金聖響

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金聖響
各種表記
ハングル 김성향
漢字 金聖響
発音: キム・ソンヒャン
ローマ字 Seikyo Kim
(オフィシャルサイト等の表記に基づく)
テンプレートを表示
金 聖響
基本情報
出生 1970年1月12日(44歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府池田市
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者
担当楽器 指揮

金 聖響(きむ せいきょう / 김성향(キム・ソンヒャン)、本名非公表1970年1月12日 - )は、在日韓国人3世のクラシック音楽指揮者。家族は大阪在住の両親、妹の3人。本人を除き全員がアメリカ国籍。[1]両親の苗字は大升[2](おおます)。

人物[編集]

大阪府池田市出身。14歳で渡米。1992年ボストン大学哲学科卒業、1995年ニューイングランド音楽院大学院指揮科マスター課程修了、1997年ウィーン国立音楽大学指揮科で湯浅勇治、レオポルド・ハーガーの各氏に師事。タングルウッド音楽祭に奨学聴講生として参加し、小澤征爾らに師事する[3]

古楽が作曲された当時の演奏形態を再現する「ピリオド奏法」を現代楽器で再現する試みに取り組んでいる。日本の他、パリ韓国などでも活動している。この他オーケストラ・アンサンブル金沢シエナ・ウインド・オーケストラとも共演を果たしている。

1998年「ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール」で優勝。その後「パシフィック・ミュージック・フェスティヴァル(PMF)」等の音楽祭で実績を重ね、国内外のオーケストラへ客演。海外ではデンマーク国立放送交響楽団、パリのラムルー管弦楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団、ベルギー・フランダース交響楽団などへの客演で好評を博した。また、国内では全国の主要オーケストラに客演を重ねている。

2009年4月から神奈川フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任し、同年12月よりオーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・パートナーに就任。また、2010〜2012年シーズン、ベルギー・フランダース交響楽団の首席指揮者を歴任した。

2010年からスタートした神奈川フィルとの「マーラー・シリーズ」は大変好評を博し2013年まで行われた。CDはオーケストラ・アンサンブル金沢を指揮して、2003年にスタートしたベートーヴェンの交響曲全曲録音プロジェクトが2011年5月「ベートーヴェン:交響曲第4番、第8番」をリリースして完結した。また、2007年からスタートしたブラームスの交響曲全曲録音プロジェクトは、2009年9月に交響曲第4番および全集をリリースし完結。

著書では、作家・玉木正之との共著・第3弾となる『マーラーの交響曲』が2011年12月に講談社現代新書より発売された。

本人曰く「ゴルフとカメラはプロ並み」とのことであり、BS-TBS(ゴルフ番組)[4]リコー(カメラ)[5]の取材を受けている。

年譜[編集]

1996年
  • 第2回若手指揮者のための国際コンクール最高位受賞。
1998年
  • ニコライ・マルコ国際指揮者コンクール優勝[3]
2003年
2009年
2010年
  • 9月 - フランダース交響楽団(ベルギー)首席指揮者(任期3年)[3][6]。契約は2013年3月 (2年 7ヶ月)満期を待たずに解除。
2013年
  • 4月1日- 株式会社Office T から株式会社サモンプロモーションに移籍したが、現在は公式サイトからプロフィールが削除されている[7]

著作[編集]

  • 金聖響・玉木正之『ベートーヴェンの交響曲』講談社現代新書、2007年11月20日、ISBN:978-4-06-287915-6
  • 金聖響・玉木正之『ロマン派の交響曲』講談社現代新書、2009年5月20日、ISBN:978-4-06-287990-3
  • 金聖響・玉木正之『マーラーの交響曲』講談社現代新書、2011年12月20日、ISBN:978-4-06-288132-6

脚註[編集]

外部リンク[編集]