デヴィッド・クック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・クック
David Cook Toads.jpg
基本情報
出生名 David Roland Cook
出生 1982年12月20日(31歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミズーリ州,ブルースプリングス
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン, シンガーソングライター
活動期間 2001年—現在
レーベル RCA

{{{Influences}}}

David Cook at Moody Gardens in Galveston, TX, as part of the Declaration tour.
Cook performing during the American Idols Live! Tour 2008.

デヴィッド・ローランド・クック英語: David Roland Cook, 1982年12月20日 - )は、アメリカ合衆国のロック歌手[1]2008年5月21日FOXテレビで放映されているアイドルオーディション番組、『アメリカン・アイドル』のシーズン7で優勝した。このシーズンは才能ある個性的な出場者が揃ったことで話題になったが、その中でも傑出したアレンジ、ボーカル、パフォーマンスを披露し、シーズンを通して一度も下位3位になることなくアイドルの座についた。アイドル以前は、オクラホマ州タルサでバーテンダーとして働きながら、音楽活動を行っていた。

人物[編集]

デヴィッド・クックはテキサス州ヒューストンで生まれ、ミズーリ州ブルースプリングスで育った[2]。両親はベス (Beth née Frye) とスタン (Stan Cook)。3人兄弟の真ん中で[3][4]、12歳上の兄のアダム (Adam) は長年闘病生活を送っている[5](2009年に死去[6])。弟のアンドリュー (Andrew) の付き添いで『アメリカン・アイドル』のオーディションを受けることになった[7]

小学2年の時、当時の音楽教師にすすめられて学芸祭でソロパートを歌ったのが初舞台。中学、高校時代はミュージカルに取り組んでいた。また高校時代 (Blue Springs South High School) には野球部のピッチャーとしても活躍した[8][9][7]

ミズーリ大学 (en:University of Central Missouri) ではグラフィックを専攻。卒業後、ミュージシャンとしての道を歩むべくオクラホマ州タルサへ拠点を移す[10][11]

アイドル以前[編集]

1999年から2006年、バンド『Axium』のリードボーカル兼ギタリストとして活動。2004年には、カンザスシティのベストバンドに選ばれている。2006年に『Axium』を解散して、オクラホマ州タルサに移ってからは、『Midwest Kings』で、バックボーカルとギターを担当した。[12][13]

2006年、タルサのクラブ、"Blank Slate" や "Rehab Lounge"でバーテンダーとして働きながら、ソロインディペンデンスアルバム『アナログハート(Analog Heart)』を制作。アートワークも自ら手がけた。『アメリカン・アイドル』出場が決まって発売を停止していたが、第三者によってAmazonに登録されたアルバムは2008年4月18日から20日まで、TOP3 MP3アルバムに選ばれ、その後すぐに発売停止となった[11][14]

アメリカン・アイドル[編集]

地方オーディションは、ネブラスカ州オマハで参加し、ボン・ジョヴィの"リヴィン・オン・ア・プレイヤー"(アコースティックバージョン)を披露。デヴィッドはもともとオーディションには弟のアンドリューの付き添いで行っただけ。番組のプロデューサーからオーディションへの意気込みをインタビューされ、参加を否定したが、結局は受ける事になり、ハリウッドへの切符を手にする。ハリウッド本選では、その年から解禁になったギターを演奏しながら、ブライアン・アダムスの "(Everything I Do) I Do It for You"とEdwin McCainの "I'll Be" を披露。審査員のポーラとランディには気に入られたが、辛口審査員サイモンはこの時点では彼を評価していない。

パフォーマンス[編集]

