追加収録、さらに5.1chサラウンド音声も含めたデラックス・エディションがCD/SACDのハイブリッド盤でリリースされた。ステレオ音声は先述の盤とは異なるオリジナル・マスター音源が使用され、飛躍的な音質向上がなされた[11]。また同時にDVDオーディオ盤もリリースされている。 2013年には、アウトテイク集のほか、未発表の1969年のライブを収録したCD3枚組にブルー・レイを追加したスーパー・デラックス・バージョンがリリースされた。

他メディアでの再現[編集]

オーケストラ版[2][編集]

1972年10月、ロンドン交響楽団を伴奏に起用したオーケストラ版『トミー』がリリースされる。ザ・フーからはキース・ムーン以外のメンバーが参加。その他、ロッド・スチュワートリンゴ・スタースティーヴ・ウィンウッド等豪華ゲストが参加した。同年12月にはロンドンレインボウ・シアターでオーケストラを従えたコンサートが行われた。 このオーケストラ版が、一度は暗礁に乗りかかった『トミー』の映画化を前進させるきっかけとなった[12]

映画版[編集]

『トミー』の映画化は、レコーディングを開始した1968年当時から構想にあった[5]。映画会社から十分な出資を得ることができず、映画化の話は途中で保留となるものの、上記のオーケストラ版の発表やそれに伴うライブが評判を呼び、1973年にようやく『トミー』の映画化が決定する[12]。 この映画で主演を務めたダルトリーは、その演技を叩く評価され、彼はその後本格的に俳優業をこなすようになる。だが、映画では監督のケン・ラッセルの意向が強く出ており、本作の持つ精神性が損なわれてしまい、 またザ・フーファンからも批判が起こり、タウンゼントは深く失望したという。しかし、これまで内容を把握するのが難しかった『トミー』のストーリーを初めて明確化した本作の意義は大きい[13]。 映画化に当たっては、オリジナル版からいくつもの改変がなされ、またオリジナル版にない新たな曲も追加されている。

詳細は『トミー (映画)』を参照。

ミュージカル版[14][編集]

1993年4月、ニューヨークのブロードウェイ・ミュージカルで『トミー』の上演が開始。オリジナルや映画版でも明確にされてこなかった結末を明確にしたが、このストーリーについては古くからのファンの間では賛否両論あった。だが一般的には高い評価を受け、トニー賞5部門を受賞する。1996年には、オリジナル版、映画版、ミュージカル版の音源や映像をまとめたCD-ROMも発売された。

ミュージカル版では、以下の点がオリジナル版と異なる[15]

  • 舞台が第二次世界大戦後となっている(映画版と同じ)。
  • 「1921」で父親が愛人を殺すのはオリジナルどおりであるが、ミュージカル版では銃で殺害している。
  • 伯父のアーニーは、自分の兄弟を失ったために酒に溺れているという設定になっている。
  • ミュージカル版オリジナル曲「アイ・ビリーヴ・マイ・オウン・アイズ」の中で、両親がトミーを施設に送ろうとする。
  • オリジナル版では「鏡をこわせ」の後に出てくる「センセイション」が、トミーがピンボールの才能に気付く場面で出てくる。
  • 「俺達はしないよ」で信者を失ったトミーが、最後に家に戻り両親と抱き合い、物語が終わる。

なお、タウンゼントは、このミュージカル版のラストを「最もリアリスティック」と評している。

日本版ミュージカル[編集]

詳細は『The Who's Tommy』を参照。

収録曲[編集]

