ワイルド・イン・ザ・ストリーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
ボン・ジョヴィスタジオ・アルバム
リリース 1986年8月18日
ジャンル ハードロック
時間 44分01秒
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース ブルース・フェアバーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ)
  • 10位(日本・オリコン/1986年盤)
  • 69位(日本・オリコン/1987年盤)
ボン・ジョヴィ 年表
7800°ファーレンハイト
(1985年
ワイルド・イン・ザ・ストリーツ
(1986年)
ニュージャージー
(1988年)
テンプレートを表示

ワイルド・イン・ザ・ストリーツSlippery When Wet)はアメリカロックバンドボン・ジョヴィの3rdアルバム。1986年発売。1987年全米年間チャート第1位。

解説[編集]

概要[編集]

自身初の全米1位を8週キープ。シングルも「You Give Love A Bad Name」が全米1位、特に「Livin' On A Prayer」は4週連続1位を獲得した。
ボン・ジョヴィが世界的人気を得るきっかけとなった本アルバムは、現在までにアメリカだけで1200万枚、全世界で2,800万枚売り上げている。

アルバムタイトル[編集]

邦題には、アルバムの収録曲である『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』が採用されている。
原題の『Slippery When Wet』となる以前のタイトル候補として、収録曲の「Wanted Dead Or Alive」(本タイトル用のアートワークも作成され、後に発売された同名シングルのアートワークに使用されている)が挙がっていた。また、『Guns N' Roses』も候補であったが、既に同名の有名なバンドが存在していることを知り、『Slippery When Wet』を採用したことを、ジョン・ボン・ジョヴィが後のインタビューで語っている。

アートワーク[編集]

アルバム・タイトルが書かれた濡れたTシャツを着た女性が使われる予定であったが、過激すぎるという理由や、ピンクで縁どられたジャケットをメンバーが気に入らずに差し替えられ、代わりに水がふりかけられた大きなゴミ袋にジョン自身の指で『Slippery When Wet』と書いたジャケットが採用された。
なお、日本盤ではオリジナルのものが使用されている。

収録曲[編集]

  1. レット・イット・ロック - Let It Rock (5:24)
  2. 禁じられた愛 - You Give Love A Bad Name (3:44)
  3. リヴィン・オン・ア・プレイヤー - Livin' On A Prayer (4:10)
  4. ソシアル・ディジーズ - Social Disease (4:18)
  5. ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ - Wanted Dead Or Alive (5:09)
  6. レイズ・ユア・ハンズ - Raise Your Hands (4:18)
  7. ウィズアウト・ラヴ - Without Love (3:40)
  8. アイド・ダイ・フォー・ユー - I'd Die For You (4:31)
  9. ネヴァー・セイ・グッドバイ - Never Say Goodbye (4:49)
  10. ワイルド・イン・ザ・ストリーツ - Wild In The Streets (3:55)

エピソード[編集]