ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5 Seconds of Summer (5SOS)
2014年 UKツアーのバックステージにて}
2014年 UKツアーのバックステージにて
基本情報
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア シドニー
ジャンル ポップ・ロックポップ・パンク
活動期間 2011年~現在
レーベル キャピトル・レコード
公式サイト www.5sos.com
メンバー
Luke Hemmings
Michael Clifford
Calum Hood
Ashton Irwin

ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー (英: 5 Seconds of Summer) は、オーストラリアポップ・ロックバンド[1]2011年オーストラリアシドニーで結成。ルーク・ヘミングス (リードボーカル・ギター) 、マイケル・クリフォード (ギター・ボーカル) 、カラム・フッド (ベース・ボーカル) 、アシュトン・アーウィン (ドラム・ボーカル) から構成される[2]

YouTubeにポピュラーソングをカバーした動画を投稿し始め、2012年にわずかながら支持者を増やす。その後ワン・ダイレクションテイク・ミー・ホーム・ツアーオープニングアクトに抜擢され、国際的な名声を得る。

2012年11月、オーストラリアとニュージーランドのみで、デビューシングル『Out of My Limit』をリリース。2014年2月には世界デビューシングルとして『She Looks So Perfect』をリリース。この楽曲はオーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、イギリスのチャートで首位に輝いた。

2014年6月、セルフタイトルであるデビューアルバム『5 Seconds of Summer』をリリース。

来歴[編集]

2011—12: バンド結成とデビュー[編集]

2012年11月25日 メトロ・シアターにてEP発売記念ライブでのファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

2011年、当時14歳であったルークは、マイク・ポスナーの『Please Don't Go』を始めとするいくつかのカバー曲を自身のYouTubeチャンネルに投稿していた。同年4月、同じノーウェスト・クリスチャン・カレッジに通っていたマイケルとカラムと共にバンドを組み、ポピュラーソングのカバーを投稿し始める。12月にはドラマーのアシュトンが加入し、現在の形になった[3][4]

メジャーレーベルや出版社からの注目を集め、ソニーATVミュージックパブリッシングと契約[5]TwitterFacebook以外ではプロモーション活動をしなかったものの、ファーストEP『Unplugged』はオーストラリアのiTunes Storeで3位を獲得[5]

イギリスのボーイズグループ、ワン・ダイレクションルイ・トムリンソンが『Gotta Get Out』の動画のリンクと共に「ここしばらくこのバンドのファンなんだ、みんなも応援してね」とツイートしたことにより、国際的な支持者が瞬く間に増える[6]。また、同グループのナイル・ホーランもファーストシングル『Out of My Limit』のミュージックビデオのリンクをツイートした[7]

2012年の後半期はオーストラリアのバンド、エイミー・メレディスのクリスチャン・ロ・ルッソやジョエル・チャップマンと制作活動や音楽性を磨いて過ごす[8]。彼らと共にEP『Somewhere New』からの楽曲『Beside You』と『Unpredictable』を制作し、チャップマンが共同プロデューサーを務めた。

2012年11月19日、シングル『Out of My Limit』をリリース。ミュージックビデオは24時間で10万回再生された[9]

2012年12月、ロンドンへ行き音楽制作を開始[10]マクフライ[11]スカウティング・フォー・ガールズのロイ・ストライド、カイザー・チーフスのニック・ホジソン[12]グラフィティ・シックスのジェイミー・スコット[13]、ジェイク・ゴスリング、スティーヴ・ロブソン、バステッドジェイムス・ボーンを含むアーティストと音楽制作を行った[14]

2013—現在: 国際的な人気の上昇[編集]

2014年4月30日 シドニーのエンモア・シアターで演奏中のファイヴ・セカンズ・オブ・サマー

2013年2月12日、期間限定で新曲『Heartbreak Girl』の無料配信を開始[15]

2013年2月14日、ワン・ダイレクションのワールドツアー、テイク・ミー・ホーム・ツアーオープニングアクトを務めることを発表[16]イギリスアメリカニュージーランド、故郷のオーストラリアでの公演を含む7公演に参加する[17]。このツアーの休暇中にはオーストラリアに一時帰国し、全国ヘッドライニングツアーを決行。チケットはいずれも数分で完売した。この頃からバンドの人気が出始め、よく知られるようになる[18]

2013年6月13日、期間限定で新曲『Try Hard』の無料配信を開始[19]

2013年11月21日、キャピトル・レコードと契約したことを発表[20]