作詞作曲は、特記なき場合全てピート・タウンゼントによる。

  • アナログA面
  1. 序曲 - Overture
  2. イッツ・ア・ボーイ - It's a Boy!
  3. 1921 - 1921
  4. すてきな旅行 - Amazing Journey
  5. スパークス - Sparks
  6. 光を与えて - Eyesight to the Blind(The Hawker) (Sonny Boy Williamson II)
  • アナログB面
  1. クリスマス - Christmas
  2. 従兄弟のケヴィン - Cousin Kevin (John Entwistle)
  3. アシッド・クイーン - The Acid Queen
  4. アンダーチュア - Underture
  • アナログC面
  1. 大丈夫かい - Do You Think It's Alright?
  2. フィドル・アバウト - Fiddle About (Entwistle)
  3. ピンボールの魔術師 - Pinball Wizard
  4. ドクター - There's a Doctor
  5. ミラー・ボーイ - Go to the Mirror!
  6. トミー、聞こえるかい - Tommy Can You Hear Me?
  7. 鏡をこわせ - Smash the Mirror
  8. センセイション - Sensation
  • アナログD面
  1. 奇跡の治療 - Miracle Cure
  2. サリー・シンプソン - Sally Simpson
  3. 僕は自由だ - I'm Free
  4. 歓迎 - Welcome
  5. トミーズ・ホリデイ・キャンプ - Tommy's Holiday Camp (Kieth Moon)
  6. 俺達はしないよ - We're Not Gonna Take It

2003年版ボーナスディスク[編集]

2013年版ライブディスク[編集]

収録曲について[編集]

  • 「序曲」と「イッツ・ア・ボーイ」、それと「すてきな旅行」と「スパークス」は、それぞれ曲間が繋がれたメドレー形式になっており、曲の境界が正式に定められておらず、再発の度に曲の境界が変えられている。そのためこれらの曲は演奏時間もその都度違う表記になっている[10]
  • 「光を与えて」は原曲はサニー・ボーイ・ウィリアムソンの曲であり、本作唯一のカバー曲である。詞の中に「盲人の目が見えるようになる」「聾唖者が話し始める」といったフレーズがあり、この歌詞をホーカーがトミーを何かに勧誘する場面として用いられている[15]
  • 「スパークス」は、1967年発表のアルバム『セル・アウト』収録のミニ・オペラである「ラエル」が元となっている。「アンダーチュア」はその「スパークス」のロング・バージョンであり、10分を超える長尺曲だが、コンサートで演奏された事がない。
  • サリー・シンプソンの歌詞の原型となった実際のエピソードが存在する。1968年、ニューヨーク市のシンガー・ボウル(現在の名称はルイ・アームストロング・スタジアムテニス全米オープンの会場として有名)において行われたライブにおいて、ザ・フーはドアーズと競演した。この時、警備員がジム・モリソンに触ろうとした少女をステージから投げ飛ばす事件が起きた。バックステージからこれを目撃したタウンゼントは触発され、構想中のオペラの作中に盛り込んだ。
  • 「トミーズ・ホリデイ・キャンプ」は、実際はタウンゼント作曲である。キース・ムーンが、トミーの”聖地”をイギリスの伝統的な「ホリデイ・キャンプ」とするアイデアを出したので、タウンゼントの計らいによりムーン作とクレジットされた。
  • 「トミー、聞こえるかい」は、プロモーション映像も作られている。映像では、実際にはコーラスに参加していないキース・ムーンも他のメンバーと共に歌っている。この映像はザ・フーの伝記映画「キッズ・アー・オールライト」のなかにも収められている。
  • 最終曲の「俺達はしないよ」の後半部は、「シー・ミー・フィール・ミー(See Me, Feel Me)」として単独曲として扱われることがある。2003年リリースのデラックス・エディションでは、単独曲としてクレジットされている[16]が、2013年版では再び「俺達はしないよ」の中に内包された形となっている。1970年にはシングルカットもされている。また近年のザ・フーのコンサートでは、ラストに演奏される事も多い。

出典・脚注[編集]

  1. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』100頁
  2. ^ a b レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』66頁
  3. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』128頁。
  4. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』8頁。
  5. ^ a b 2003年版SACD付属ブックレット収録のマット・ケントによる解説より。
  6. ^ 映画『トミー』2005年版DVD収録のロジャー・ダルトリーのインタビューより。
  7. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』51頁
  8. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』52頁
  9. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』55 - 56頁
  10. ^ a b http://www.discogs.com/Who-Tommy/master/68455
  11. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』92頁
  12. ^ a b 映画『トミー』2005年版DVD付属ブックレット収録のマット・ケントによる解説より。
  13. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』87頁。
  14. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』67頁
  15. ^ a b レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』68 - 69頁
  16. ^ 「シー・ミー・フィール・ミー~リスニング・トゥ・ユー(See Me,Feel Me/Listening To You)」と表記されている。

関連項目[編集]