eBay

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
eBay Inc.
EBay logo.svg
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ EBAY 1998年9月24日上場
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンノゼ
設立 1995年9月3日
業種 小売業
事業内容 インターネット通信販売オークション
代表者 社長CEO ジョン・ドナホー
会長 ピエール・オミダイア
売上高 59億6900万米ドル(2006年)
従業員数 1万1600人(2006年)
主要子会社 PayPalSkype
関係する人物 ジェフリー・スコール(初代社長)
メグ・ホイットマン
外部リンク http://www.ebay.co.jp/
テンプレートを表示

eBay Inc.(イーベイ)は、インターネット通信販売オークションを手がけるアメリカ会社である。インターネットオークションでは世界最多の利用者を誇る。

歴史[編集]

1995年9月、カリフォルニア州サンノゼピエール・オミダイアにより AuctionWeb の名称で設立され、1997年9月に現社名へ変更されている。社名はオミダイアのコンサルティング会社 Echo Bay Technology Group に由来し、echobay.com がすでに登録済みであったため縮めて eBay.com とした[1]。1997年半ばには1日当り約80万のオークションを処理し、1998年までには100万人以上の利用者を獲得するまでに成長[2]。1998年9月には NASDAQ株式を公開した。

世界展開[編集]

日本への進出[編集]

日本へは、1999年10月に日本法人「イーベイジャパン」設立、日本電気と組んで2000年にオンラインオークションサイトとして進出したが[3]、先行していたYahoo!オークションに太刀打ちできず、会員が集まらなかったこともあって2002年3月31日に撤退した[4]。この直後、ライバルであったYahoo!オークションは出品料、落札システム利用料を導入した。

その5年後の2007年12月、過去のライバルであったYahoo!オークションとの提携を発表。eBayに出品されている商品を日本から購入できる購買代行サイトセカイモンを立ち上げた。[5] [6]

2007年6月時点、eBayは世界28ヶ国に拠点を広げ、正規登録者数2億3,000万人、出品点数10数億点の地球規模のインターネットオークションサイトに拡大。2007年PayPalの日本語サイトやeBayの日本語ポータルサイトが登場した。[7]

2009年には年間取引額が5兆2000億円になり、元々オークションサイトとしてスタートしたeBayだが、月額費用を支払うことでeBayサイト内に「ストア」を構えて、商品ページをカスタマイズするなど、セラー(販売者)側への販売支援に力を入れはじめた。

日本からよく出品されているカテゴリーとして「中古ブランド品」「時計」「衣類」「アクセサリー」「カメラ」「一眼レフレンズ」など。

Gmarketとの提携[編集]

米eBayと、Gmarketの創業者であるグ・ヨウンベは、2010年5月、2000万ドルを49対51の比率で合弁会社を設立した[8]。新規法人、Giosis Gmarketは当面、日本・シンガポールで電子商取引を展開、将来的には他のアジア地域への展開も展望に入れている。

サンノゼの本社

日本人向けサポート[編集]

2009年よりイーベイ・ジャパン株式会社はセラー支援(アメリカ、イギリス、オーストラリアなどにあるeBayマーケットプレイスへの出店企業の拡大)を行っている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]