2014年2月21日、世界デビューシングル『She Looks So Perfect』をリリース。このシングルは世界56カ国のiTunes Storeで首位を獲得した[21]

2014年3月5日、ワン・ダイレクションのワールドツアー、ホエア・ウィ・アー・ツアーアメリカカナダヨーロッパ公演で再びオープニング・アクトを務めることを発表。

2014年3月末、UKチャートで首位を獲得した史上4組目のオーストラリア出身グループとなり、14年ぶりの快挙を遂げる[22]。2014年4月9日、EP『She Looks So Perfect』がBillboard 200で初登場2位を獲得[23]

2014年5月8日、シングル『Don't Stop』をリリース[24]。このシングルは世界40カ国のiTunes Storeで首位を獲得した[21]。国内でもBillboard JAPANにおける洋楽総合チャートで三週連続首位を獲得し、Japan Hot 100では最高11位を記録した[25]

2014年5月13日、 デビューアルバム『5 Seconds of Summer』をリリースすることを発表。6月27日にリリースされる[26]。日本では6月30日より輸入盤が購入可能となった[27]。7月23日までに世界71カ国のiTunes Storeで首位を獲得している[21]

2014年6月2日、BBC Radio 1のパーソナリティー、スコット・ミルズをフィーチャーした『Hearts Upon Our Sleeve (feat. Scott Mills)』を公開する。BBC Radio 1の公式サイトにて期間限定で無料配信された[28]

2014年7月29日、EP『Amnesia』をリリースすることを発表[29]

同じ事務所の先輩であるワン・ダイレクションのツアーの前座を務めたこともあり、しばしばメディアで「ネクスト・ワン・ダイレクション」や「ボーイ・バンド」などと呼ばれる。これについてアシュトンは厄介な比較であるとし、「彼らのしていることはすばらしいよ。でも僕たちは自分たちの好きなことをやる。それが僕たちが1D(ワン・ダイレクションの略称)のツアーに同行することに決めた理由さ。だって、それはすごくダイナミックなことなんだ。僕たちはロックショウをやるつもりだけど、彼らは彼らのスタイルでやると思う。そうすることで『ワオ、彼らはまったく違う演奏をするんだね!』って実感してもらえると思うよ。」と述べている[30]。また、実際は4人とも楽器を演奏するため「ボーイ・バンド」は誤った表現である。

影響[編集]

影響を受けたアーティストとしてマクフライブリンク 182オール・タイム・ロウグリーン・デイメイデー・パレードボーイズ・ライク・ガールズバステッドを挙げている[31]

ディスコグラフィ[編集]

ツアー[編集]

オープニングアクト[編集]

ヘッドライニング[編集]

  • Mini Australian Tour (オーストラリア) (2012年)
  • Twenty Twelve Tour (オーストラリア) (2012年7月28日~8月5日)[35]
  • First New Zealand Show (ニュージーランド) (2012年11月3日)[36][37]
  • 'SOMEWHERE NEW' EP Launch (オーストラリア) (2012年11月25日)[38]
  • London Acoustic Show (イギリス) (2013年4月7日)[39]
  • Manchester Acoustic Show (イギリス) (2013年4月21日)[40]
  • London + Birmingham Headline Shows (イギリス) (2013年5月12日~14日)[41]
  • Sydney Headline Show (オーストラリア) (5月21日) [42]
  • Pants Down Tour (オーストラリア) (2013年6月2日~8日)
  • Acoustic Shows (北米) (2013年6月~8月)
  • London Headline Shows (イギリス) (2013年11月26日~27日)[43][44]
  • UK Radio Tour (イギリス) (2014年2月13日~14日)
  • UK Tour (イギリス) (2014年2月~3月) [45]
  • 5 Countries 5 Days European Tour (スウェーデン、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン) (2014年3月~4月)[46]
  • North America 2014 Tour (北米) (2014年4月) [47]
  • There's No Place Like Home Tour (オーストラリア) (2014年5月)
  • Rock Out With Your Socks Out Tour (ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド) (2015年5月~6月)[48]

楽曲提供[編集]

韓国アイドルグループのスーパージュニアからのユニット、DONGHAE & EUNHYUKに『Teenage Queen』を提供する。この楽曲はカラムとルークがティファニー・ワルタニャンらと共に作曲したもので、日本オリジナルアルバム『RIDE ME』に収録されている。このアルバムの発売前には、オリジナルの『Teenage Queen』に合わせて踊っている姿を収めた動画をKeekに投稿している[49]

