交響曲第14番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第14番 ト短調 作品135は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した交響曲である。

概要[編集]

この曲において、調性はあまり機能していないが、前半ではト短調が認められる。

11の楽章から構成される。ソプラノバス独唱がついており、マーラーの交響曲「大地の歌」との類似性が指摘されている。歌詞は、ガルシア・ロルカ(スペイン)、ギヨーム・アポリネール (フランス)、ヴィルヘルム・キュッヘルベケルロシア語版(ロシア)、ライナー・マリア・リルケ(ドイツ)の詩によるもので、いずれもをテーマとしている。

無調12音技法トーンクラスターなどの当時のソビエトでは敬遠されていた前衛技法が、ショスタコーヴィチなりに消化した手法で用いられていることが特筆され、前述のマーラームソルグスキーブリテンなどショスタコーヴィチ自身が好んだ作曲家の影響がみられる。 なお、この曲はベンジャミン・ブリテンに献呈され、ブリテンによって1970年のオールドバラ音楽祭にて英国での初演がなされている。

初演[編集]

1969年9月29日ルドルフ・バルシャイ指揮 モスクワ室内管弦楽団

初演時のエピソード[編集]

この曲の作曲のきっかけは、ショスタコーヴィチが1962年に「死の歌と踊り」の管弦楽向けの編曲を行ったことに由来する。ショスタコーヴィチは体調の悪化から死を意識するようになり、この作品を一つの集大成とみなしていた。治療のための入院中にもかかわらず恐るべき集中力で作曲に没頭、わずか4週間でスケッチを完成させた。「この作品は画期的なもので、数年間にわたって描きためていた作品はこのための下準備です。」と知人への手紙に書いている。初演前の1969年6月21日、モスクワ音楽院小ホールにおいて、彼自身の強い希望でリハーサルが行われた。

ショスタコーヴィチは、このときのスピーチで「人生は一度しかない。だから私たちは、人生において誠実に、胸を張り恥じることなく生きるべきなのです。」と述べている。

リハーサル演奏中、聴衆として同席していた共産党幹部パーヴェル・アポストロフが心臓発作で倒れ病院に担ぎ込まれた(一月後に死亡)。アポストロフがジダーノフ批判でショスタコーヴィチを批判し窮地に追い込んだ事実を知る人々は、ショスタコーヴィチの作品の祟りと噂した。

初演には当初ガリーナ・ヴィシネフスカヤが予定されていたが、多忙でスケジュールが確保できなかったため、初演を急いだ作曲者の希望でミロシニコワが起用された。このことを知ったヴィシネフスカヤが激怒し、ミロシニコワとの関係が悪化、バルシャイの仲介で、初演の一週間後の10月6日のモスクワ初演にヴィシネフスカヤを起用することで、解決を図った。

曲の構成[編集]

11の楽章から成る。演奏時間は約50分。

第1楽章[編集]

「深いところから」 Adagio

バス独唱と弦楽合奏。歌詞はロルカによる(露語訳はインナ・トゥイニャーノヴァ)。主題の冒頭はディエス・イレを模したものとされる。更にこの主題は第10楽章で回想される。

第2楽章[編集]

「マラゲーニャ」 Allegretto

ソプラノ独唱とヴァイオリン独奏、カスタネット、弦楽合奏。歌詞はロルカによる(露語訳はアナトリー・ゲレースクル1934年-2011年))。

第3楽章[編集]

ローレライ Allegro molto - Adagio

二重唱、ベル、ヴァイブラフォンシロフォンチェレスタ、弦楽合奏。歌詞はアポリネールによる(露語訳はミハイル・クディノフ―以下同様)。

第4楽章[編集]

「自殺者」 Adagio

ソプラノ独唱とチェロ独奏と弦楽合奏。歌詞はアポリネールによる。

第5楽章[編集]

「心して」 Allegretto

ソプラノ独唱とトムトム、鞭、シロフォン、弦楽合奏。歌詞はアポリネールによるもので、兵士とその姉妹の近親相姦をテーマとしたもの。

冒頭のシロフォンは12音からなる音列を奏でる。晩年のショスタコーヴィチが時折用いた12音技法のショスタコーヴィチ流解釈である。古今東西の12音音列の中で最もメロディに富んだ音列のひとつと言える。

第6楽章[編集]

「マダム、御覧なさい」 Adagio

二重唱とシロフォン、弦楽合奏。歌詞はアポリネールによる。

第7楽章[編集]

ラ・サンテ監獄にて」 Adagio

バス独唱と弦楽合奏。歌詞はアポリネールによる。

第8楽章[編集]

「コンスタンチノープルのサルタンへのザポロージェ・コサックの返事」 Allegro

バス独唱と弦楽合奏。歌詞はアポリネールによる。

第9楽章[編集]

「おお、デルウィーク、デルウィーク」 Andante

バス独唱と弦楽合奏。歌詞はキュッヘルベケルによる。

第10楽章[編集]

「詩人の死」 Largo

ソプラノ独唱とヴァイブラフォン、弦楽合奏。歌詞はリルケによる(露語訳はタマラ・シルマン―以下同様)。

第11楽章[編集]

「結び」 Moderato

二重唱とカスタネット、トムトム、弦楽合奏。歌詞はリルケによるもので、人生の結びである死の賛美をテーマとしている。曲の最後ではヴァイオリンが10パートに分かれ、激しい不協和音を奏でる。これはリゲティペンデレツキ等の用いたトーン・クラスターを模したものとされる。

楽器編成[編集]

ソプラノバス
カスタネットウッド・ブロックトムトムベルヴァイブラフォンシロフォンチェレスタ
ヴァイオリン10、ヴィオラ3、チェロ3、コントラバス2

外部リンク[編集]