幻想ポロネーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幻想ポロネーズ(げんそうポロネーズ、Polonaise-Fantaisie変イ長調作品61は、フレデリック・ショパンピアノ独奏曲。1846年に出版され、A.ヴェイレ夫人に献呈された。

ポロネーズ第7番」ではあるが、所々にポロネーズ的リズムは散見されるも、構成からは幻想曲に近い。実際、ショパンは当初この曲の題を「幻想」としており、ポロネーズとしてではなく幻想曲として作曲していた。複雑な和声と自由な形式をもつ独創的な作品で、ショパンの単一楽章作品としては大規模な部類に入る。

作品[編集]

「この痛ましい幻影は芸術の域を超えている」というフランツ・リストの感傷的な評を始めとして、長らく正当な評価を受けなかったが、アルトゥール・ルービンシュタインヴラジーミル・ホロヴィッツの演奏もあり20世紀半ばになって人気が出た。現在は同時期に書かれた舟歌(作品60)チェロソナタ(作品65)とともに最晩年の傑作とされる。

印象[編集]

この曲は実に苦痛の中で作曲され、ジョルジュ・サンドとの決裂と肺病の悪化がこの曲の背景と言われている。確かにこの曲想は彼独特の美しさが飛び交うのだが、その先は非常に自虐的で襲い掛かる苦痛の中から無気力的に避けようとする動機が所々現れる為、実に悲しく聞こえる。作曲者が自らの生涯を回顧した際に抱いたであろう様々な情痕を曲に顕わしたようでもあり、幻想的に何か燃え尽きる魂が倒れる寸前の最後の光と言える凄まじい己の戦いの様なものがある。しかしそれが他の作曲者と違い、後半の戻ってくる全奏での主題のメロディーは、どこか転げまわる様な狂気と耐えられない現実に幻の中で狂喜しているかのようにも聞こえ、調性は未だに研究家たちの課題と言われるほど芸術的である。最後の最後で打ち切られるかのように音程は下降し、まさに今そこで力尽き、全てを紛失してしまうかのような情景をこれでもかと譜面上に表しているかのようでもある。作曲者の辞世の句ならぬ「辞世の詩」のようですらある。

楽曲[編集]

5つの主題(第1、第2の主題がポロネーズ風)による自由な形式を持ち、ショパンらしい悲愴なパッセージもしばしば現れるが、全体を支配するのは美しくも夢幻的な雰囲気であり、終盤では何かが沸き起こるかのようなAllegro maestosoから、最後はやや快活なスケルツォ風に終わるなど、多彩な内容を持つ。

調性や、冒頭の4度降下のモチーフなど、幻想曲(作品49)との共通点も指摘される。

構成[編集]

  1. Allegro maestoso変イ短調(調号は変イ長調)、序奏。テンポ設定は緩く、自由即興的な転調を楽しむ。
  2. Allegro maestoso、変イ長調、第1主題。ポロネーズのダンスリズムが登場。
  3. Allegro maestoso、変イ長調、第2主題 — ホ長調 — 変イ長調
  4. Allegro maestoso、変ロ長調、第3主題 — ロ短調。右手の華やかな走句が印象的。
  5. Poco più Lento、ロ長調、第4主題。穏やかなコラール風の部分。
  6. Poco più Lento、嬰ト短調/ロ長調、第5主題。左手シンコペーションが加わり、右手は半音階的な旋律を歌う。
  7. Poco più Lento (lento)、ロ長調、序奏の再現
  8. Poco più Lento、ヘ短調/変イ長調、第5主題―Allegro maestoso
  9. Allegro maestoso、変イ長調、第1主題。三連符が右手中声部に現れる。
  10. Allegro maestoso、変イ長調、第4主題。最後に高い主和音が曲の終わりを告げる。

外部リンク[編集]