サイモン・コーウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・コーウェル
Simon Cowell
Simon Cowell
本名 サイモン・フィリップ・コーウェル
Simon Philip Cowell
生年月日 1959年10月7日(55歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドブライトン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 A&R社の重役プロデューサー

サイモン・コーウェル(Simon Philip Cowell、1959年10月7日 - )はイギリスのソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)の音楽プロデューサーだが、オーディション番組『ポップ・アイドル』『アメリカン・アイドル』『The X Factor』などの審査員でよく知られている。出場者を酷評することで有名。他の番組『America's Got Talent』『American Inventor』『Celebrity Duets』などにも関わっている。コーウェルは音楽界とテレビ界の両方で働いており、パワーレンジャーなどの音楽もプロデュースした。

経歴[編集]

サイモン・コーウェルはブライトンで生まれ、ハートフォードシャー州エルストリーで育つ。父親は不動産開発業や音楽界で働いていた。17歳で学校を辞め、いくつかの仕事を経験するがいずれも同僚や上司とそりが合わなくて長続きしなかった。最終的に父親が重役として働いていたEMI Music Publishingの郵便仕分け室で働くようになる。1980年代にはレコード・プロデューサーとして働くようになる。

資産[編集]

2003年6月、コーウェルは自身の持っていたS Recordsの株式を4200万ドルでBMGに売却、億万長者となった。

2006年、コーウェルは二つの大きな契約を結んだ。アメリカでは更に5年の間アメリカン・アイドルの審査員として留まる契約を交わし、1シーズンごとに2000万ポンド(4000万ドル)を受け取ることになった。イギリスではITVとは3年間の契約を交わし、『The X Factor』の放映権、またウエスト・エンドで上演されるミュージカル『グリース』に出演するスターを探す番組『Greese Is The Word』に関して1300万ドルを受け取ったと言われている。

2007年7月23日号の米TVガイド誌が「米テレビ出演者の報酬」のランキングを発表し、年収4500万ドルで2位にランクインした[1]

2009年11月、経済誌フォーブス誌が「アメリカのテレビ界で最も稼いでいる男性」のランキングを発表し、2008年6月から2009年6月までの収入が7,500万ドル(日本円で約67億5,000万円)で1位にランクインした。このランキングの上位にランキングされた男性出演者のほとんどが事業なども手掛けていて、コーウェルは英歌手レオナ・ルイスやスーザン・ボイルの契約するレコード会社を所有している[2][3]

2010年12月、同誌が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」のランキングを発表し、8,000万ドル(日本円で約65億6,000万円)を稼いで11位にランクインした[4]

2011年5月、英サンデー・タイムズ紙が「英音楽界での長者番付」を発表し、推定資産2億ポンド(約266億円)で6位にランクインした。この資産は2010年から3500万ポンド増加している[5]

2011年8月、米TVガイド誌が「ドラマ&リアリティ番組に出演する高額ギャラ俳優・女優」を発表し、1シーズンにつき7500万ドルを稼いでリアリティ番組部門のトップになった[6]

2011年9月、フォーブス誌が「2010年から2011年で最も稼いだエンターテインメント界の男性」のランキングを発表し、9,000万ドル(日本円で約68億4,000万円)を稼いで5位にランクインした[7]

オーディション番組[編集]

2001年、『ポップ・アイドル』の審査員となり、2001年にはアメリカ版とも言える『アメリカン・アイドル』でも審査員を務めた。出場者に対する彼の厳しい批判はこれらの番組を有名にする理由の一つとなり、コーウェルは"nasty guy Simon"として一躍有名になる。

彼のよく言うフレーズには"I don't mean to be rude, but …"(この題名で自伝も出版している)があるが、その後には出場者に対して中傷とも取られかねない手厳しい批判(パーソナリティから外見まで)が続くことが多い。

2004年にはイギリスでオーディション番組『The X Factor』を制作、シャロン・オズボーンやルイ・ウォルシュと共に審査員も務めた。2005年、この番組が『ポップ・アイドル』にあまりに似ているとして「ポップ・アイドル」のプロデューサーから訴えられてしまうが後に和解している。『The X Factor』はこれまで10シーズン制作されている。

2007年から、『ブリテンズ・ゴット・タレント』の審査員となった[8]

プロデュースしたアーティスト[編集]

Syco所属アーティスト

以前Sycoに所属していたアーティスト

ゲスト出演[編集]

備考[編集]

辛口の批評で有名になったコーウェルは、フィンランド出身のシンガーソングライター、サラ・ヌネス英語版の曲『Simon Can't Sing』で、『サイモンは歌も歌えないし ダンスもできない』と揶揄されている[9]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-27045820070725
  2. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0020725
  3. ^ http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-12413220091111
  4. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0029300
  5. ^ http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-20940020110505
  6. ^ http://eiga.com/news/20110811/2/
  7. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0035355
  8. ^ Simon Cowell officially returns to 'Britain's Got Talent' as a judge - National The X Factor | Examiner.com”. Examiner.com. 2014年1月21日閲覧。
  9. ^ サラ・ヌネス、気をつけないとノックアウトします | Sara Nunes | BARKS音楽ニュース”. BARKS. 2014年1月21日閲覧。
  10. ^ One Chance Taylor Swift Music Video 'Sweeter Than Fiction'”. MovieWeb. 2014年1月21日閲覧。
  11. ^ 販売員から一夜にしてオペラ歌手に…実話映画公開 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 読売新聞. 2014年1月21日閲覧。
  12. ^ Best Original Song - Motion Picture | Golden Globes Awards”. The Hollywood Foreign Press Association(HFPA). 2014年1月21日閲覧。