ポロネーズ第5番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポロネーズ第5番嬰ヘ短調 作品44は、フレデリック・ショパン1841年に作曲。同年出版された。次作の英雄ポロネーズと同様に雄渾な曲想と中間部にマズルカを取り入れた新しい形になっている。

概要[編集]

完成前に友人に「より新しい形式のポロネーズ」として紹介したこともあり、規模も大きい自信作である。序奏と後奏のついた三部形式。 献呈先はシャルル・ド・ボーヴォ公爵夫人。 英雄ポロネーズとは対照的な悲劇的な作品で、演奏時間も10分以上を要する大作。 中間部にマズルカをはさむことにより、ショパンはポロネーズとマズルカというポーランドの伝統的なリズムを一つの曲で表現することに成功した。 海外では"Tragic(悲劇的)"というタイトルで呼ばれることがある。 英雄ポロネーズに隠れてしまい、演奏会で取り上げられる機会は少ないが、その分演奏者の力量が光る逸作でもある。また両手オクターブが多く演奏には体力と技術が必要である。

構成[編集]

Maestoso

序奏は嬰ハ長調の素材。三連符-四連符-オクターヴ奏法と繰り返すごとに規模と音量を増して主調による解決を効果的にしている。聴衆によっては熱烈な問いかけの部分といわれる。

主題は左手ポロネーズリズムに乗り、右手が三度・オクターヴの和声でうなりをあげる。途中転調して変ロ短調変イ長調の部分を入れて、変化をつけている。左手部はオクターヴか音階かのいずれかであり音量が大きい。平行調イ長調により、32分音符8分音符のポロネーズリズムがユニゾンで数回繰り返される。ここが終わると次のマズルカが歌われる。

Tempo di mazurka

中間部はdoppio movimentoのマズルカ。イ長調で三度の和声が美しい。ホ長調に転調しながら繰り返される。動機の短縮により序奏の嬰ハ長調の素材を誘導し、再現部に移る。

外部リンク[編集]