スーザン・ボイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーザン・ボイル
2013年7月
2013年7月
基本情報
出生 1961年4月1日(53歳)
出身地 スコットランドの旗 スコットランドウェスト・ロージアン州ブラックバーン
担当楽器 ボーカル

スーザン・マグダレイン・ボイル(Susan Magdalane Boyle, 1961年4月1日 - )は、イギリススコットランド出身の女性歌手。2009年8月現在、ロンドン在住。

概要

スコットランド・エディンバラ近郊の町ブラックバーンでアイルランドドニゴール州出身の両親の元に生まれる。

学習障害があり、学校では同級生のみならず教師からもいじめを受けていた。両親と一緒に生活をしていたが、父親が1990年代に亡くなった後、母親の面倒をみていた。2007年に母親が91歳で亡くなった後は、猫のペブルス(Pebbles)と一緒に暮らしていた。

なお、障害については、2013年12月9日のCNNのニュースで、「昨年にアスペルガー症候群と診断を受けた」と告白したと報じられている。[1]

生前の母親の助言から、2009年に歌を披露することを決意したことが、彼女の人生を一変させることになる。

2009年12月24日NHKは同年大晦日の『第60回NHK紅白歌合戦』にゲストとして招くと発表し、初来日で出演し「夢やぶれて」を歌った。

2010年4月1日には、読売日本交響楽団日本武道館公演にゲスト出演して「夢やぶれて」を始め5曲を歌い上げた。

2012年3月、資生堂の美白化粧水「HAKU」のCMにおいて挿入歌を担当。オリジナルのCM曲歌唱は世界で初めてである[2]

ブリテンズ・ゴット・タレント

スーザンは2009年4月11日に放送された[3]イギリスの素人オーディション番組、「ブリテンズ・ゴット・タレント」第3シーズンの初回に出場した。舞台に現れた彼女の垢抜けない外見や、審査員の質問につっかえながら答える姿はいかにも素人くさく、将来の夢を聞かれて「ミュージカル女優のエレイン・ペイジのようなプロ歌手になりたい」と答えたときには、観客席から失笑もあがった。しかし、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の挿入歌「夢やぶれて(I Dreamed A Dream)」の最初のワンフレーズを歌う彼女の歌声が会場に響くと審査員は目を丸くし、観客は一瞬息を呑んでから総立ちになり、彼女に割れるような喝采を送った。会場はスタンディングオベーションとなり、審査員は3人全員が「Yes(合格)」の札を出し、最高の賛辞を贈った。

この番組の模様がYouTubeなどの動画配信サイトに転載されると、9日間で1億回を超える視聴回数を記録し[4]、全世界から注目され、さらにはNHKなど日本メディアにも報じられた。その週のうちにアメリカCNNの人気番組「ラリー・キング・ライブ」にも出演し、CDデビューの話も進められた[5][6]。中年女性のシンデレラストーリーへの興奮は国境を越え、時代の社会現象のレベルに達している。世界的な反響にともない「SuBo」という愛称もついた。また、番組内での「独身でキスをされたことも一度もない」という発言が注目されたが、その後の取材で「あれは冗談よ。今一人身だということを大げさに言っただけよ。」と笑って答えていた。

みんながどう思っていたかは分かっている。けど、歌えればいいんでしょ?ミスコンじゃないんだから。

—スーザン・ボイルサンデー・タイムズ紙[7]

また、スーザンがネット上で話題になったことにより、1999年に学校で販売したチャリティーCDにボイルが収めた歌声も発掘された[8]。曲目は「Cry Me a River」で、その完成度の高さについて『ニューヨーク・ポスト』紙は「もはや一発屋の域にはない」と論評している。このチャリティーCDは当時1000枚しかプレスされなかったため、貴重なコレクターズ・アイテムとして注目を集めている。

一方でキリ・テ・カナワは「いずれ消え去る騒々しいスター」(=一発屋)、意見を求められることを「わたしはクラシックの歌手であり、ヒュー、ズドンと消え去るようなものではない。興味はない」と酷評している[9]

2009年5月24日、同番組の準決勝でミュージカル「CATS」の「メモリー」を披露し、視聴者投票による1位で通過し、5月30日の決勝進出枠を勝ち取る。

2009年5月30日、それまでにない過度の緊張もあってか、同番組の決勝で予選と同じく「夢破れて」を披露するも2位に終わり、ダンスグループ「Diversity」が優勝した。優勝者が発表された後スーザンは、「最高のパフォーマンスが勝ちました」とDiversityを称賛した。

2009年8月には、デビューのために今までのトレードマークであった髪型を整え、ロンドン西部に移住した[10]

2010年7月に新作曲のデュエット相手を全世界を対象にしたネットオーディション『スーザンズ・リサーチ』を開催した。応募方法は自身のYouTubeチャンネルに『きよしこの夜』を歌い動画投稿するというもの[11]


ディスコグラフィー

アルバム

発売日 タイトル 規格品番
1 2009年11月23日(イギリス)
2009年11月25日(日本)
夢やぶれて
(原題:I Dreamed a Dream
SICP-2485
2 2010年11月8日(イギリス)
2010年11月10日(日本)
ザ・ギフト 〜夢の贈りもの
(原題:The Gift
SICP-2850
3 2011年11月1日(イギリス)
2011年11月2日(日本)
誰かが私を見つめている
(原題:Someone to Watch Over Me
SICP-3297/8(限定盤)
SICP-3299(通常盤)
  • 表題曲『夢やぶれて』は映画『秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 http:// 鷹の爪.jpは永遠に』主題歌にも起用された。「鷹の爪」監督のFROGMANは、彼女の映像が当時YouTubeでアップされた時期から観ており、それに感銘を受けてこの作品の脚本を書き、更にデビューが決まった段階で大至急主題歌として「夢やぶれて」を使わせてほしい、とオファーしたことを公言している。
  • 日本盤ボーナストラックとして『翼をください Wings To Fly」の英語カバーを収録している。
  • 収録曲『フー・アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ビー』(Who I Was Born To Be)は映画『宇宙ショーへようこそ』主題歌に起用された。
  • セカンドアルバムの日本盤限定ボーナストラックとして、『ひこうき雲〜Vapor Trail〜』を収録している。

脚注

[ヘルプ]

外部リンク