リヴィン・オン・ア・プレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィン・オン・ア・プレイヤー
ボン・ジョヴィシングル
収録アルバム ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
B面 ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
エッジ・オブ・ア・ブロークン・ハート(12インチのみ)
リリース 1986年
規格 7インチ・シングル
12インチ・シングル
録音 1986年
ジャンル ハードロック
時間 4分12秒
レーベル マーキュリー・レコード
作詞・作曲 ジョン・ボン・ジョヴィリッチー・サンボラデスモンド・チャイルド
プロデュース ブルース・フェアバーン
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ、ニュージーランド[1]、ノルウェー[2]
  • 2位(スウェーデン[3]
  • 4位(イギリス[4]、オランダ[5]
  • 20位(ドイツ[6]
ボン・ジョヴィ シングル 年表
禁じられた愛
(1986年)
リヴィン・オン・ア・プレイヤー
(1986年)
ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ
(1987年)
テンプレートを表示

リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' on a Prayer)は、ボン・ジョヴィ1986年に発表したシングル。

解説[編集]

貧しいながらも懸命に生きるカップル、トミーとジーナを主人公とした歌。この2人は、ボン・ジョヴィが後に発表した「99イン・ザ・シェイド」(1988年のアルバム『ニュージャージー』に収録)や「イッツ・マイ・ライフ」(2000年のアルバム『クラッシュ』に収録)の歌詞でも名前が登場する。リッチー・サンボラによるリフの演奏では、トーキング・モジュレーターが使用されている。なお発音は「プレイヤー」は誤りで「プレア」の方が近い。

アルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(1986年)からの第2弾シングルとしてリリースされ、ミュージック・ビデオも制作された。この映像は、前半がリハーサル・シーン、後半が観客を前にしたライヴをフィーチャーした内容で、MTVでヘヴィー・ローテーションされることとなり、本作はBillboard Hot 100において4週連続で1位を獲得した。イギリスでも4位に達し、バンドにとって初の全英シングル・チャートでのトップ10入りを果たす。また、同曲は2008年以降も何度か全英チャートに返り咲き、2009年11月には52位、2010年11月には42位に達した[4]

本作は12インチ・シングルの形でもリリースされ、オリジナル・アルバム未収録曲「エッジ・オブ・ア・ブロークン・ハート」がカップリング曲として追加収録された[7]

ベスト・アルバム『クロス・ロード』(1994年)のアメリカ盤には、本作をアンプラグドのスタイルで再演した「プレイヤー'94」が収録されている。

2006年、VH1が1980年代のベスト・ソングを投票で決める企画を行った際、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」が1位となった[8]

カヴァー[編集]

他のメディアでの使用例[編集]

脚注[編集]

先代:
マドンナ「オープン・ユア・ハート」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1987年2月14日 - 3月7日
次代:
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「ジェイコブズ・ラダー」