サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団: Академический симфонический оркестр Санкт-Петербургской филармонии: Saint Petersburg Philharmonic Orchestra)は、ロシアサンクトペテルブルクの、サンクトペテルブルク・フィルハーモニア協会を本拠として活動するオーケストラである。

このオーケストラの起源は、1772年に発足したペテルブルク音楽協会に遡る。1802年、ペテルブルク・フィルハーモニー協会に改組され、1824年にはベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を世界初演した。

現在のサンクトペテルブルク・フィルの設立は1882年である。設立当初は宮廷管弦楽団であったが、次第に一般対象のコンサートも増え、バラキレフグラズノフなどが指揮台に立った他、ニキシュリヒャルト・シュトラウスもこの頃客演している。

1917年ロシア革命により、宮廷管弦楽団も改組され、初代常任指揮者にセルゲイ・クーセヴィツキーを迎えて再スタートを切る。1920年ペトログラード国立フィルハーモニー交響楽団1924年にペトログラードがレニングラードと改称されると国立フィルハーモニー協会傘下のレニングラード・フィルハーモニー交響楽団といった具合にめまぐるしく改称が続く。団体名の方はレニングラード・フィルハーモニー交響楽団で一応落ち着いたものの、常任指揮者の方はクーセヴィツキーが1920年に辞した後、エミール・クーパー(1921年 - 1923年)、ニコライ・マルコ(1926年 - 1929年)、アレクサンドル・ガウク(1930年 - 1934年)、フリッツ・シュティードリー(1934年 - 1937年)と数年単位で交代が続き、楽員の士気もやや低迷気味だったと言われている。

1938年、35歳のエフゲニー・ムラヴィンスキーが常任指揮者・音楽監督のポストにつき、生涯にわたってポストを全うする。半世紀におよぶムラヴィンスキー治世下で、レニングラード・フィルは全盛期を迎え、名実共にソ連トップ、世界屈指のオーケストラへの躍進を遂げる。1941年に亡命ドイツ人のクルト・ザンデルリング1952年アルヴィド・ヤンソンスが指揮者陣に加わる。レニングラード・フィルの初来日は1958年、その後1970年にも来日しているが、どちらもムラヴィンスキーを伴っておらず、ムラヴィンスキーとの初来日は1973年のことである。その後、1975年1977年1979年と1年おきにムラヴィンスキーと来日した。

1988年、ムラヴィンスキーが没したあと、ユーリ・テミルカーノフが現在に至るまで後任を務めている。団員の多くが入れ替わったことやヴァレリー・ゲルギエフ率いるマリインスキー劇場管弦楽団の躍進などもあって、往年の威光の回復にはもう少し時間がかかるとみられている。

このオーケストラは、ショスタコーヴィチの多くの作品を初演するなど、この作曲家と密接な関係にあり、1975年の作曲家没後に「ドミートリイ・ショスタコーヴィチ記念」という冠称を楽団名に加えた。

1991年ソ連崩壊によって、レニングラードからサンクトペテルブルクに街の名称が復したことに伴い、楽団名も現在の名称に改称された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]