受賞歴[編集]

開催 ノミネート対象 結果
2013 Channel V 5 Seconds of Summer Oz Artist Award 受賞
MTV Breakthrough Band
2014 キッズ・チョイス・アワード Aussies' Fave Hot New Talent
ワールド・ミュージック・アワード World's Best Group ノミネート
World's Best Live Act
"She Looks So Perfect" World's Best Song
"Wherever You Are"
"She Looks So Perfect" World's Best Video
"Wherever You Are"
MuchMusic Video Awards "She Looks So Perfect" International Video of the Year – Group
ケラング! 5 Seconds of Summer Best International Newcomer 受賞
MTV Italian Music Awards Best Artist from the World ノミネート
Best Fans
Best New Artist
We Love Pop Awards Best Band 未決定
5SOS fam Best Fandom
5 Seconds of Summer Best Newcomer
"She Looks So Perfect" Best Summer Anthem
Ashton Irwin Fittest Boy on the Planet
Calum Hood
Luke Hemmings
Michael Clifford
Ashton Irwin Nicest Pop Star
Young Hollywood Awards 5 Seconds of Summer Breakout Music Artist
ティーン・チョイス・アワード Choice Music: Group
MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード Best Push Act

日本での活動[編集]

2014年2月8日、ユニバーサルミュージックジャパンで日本公式サイトを開設[50]。 3月10日、日本公式Twitterアカウント(@_5SOSjp)を開設[51]。 4月6日、日本公式Facebookページを開設。

2014年5月19日、7月16日に国内盤アルバム『5 Seconds of Summer』をリリースすることを発表。日本デビューが決定する。 2014年6月11日、発売元の意向で上記のデビューアルバムが発売中止となる[52]

2014年6月16日、7月30日に国内盤EP『Don't Stop』をリリースすることを発表。また、発売中止となっていた国内盤アルバムのリリースが今秋に決定する[53]

