アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ作品22Andante spianato et Grande Polonaise brillante )は、フレデリック・ショパンの管弦楽とピアノによる協奏曲的作品。1831年に管弦楽とピアノによるポロネーズ部が作曲されたが、後の1834年に前奏としてピアノ独奏による「アンダンテ・スピアナート」の部分が作曲され、1836年に現在の形でピアノ独奏版と共に出版された。

ピアノの弟子であったフランス・サラ・デスト男爵夫人(Frances Sarah d'Est)に献呈されている。

編成[編集]

独奏ピアノフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トロンボーンティンパニ弦五部

楽曲構成[編集]

アンダンテ・スピアナートとポロネーズの2つの部分からなる。

Andante spianato

ト長調。8分の6拍子。ピアノ独奏による前奏の部分。spianatoイタリア語で「滑らか」の意)の名の通り、左手が奏でる流麗なアルペジョ伴奏に乗って、右手の旋律線が装飾音に彩られて滑らかに流れ、その間にレシタティーヴォが効果的に挿入される。

Polonaise

コーダの付いた三部形式ト音のファンファーレで序奏が開始され、転調の後に変ホ長調の主部が現れる。ピアノ独奏部分は明るく華やかな内容で、特に右手の装飾音に高度な技巧が要求される。その一方、管弦楽部分はピアノ独奏の合いの手程度に現れるに過ぎず、これもショパンの手によるものかは疑問が呈されている。現在では自編のピアノ独奏版で演奏されるのが圧倒的に多い。ショパンのポロネーズ作品の特徴として見られる三連符の挿入は、本作でも効果的に使用されている。

演奏時間は約14分。

備考[編集]

映画『戦場のピアニスト』のエンディングで使用されている。


外部リンク[編集]