Week テーマ 曲名 オリジナル
Top 24 1960年代 Happy Together タートルズ
Top 20 1970年代 All Right Now Free
Top 16 1980年代 Hello ライオネル・リッチー
Top 12 ジョン・レノン/ポール・マッカートニー Eleanor Rigby ビートルズ
Top 11 ビートルズ Day Tripper ビートルズ
Top 10 生まれた年 Billie Jean マイケル・ジャクソン
Top 9 ドリー・パートン Little Sparrow ドリー・パートン
Top 8 感動した曲 Innocent Our Lady Peace
Top 7 マライア・キャリー Always Be My Baby マライア・キャリー
Top 6 アンドリュー・ロイド・ウェーバー The Music of the Night オペラ座の怪人 (1986ミュージカル)
Top 5 ニール・ダイアモンド I'm Alive
All I Really Need Is You
ニール・ダイアモンド
Top 4 Rock'n Roll ホール・オブ・フェーム Hungry Like the Wolf
Baba O'Riley
デュラン・デュラン
ザ・フー
Top 3 審査員選曲 (Simon Cowell)
本人選曲
プロデューサー選曲
The First Time Ever I Saw Your Face
Dare You to Move
I Don't Want to Miss a Thing
ロバータ・フラック
Switchfoot
エアロスミス
フィナーレ Clive Davis's 選曲
新曲
本人選曲
I Still Haven't Found What I'm Looking For
Dream Big
The World I Know
U2
Emily Shackleton作
Collective Soul


アイドル以降[編集]

2008年5月25日付のビルボードチャートHot100に11曲同時チャートインを果たした。デビュー曲"The Time Of My Life"は最高位3位を記録。同じ週のHot Digital Songsチャートでは17曲同時エントリーを果たし、週間ダウンロード総数は944,000にのぼった。その後も、ウォルマート株主会でのライブ、NBAファイナルでの国歌斉唱など、アメリカン・アイドルに課せられたパフォーマンスをこなしながら、各テレビ局のインタビュー・取材でそのポテンシャルの高さをアピールしている。

6月現在、7月1日からの『アメリカンアイドル・ツアー』のリハーサルの合間を縫って、デビューアルバムの制作中。2008年11月にデビューアルバム w:David Cook (album) が発売された。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 2008: The Time of My Life
  • 2008: Light On
  • 2009: Bar-ba-sol
  • 2009: Come Back To Me

スタジオアルバム[編集]

Axium
Midwest Kings
ソロ
  • 2006: Analog Heart
  • 2008: David Cook

ライブアルバム[編集]

Axium

ノミネート[編集]

  • Teen Choice Awards: 2008-Male Reality/Variety Star

脚注[編集]

  1. ^ Biography of David Cook(英語)
  2. ^ 'Idol' Final Down to Two Davids(英語)
  3. ^ University Grad David Cook Rocks Road To Fame on 'American Idol'(英語)
  4. ^ David Cook's Brother Unlikely To Attend 'Idol' Finale
  5. ^ Dagostino, Mark (2008年4月21日). “An American Idol's Private Pain - Cancer, American Idol, Coping and Overcoming Illness, David Cook”. People. 2009年6月16日閲覧。
  6. ^ Obituary”. Tribstar. The Tribune Star (2006年5月4日). 2009年6月16日閲覧。
  7. ^ a b She Spotted Her Idol's Talent Early”. The Examiner. 2008年3月8日閲覧。
  8. ^ David Cook, "Singin' in the Rain"”. YouTube. 2008年2月28日閲覧。
  9. ^ David Cook Rocked Musical Theater Before American Idol”. MyFox Kansas City. 2008年4月29日閲覧。
  10. ^ Always Been a Star”. The Examiner. 2008年2月28日閲覧。(英語)
  11. ^ a b Tulsa Singer Cook Rocks 'American Idol'”. The Associated Press. 2008年3月14日閲覧。(英語)
  12. ^ 'Analog Heart' by David Cook(英語)
  13. ^ Best of Kansas City: Top Band? Axium”. The Examiner. 2004年1月4日閲覧。(英語)
  14. ^ New Songs in Hand”. Urban Tulsa Weekly. 2006年11月29日閲覧。(英語)

外部リンク[編集]