2014年7月30日、国内盤EP『Don't Stop』をリリース。Billboard JAPANにおける洋楽総合チャートで三週連続首位を獲得し、Japan Hot 100では最高11位を記録した[25]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “5 Seconds of Summer Goes Global - But They're Not The Next One Direction”. (2014年4月8日). http://www.billboard.com/articles/columns/pop-shop/6042193/5-seconds-of-summer-goes-global-but-theyre-not-the-next-one 2014年4月25日閲覧。 
  2. ^ “The band You Should Be Obsessing Over”. (2012年5月1日). http://www.thehothits.com/news/30974/5-seconds-of-summer---the-band-you-should-be-obsessing-over 2012年8月6日閲覧。 
  3. ^ “5 Seconds of Summer Australian Tour”. (2012年5月). http://www.liveguide.com.au/Tours/768360/5_Seconds_of_Summer_Australian_Tour 2012年8月10日閲覧。 
  4. ^ “the Au interview - 5 Seconds of Summer”. (2011年8月1日). http://www.theaureview.com/interviews/the-au-interview-5-seconds-of-summer-sydney 2014年2月19日閲覧。 
  5. ^ a b Toby Creswell (2012年7月30日). “Smells Like Teen Spirit”. The Age (Melbourne). http://www.theage.com.au/entertainment/music/smells-like-teen-spirit-20120730-2397m.html 2012年8月11日閲覧。 
  6. ^ Louis Tomlinson (2012年11月7日). “Louis Tomlinson Twitter”. https://twitter.com/Louis_Tomlinson/status/265830664585240576 2012年11月11日閲覧。 
  7. ^ Niall Horan (2012年11月27日). “Just been showed this video – TUNNNEEEEE!”. https://twitter.com/NiallOfficial/status/273154582056673281 2012年12月9日閲覧。 
  8. ^ “5 Seconds of Summer Twitter”. (2012年7月9日). https://twitter.com/5secsofsummer/statuses/222227989646159872 2013年2月25日閲覧。 
  9. ^ Kathy McCabe (2012年11月18日). “Sydney teen band 5 Seconds of Summer is getting hot in the UK”. http://www.heraldsun.com.au/news/national/sydney-teen-band-5-seconds-of-summer-is-getting-hot-in-the-uk/story-fndo317g-1226519114708 2012年12月1日閲覧。 
  10. ^ 5 Seconds of Summer (2012年11月1日). “5 Seconds of Summer Facebook”. http://www.facebook.com/photo.php?fbid=465133450205793&set=a.320772121308594.96971.176437022408772&type=1 2012年11月11日閲覧。 
  11. ^ “5 Seconds of Summer are Writing with McFly”. (2012年12月19日). http://poyntersource.com/5-seconds-of-summer-says-mcfly-are-an-influence-on-their-music/ 2012年2月17日閲覧。 
  12. ^ “5 Seconds of Summer Tumblr”. (2013年2月6日). http://5sos-official.tumblr.com/post/42136684569/hey-guys-weve-been-writing-heaps-for-the-past 2013年2月22日閲覧。 
  13. ^ Jessica Aquilina (2013年2月15日). “Local boys to play support for One Direction tour”. http://www.hillsnews.com.au/story/1304158/local-boys-to-play-support-for-one-direction-tour/ 2013年2月22日閲覧。 
  14. ^ Kathy McCabe (2013年2月18日). “Things are hotting up for 5 Seconds of Summer”. http://www.dailytelegraph.com.au/entertainment/sydney-confidential/things-are-hotting-up-for-5-seconds-of-summer/story-e6frewz0-1226579803306 2013年2月22日閲覧。 
  15. ^ “Heartbreak Girl”. (2013年2月12日). http://5sos-official.tumblr.com/post/42916847189/heartbreak-girl-this-is-one-of-the-songs-weve 2014年7月30日閲覧。 
  16. ^ Kathy McCabe (2013年2月14日). “One Direction Picks Australian Band 5 Seconds of Summer as support act for world tour”. http://www.news.com.au/entertainment/music/one-direction-picks-australian-band-5-seconds-of-summer-as-support-act-for-world-tour/story-e6frfn09-1226578230753 2013年2月17日閲覧。 
  17. ^ “One Direction Tour Dates”. (2012年). http://www.onedirection.net/tour-dates/#united-kingdom 2013年2月23日閲覧。 
  18. ^ The Hot Hits (2013年5月17日). “5 Seconds of Summer Announce Australian Tour”. http://www.thehothits.com/news/39953/5%20Seconds%20Of%20Summer%20Announce%20Australian%20Tour 2013年6月12日閲覧。 
  19. ^ “Luke Hemmings”. (2013年6月13日). https://twitter.com/Luke5SOS/statuses/345187230484156418 2014年7月31日閲覧。 
  20. ^ The Hot Hits (2013年11月21日). “5 Seconds of Summer Got Signed to Capitol Records”. http://www.thehothits.com/news/43471 2013年11月26日閲覧。 
  21. ^ a b c “ワン・ダイレクションと世界ツアー中のファイヴ・セカンズ・オブ・サマー、デビュー・アルバムが世界71ヶ国で1位獲得”. (2014年7月23日). http://www.musicman-net.com/artist/37846.html 2014年7月29日閲覧。 
  22. ^ “5SOS triumph in UK singles charts”. BBC News. (2014年3月30日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-26813060 2014年3月30日閲覧。 
  23. ^ Paul Cashmere (2014年4月9日). “5 Seconds of Summer Debuts at No 2 in USA”. http://www.noise11.com/news/5-seconds-of-summer-debuts-at-no-2-in-usa-20140409 2014年4月10日閲覧。 
