辻井伸行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辻井 伸行
}
基本情報
出生 1988年9月13日(25歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都 豊島区
学歴 東京音楽大学付属高等学校卒業
上野学園大学在学中
ジャンル クラシック音楽
現代音楽
付随音楽
職業 ピアニスト
作曲家
担当楽器 ピアノ
活動期間 1998年 -

辻井 伸行(つじい のぶゆき、1988年9月13日 - )は、日本ピアニスト。2009年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて日本人として初優勝した。上野学園大学在学中。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄田部京子に師事している。

略歴[編集]

東京都豊島区出身。産婦人科医の父と元アナウンサーの母のもとに生まれる。出生時から眼球が成長しない「小眼球」と呼ばれる原因不明の障害を負っていた。筑波大学附属盲学校(現在は視覚特別支援学校)小学部を経て[1]東京音楽大学付属高等学校(ピアノ演奏家コース)卒業。

1995年平成7年)、7歳で全日本盲学生音楽コンクール器楽部門ピアノの部第1位受賞。10歳となった1998年平成10年)、三枝成彰スペシャルコンサートで本名徹次指揮、大阪センチュリー交響楽団と共演し、鮮烈なデビューを飾った。

1999年(平成11年)(11歳)、全国PTNAピアノコンペティションD級で金賞を受賞した。

2000年(平成12年)(12歳)、第1回ソロ・リサイタルをサントリーホール小ホールにて行い、翌2001年(平成13年)すぐに第2回のソロ・リサイタルを開催した。この他に、神戸音楽祭に出演するなど日本各地でコンサート活動を行っている。

2002年(平成14年)に「佐渡裕ヤングピープルズ・コンサート」に出演した。また同年、東京オペラシティ・コンサートホールで行われた金聖響指揮、東京交響楽団とのコンサートでは、モーツァルトショパンのピアノ協奏曲2曲を演奏し、大成功を収めた。

2003年(平成15年)には齊藤一郎指揮、読売日本交響楽団と共演し、この公演は日本テレビ深夜の音楽会」で放送された。また秋山和慶指揮、東京交響楽団とサマーコンサート2003に出演した。

2004年(平成16年)には東京交響楽団の定期公演に出演し、大きな反響を得る。

2005年(平成17年)6月に、レオシュ・スワロフスキー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、大成功を収めた。同年10月、ワルシャワで行なわれた第15回ショパン国際ピアノコンクールにて「ポーランド批評家賞」を受賞した。

2009年(平成21年)6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝である。同年7月13日台東区民栄誉章を受章した。

2013年(平成25年)日本ショパン協会賞を受賞する。

人物[編集]

  • ピアノの他に趣味は水泳、スキー、スケート、登山、ハイキング、カラオケなど。
  • 好きな女性のタイプはフィギュアスケート選手の浅田真央

活動[編集]

すでに海外での活動も行っており、カーネギーホール・ワイルリサイタルホールにてアメリカ・デビューを飾った。ロシアモスクワ音楽院大ホール)、チェコ台湾などでも演奏している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年5月1日 EXILE ATSUSHI&辻井伸行『それでも、生きてゆく』 RZCD-59395
RZCD-59394
オリコン初登場3位、登場回数11回


アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2007年10月24日 debut AVCL-25178/9 オリコン2位、登場回数59回
2nd 2008年10月22日 辻井伸行× 佐渡裕『ラフマニノフピアノ協奏曲第2番 AVCL-25370 オリコン3位、登場回数24回
3rd 2009年9月9日 感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ KKCC-533 オリコン17位、登場回数38回
4th 2009年9月16日 ショパン・コンクール2005〜ショパン作品集 VICC-60722/3 オリコン128位、登場回数8回
5th 2009年12月30日 辻井伸行 世界が感動した奇跡のコンクール・ドキュメント AVCL-25485 オリコン76位、登場回数8回
6th 2010年3月24日 マイ・フェイヴァリッツ・ショパン AVCL-25489 オリコン19位、登場回数16回
7th 2010年4月28日 感動のショパン〜ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ KKCC-534 オリコン25位、登場回数8回
8th 2010年9月15日 展覧会の絵 AVCL-25498 オリコン43位、登場回数7回
9th 2010年2月23日 辻井伸行×佐渡裕『チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 AVCL-25725 オリコン176位
10th 2011年2月23日 辻井伸行×佐渡裕『チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 AVCL-25723/4 オリコン249位
11th 2011年7月27日 神様のカルテ〜辻井伸行 自作集 AVCL-25736
AVCL-25737/8(SPECIAL EDITION)
オリコン初登場24位、登場回数27回
12th 2011年12月28日 辻井伸行/カーネギーホール・デビューLIVE AVCL-25747 オリコン初登場57位、登場回数7回
13th 2012年9月5日 モーツァルト・アルバム AVCL-25765 オリコン初登場67位、登場回数13回
14th 2012年10月17日 辻井伸行 plays 花は咲く AVCL-25770 オリコン初登場22位、登場回数25回
15th 2012年12月26日 ジェニーへのオマージュ ~ 自作アルバム[CD]+ 自作コンサート[DVD] AVCL-25771 オリコン初登場254位
16th 2013年9月11日 月の光 ~ 辻井伸行 plays ドビュッシー AVCL-25794 オリコン初登場73位、登場回数6回
17th 2013年12月4日 英雄ポロネーズ、ラ・カンパネラ~日本ツアー≪ショパン&リスト≫ スペシャルCD AVCL-25817 オリコン初登場112位、登場回数4回
18th 2014年2月26日 高音質シリーズ 3 マイ・フェイヴァリット・ショパン AVCL-25814 オリコン初登場-位

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年6月25日 川のささやき〜辻井伸行サントリーホールLIVE! AVBL-25520 オリコン7位、登場回数8回
2nd 2012年2月8日 辻井伸行 カーネギーホール・デビューLIVE≪完全版≫ AVBL-25528(DVD)
AVXL-25529(Blu-ray)
オリコン初登場位
3rd 2013年5月22日 辻井伸行×ゲルギエフ『白夜祭』≪LIVE≫ AVBL-25533(DVD)
AVXL-25534(Blu-ray)

参加作品[編集]

  • 『それでも、生きてゆく オリジナル・サウンドトラック』(2011年8月10日)AVCL-25740
  • 『はやぶさ 遥かなる帰還 オリジナル・サウンドトラック』(2012年2月8日)AVCL-25751
  • 『Tears 感涙のTV・映画テーマ集』(2012年3月28日)AVCL-25752
  • 『日本の歌~花は咲く』(2012年11月21日)AVCL-25769

書籍[編集]

  • 辻井いつ子『今日の風、なに色? 全盲で生まれたわが子が「天才少年ピアニスト」と呼ばれるまで』(2000年9月)
  • 辻井いつ子『のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで』(2008年11月)
  • 神原一光『ピアニスト辻井伸行奇跡の音色 恩師・川上昌裕との12年間の物語』(2011年3月/文庫2013年4月10日)
  • 神山典士『ピアノはともだち 奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』(2011年4月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 筑波大学HP 2009年6月7日 本学附属学校卒業の辻井伸行さんがバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝
  2. ^ 辻井伸行 至福の音色 NHK「クローズアップ現代」に出演 - 個人ブログ
  3. ^ その後、2011年2月18日に同番組の放送回「金澤翔子泰子ダウン症の子供と母が歩んだ20年」の冒頭にも障がいというハンディキャップを親子で克服してきたという番組趣旨から辻井親子が登場しているシーンが使用された。

外部リンク[編集]