シャンゼリゼ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯48度51分57秒 東経2度18分10秒 / 北緯48.86584度 東経2.3029度 / 48.86584; 2.3029

Théâtre des Champs-Élysées
外観
都市 パリ
住所 15 avenue Montaigne
建築家 Auguste Perret
所有者 Caisse des Dépôts et Consignations
収容人数 1905
種類 歌劇場
開業 1913
www.theatrechampselysees.fr
内部

シャンゼリゼ劇場:Théâtre des Champs-Élysées)は、フランスパリ8区にある劇場である。アール・ヌーヴォー様式建築の代表作といわれる。名前はシャンゼリゼだが、シャンゼリゼ通り沿いではなくモンテーニュ通り沿いにある。

歴史[編集]

1913年完成。オーギュスト・ペレが設計し、アントワーヌ・ブールデルモーリス・ドニエドゥアール・ヴュイヤール、グザヴィエ・ルセル(Xavier Roussel)が美術を担当した。

ジャーナリストで興行主であったガブリエル・アストゥリュクにより、オペラ座のような伝統的な劇場に対抗して、新時代の劇場にふさわしい現代的な作品を上演することが提案された。それに従い、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)を迎えて最初のシーズンに備えることになった。そのシーズンにクロード・ドビュッシーの『遊戯』(5月15日)、ストラヴィンスキーのバレエ「春の祭典」(5月29日)の初演が行われた。『春の祭典』のあまりの前衛性が大スキャンダルを巻き起こしたことは音楽史上有名な事件である。

当初私的な劇場として発足したが、劇場主のアストリュクは8月に破産[1]1970年からCaisse des Dépôts et Consignationsがスポンサーになった。

現状[編集]

現在、シャンゼリゼ劇場ではオペラが年に3回公演される。オーケストラピットの大きさの都合で、バロック時代の作品や、小管弦楽のための作品が上演されることが多い。

フランス国立管弦楽団ラムルー管弦楽団の2つの管弦楽団がシャンゼリゼ劇場を本拠地としているほか、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団もフランスでの活動拠点としている。フランス放送フィルハーモニー管弦楽団パリ室内管弦楽団なども、シャンゼリゼ劇場でコンサートを行うことが多い。

そのほか、舞踏室内楽リサイタルポピュラー音楽などのイベントでもよく使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 芳賀道子『バレエ・リュス その魅力のすべて』国書刊行会、2009年、年譜6ページ

外部リンク[編集]