  24. ^ “5 Seconds of Summer Twitter”. (2014年5月8日). https://twitter.com/5SOS/statuses/464554534585769984 2014年7月29日閲覧。 
  25. ^ a b “話題沸騰中のポップ・ロック・バンド“5SOS” 洋楽チャートで3連続No.1獲得”. (2014年7月30日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/21529 2014年7月30日閲覧。 
  26. ^ 5 Seconds of Summer - Facebook”. Facebook.com. 2014年5月13日閲覧。[リンク切れ]
  27. ^ “「#5SOSアルバム発売」記念!第2回ツイキャス実施決定!”. (2014年6月30日). http://www.universal-music.co.jp/5sos/news/2014/06/30/ 2014年7月1日閲覧。 
  28. ^ “5 Seconds Of Summer featuring Scott Mills – Hearts Upon Our Sleeve”. (2014年6月2日). http://www.bbc.co.uk/programmes/p02021fy 2014年7月30日閲覧。 
  29. ^ “Amnesia”. (2014年7月29日). http://twitter.com/5SOS/status/494204544721903616 2014年7月31日閲覧。 
  30. ^ “豪バンド「ファイブ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)」、“ネクスト ワン・ダイレクション”と呼ばれるのは本意じゃない!? その真意は?”. (2014年3月28日). http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/16292.html 2014年7月29日閲覧。 
  31. ^ “5 Seconds of Summer Facebook”. http://www.facebook.com/5secondsofsummer/info 2012年8月8日閲覧。 
  32. ^ The Hot Hits (2012年9月12日). “5 Seconds of Summer Join Hot Chelle Rae's Australian Tour”. http://www.thehothits.com/news/34218/5-seconds-of-summer-join-hot-chelle-rae%27s-australian-tour 2012年9月12日閲覧。 
  33. ^ Poppy Reid (2013年2月14日). “Sydney's 5 Seconds of Summer support 1D on World Tour”. http://www.themusicnetwork.com/music-news/live/2013/02/15/sydneys-5-seconds-of-summer-support-1d-on-world-tour/ 2013年2月17日閲覧。 
  34. ^ 5 Seconds of Summer (2014年3月1日). “Facebook”. https://www.facebook.com/events/231446573708451 2014年3月1日閲覧。 
  35. ^ NovaFM (2012年7月17日). “5 Seconds of Summer Twenty Twelve Tour”. http://www.novafm.com.au/article/5-seconds-summer-twenty-twelve-tour 2012年8月11日閲覧。 
  36. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer Twitter”. https://twitter.com/5secsofsummer/status/244694181396766720/photo/1 2012年9月9日閲覧。 
  37. ^ Under The Radar. “Under The Radar NZ”. http://www.undertheradar.co.nz/gig/29477/5-Seconds-Of-Summer-AUS.utr 2012年11月9日閲覧。 
  38. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // 'SOMEWHERE NEW' EP Launch supported by Nine Sons of Dan”. https://www.facebook.com/events/472119446143805/?ref=5 2014年3月26日閲覧。 
  39. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // London Acoustic Show & M+G”. https://www.facebook.com/events/383408848424907/?ref=5 2014年3月26日閲覧。 
  40. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // Manchester Acoustic Show & M+G”. https://www.facebook.com/events/168347853321588/?ref=5 2014年3月26日閲覧。 
  41. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // London + Birmingham Headline Shows”. https://www.facebook.com/events/626456994034339/?ref=5 2014年3月26日閲覧。 
  42. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // Sydney Headline Show”. https://www.facebook.com/events/187950178023567/?ref=5 2014年3月26日閲覧。 
  43. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // London Headline Show”. https://www.facebook.com/events/481398581941369/ 2014年3月26日閲覧。 
  44. ^ 5 Seconds of Summer. “5 Seconds of Summer // London Headline Show”. https://www.facebook.com/events/492218740861568/ 2014年3月26日閲覧。 
  45. ^ “SugarsCape”. http://www.sugarscape.com/main-topics/music/989570/5-seconds-summer-announce-2014-uk-tour-agh 
  46. ^ Lucy Wood (2014年3月5日). “5 Seconds of Summer announces 5 Countries 5 Days European Tour”. http://www.sugarscape.com/node/1023050 2014年3月7日閲覧。 
  47. ^ 5 Seconds of Summer (2014年2月19日). “Twitter”. https://twitter.com/5SOS/status/435942340880912384 2014年2月19日閲覧。 
  48. ^ 'ROCK OUT WITH YOUR SOCKS OUT' 2015 UK & EUROPEAN TOUR !” (2014年7月7日). 2014年7月10日閲覧。
  49. ^ “This boy band thing just isn't working out for us :L lol”. (2013年4月9日). http://www.keek.com/!9dzEbab 2014年4月6日閲覧。 
  50. ^ “日本公式サイト・オープン!”. (8 Febrary 2014). http://www.universal-music.co.jp/5sos/news/2014/02/8/ 2014年3月21日閲覧。 
  51. ^ “日本オフィシャル・ツイッター・アカウント オープン!”. (2014年3月10日). http://www.universal-music.co.jp/5sos/news/2014/03/10/ 2014年3月21日閲覧。 
  52. ^ “デビュー・アルバム発売中止のお知らせ”. (2014年6月11日). http://www.universal-music.co.jp/5sos/news/2014/06/11/ 2014年7月1日閲覧。 
  53. ^ “『ドント・ストップ』国内盤EP、発売決定!”. (2014年6月16日). http://www.universal-music.co.jp/5sos/news/2014/06/16/ 2014年7月1日閲覧。 

外部リンク[編集]