ジムノペディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Performed by Robin Alciatore. Courtesy of Musopen

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ジムノペディ』(Gymnopédies) は、エリック・サティ1888年に作曲したピアノ独奏曲。

第1番から第3番までの3曲で構成され、それぞれに指示があり、

  • 第1番「ゆっくりと苦しみをもって」(Lent et douloureux)
  • 第2番「ゆっくりと悲しさをこめて」(Lent et triste)
  • 第3番「ゆっくりと厳粛に」(Lent et grave)

となっている。

解説[編集]

3/4拍子のゆったりとしたテンポ、装飾を排した簡素な曲調、独特の愁いを帯びた旋律が特徴として挙げられ、とくにこの曲の第1番がサティの代表的作品として、タイトルとともに知られるようになった。『ジムノペディ』とは、青少年を大勢集めて全裸にして踊らせて、古代ギリシアアポロンバッカスなどの神々をたたえる「ジムノペディア英語版[1]古代ギリシア語: Γυμνοπαιδίαι、ギュムノパイディア)」という祭典に由来しており、サティはこの祭りの様を描いた古代の壺を見て曲想を得たといわれる。また、一説には彼が愛読してやまなかったギュスターヴ・フローベールの『サランボー』からインスピレーションを得て作曲したとも言われている[2]

あまり表舞台に出たがらないサティのために、友人であったクロード・ドビュッシーによって、1897年に、単一のピアノ曲からより大きな規模による演奏形態である管弦楽曲に編曲された(第1番と第3番)。「なぜ第2番を編曲しなかったのか?」という問いに、ドビュッシーは「第2番まで編曲して聞かせるには少し退屈だから」と答えたといわれる。また編曲の際、ドビュッシーの意図によりジムノペディの第1番は第3番として、第3番は第1番として番号をひっくり返されている。

  1. ^ 何日間もアポロンの神々を讃えて裸身の若者達が神々の像の前で踊り、合唱し、詩を朗唱する儀式である。
  2. ^ どちらも、秋山邦晴『エリック・サティ覚え書』(青土社、2005年)参照

日本での普及[編集]

日本では、戦前に早坂文雄と共にサティ作品の演奏・紹介に努めていた伊福部昭が、1951年に著した「音楽入門―音楽鑑賞の立場」において『人類が生みえたことを神に誇ってもよいほどの傑作』と絶賛していたが、当時は曲自体ほとんど知られることは無かった。1975年に開館した西武美術館において、それまでタブーとされていた美術館内での環境音楽として使用され、この曲が多くに認知されるようになった。

この曲には気分を落ち着かせる効果もあるとされ、例えば病院における血圧測定中に心身の緊張をほぐすBGMとして流されたり、精神科などでは心理療法の治療の一環として使用されることもある。また、演劇やTV番組の静かな場面でのBGMとして流されることも多い。

ジムノペディを題材にした作品[編集]

関連項目[編集]