交響曲第2番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第2番 ロ長調十月革命に捧げる』(じゅうがつかくめいにささげる、Посвящение Октябрю)作品14は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチが作曲した2番目の交響曲である。

概要[編集]

この交響曲は1927年に国立出版(社)のアジトプロップ(アジプロ)局からの委嘱により「十月革命10周年記念日をたたえるため」作曲された[1]。 以前は「最初の混沌の状態から導きの力と意志の発展を描こうとした」が「革命という主題」を扱うには『能力も経験もなかった』ので「失敗」であった、というように評価されていたこともある[2]

当時の前衛的手法と合唱が用いられており、楽章構成を破棄した単一楽章の形式、無調・27声部におよぶウルトラ対位法などの技法が見られる。またいくつかのエピソードがちりばめられており、そのうちの一つではショスタコーヴィチがリティニー大通りで少年が殺されるのを見た際に抱いた個人的な印象の表明が試みられている[3]。 ここでは作品中最も重要なモティーフとしてショスタコーヴィチが1917年4月(11歳)の時に書いた「革命の犠牲者にささげる葬送行進曲(Funeral March for the Victims of the Revolution)が引用されている(後に交響曲第12番の第2楽章、第4楽章に使用される)[4][5]

合唱は、曲の後半部分において、工場のサイレンとともに始まる。これを「労働者の勝利のモチーフ」と考える説もあるが、このサイレンは、作曲者自身による注記で、ホルンとトランペット、トロンボーンによるユニゾンに置き換えることができる[6]。 歌詞はベズィメンスキーの詩から引用され、「革命前に虐げられていた大衆の苦しみ、革命に勝利した大衆の喜びとレーニンへの賛美」を表現し、曲の最後には、レーニンを称えるシュプレヒコールが持ち込まれているが、ショスタコーヴィチはこのベズィメンスキーの詩については「それらが好きではなく、単に嘲笑っていた。」と伝えられ「うんざりしている」と述べていた[1]

ソ連は前衛音楽を弾圧した国家として知られているが、スターリン体制のもとで「社会主義リアリズム」が推進される以前は、革命により新たな社会を建設しようという気運のもと、前衛的芸術活動が盛んであった(ロシア・アヴァンギャルド)。そのためロースラヴェツヴィシネグラツキーなど、当時のロシアの前衛音楽や西欧の最新の音楽の動きが、ソ連の若手作曲家にも影響を与える土壌が存在した。ショスタコーヴィチは前衛音楽団体の「現代音楽協会」の趣旨に賛同し、[要出典]当時の前衛的技法を作曲に取り入れている。

この曲は、革命10周年を記念するコンクールで第1位に選ばれ、また初演でも高く評価された。しかし、1930年代以後のソ連では、当局が前衛音楽を弾圧する政策をとったため、殆ど演奏がなされていない。また西側でも、レーニンを賛美する歌詞が敬遠された。そのためショスタコーヴィチの交響曲の中でもきわめて演奏頻度が低い。

初演[編集]

1927年11月5日ニコライ・マルコ指揮、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団レニングラード国立アカデミー・ア・カペラ合唱団

曲の構成[編集]

単一楽章からなる。演奏時間は約20分。

Largo(序奏)
大太鼓が最弱音で地響きのような音を立てる中、弦楽器が異なった音価をアイヴズの様に同時に奏する。その永遠に続くような混沌とした響きは労働者の嘆きを表現しているように思われる。後半にトランペットが登場し、この場面の頂点を形作る。
Allegro - Poco meno mosso - Allegro molto
活気に溢れた場面へと切り換わる。ここでは作品中最も重要なモティーフ(後に第12番の第4楽章に使用される)が現れ、展開されて力強い行進の音楽が描かれる。
(ウルトラ対位法)
有名な27声によるフガートである。各声部はまったく規則性をもたず、調性すらも統一されていない多調風の部分である。打楽器も入って複雑に発展し、金管楽器の参入によって異様な行進曲風の音楽に統一されてゆく。頂点で突如として祝典的なモチーフが登場し、急速に静まる。
Meno mosso
間奏曲風の物憂い場面である。序奏部やアレグロでのモチーフが浮かんでは消える。最後には独奏バイオリンが高音域に消えてゆくが、突如としてサイレンに静寂を打ち破られる。
(合唱~コーダ)
合唱のバス・パートが力強く歌い始めると、直ちに重厚な発展が加えられ、全音階的かつ壮大なポリフォニーが構築される。合唱はオーケストラの間奏を挟んで一気に歌い上げられ、前半に登場したモチーフも織り込んでクライマックスへ進む。合唱パートは『これこそ旗、これこそ生き生きとした世代の名称、10月、コミューン、そしてレーニン。』というシュプレヒコールで締めくくられる。音楽はロ長調に極まる。

楽器編成[編集]

ソプラノアルトテノールバス
ピッコロ1、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2
ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1
ティンパニトライアングル大太鼓小太鼓シンバルグロッケンシュピールサイレン(嬰ヘ。ない場合はホルン・トロンボーン・チューバで代用する)
第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラチェロコントラバス

ウルトラ対位法[編集]

ウルトラ対位法とは、交響曲第2番における練習番号29以下の構造的説明で、27声部の旋律が互いに独立して何の関連も無しに繰り広げられるポリフォニー作法の呼称。歌劇「」にも見られ、当時のロシア・アヴァンギャルドの特徴である。ジェルジ・リゲティミクロポリフォニーにおける音響作曲法のようなものではなく、あくまでもクラシック旋律作曲法の概念を元にしている。[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b エリザベス・ウイルソン『Shostakovich A LIFE Remembered』2006年、ISBN 978-0571220502 70頁。なお旧版は1995年。
  2. ^ 井上頼豊『ショスタコーヴィッチ』1957年p38,40
  3. ^ エリザベス・ウイルソン 前掲 P71~72 マルコの“A Certain Art”p204~205の引用
  4. ^ “作曲時期は1917年4月といわれている”エリザベス・ウイルソン前掲23頁 脚注 
  5. ^ 最初の6小節までの楽譜はSofia Moshevich『Dmitri Shostakovich, Pianist』2004年、ISBN 0-7735-2581-5 p70頁
  6. ^ ソロモン・ヴォルコフショスタコーヴィチの証言ISBN 978-4122012950 Volkov, Solomon(edt.) (tr.) Antonina W. Bouis,『Testimony: The Memoirs of Dmitri Shostakovich』(New York: Harper & Row, 1979.). Volkov, Introduction p,xxv ISBN 978-0-06-014476-0.
  7. ^ 出典:全音のミニチュアスコアの解説、10ページ(ウルトラ・ポリフォニー)。スコアではその40ページ。寺原伸夫解説。NHKやWDRのFM放送のコメント

外部リンク[編集]

  • 歌詞 英・仏・独訳およびロシア語歌詞(ラテン翻字