ローレライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライン川にそびえるローレライ
ローレライ像
対岸より眺めたローレライ岩

ローレライ (ドイツ語: Loreley) は、ドイツラインラント=プファルツ州ライン川流域の町ザンクト・ゴアールスハウゼン近くにある、水面から130mほど突き出た岩山のことである。

この岩山は、スイス北海をつなぐライン川の中で、一番狭いところにあるため、流れが速く、また、水面下に多くの岩が潜んでいることもあって、かつては航行中の多くの舟が事故を起こした。 この「ローレライ付近は航行の難所である」ことが、「岩山にたたずむ美しい少女が船頭を魅惑し、舟が川の渦の中に飲み込まれてしまう」という伝説に転じ、ローレライ伝説が生まれた。

現在は幾度にも亘る工事により大型船が航行できるまでに川幅が広げられ、岩山の上には、ローレライセンター (Besucherzentrum Loreley) が建てられている[1]

ライン川下りは、ドイツの観光として有名であるが、ローレライ周辺は、ブドウ畑や古城が建ち並ぶ、見所の多い辺りである。また、この岩山に向かって叫ぶと木霊が返ってくるため、舟人たちの楽しみにもなっていたともいわれている[2]

ハインリヒ・ハイネの詩でも有名である。


語源と由来[編集]

ローレライという語は、古ドイツ語の "luen" (見る、潜む)と "ley" (岩)に由来している。

ローレライはこの岩山を表すと同時に、この岩の妖精、あるいはセイレーンの一種でもあり、ドイツの伝承に由来する、多くの伝説群にしばしば結びつけられる。一番有名なものは、ハイネの "Ich weiss nicht was soll es bedeuten" (何がそうさせるのかはわからないが)で始まる詩であるが、伝わっている物語にはいくつかのバリエーションがある。多くの話に共通するモチーフとしては、ローレライとは不実な恋人に絶望してライン川に身を投げた乙女であり、水の精となった彼女の声は漁師を誘惑し、破滅へと導くというものである。

Der Marner という13世紀の伝説は、岩の下にはニーベルングの黄金が眠っていると伝えているが、この話は、妖精の女王ホルダの伝承と関連がある。彼女はおそらく、フレンシュタインで髪を梳いており、彼女を見た者は視界を失って、訳も分からずに彼女の声に魅了されてしまうのであろう。この伝説は、クレメンス・ブレンターノが、自身の作として1801年に発表した "Godwi" という小説の作中の "Zu Bacharach am Rheine" という詩で有名な神話群の仲間入りをした。

ハイネのローレライ[編集]

『歌の本』「帰郷」の節の二番目の詩がこのローレライにまつわる詩である。1838年にジルヒャーが作曲し、有名になった。日本語の訳詞は明治42年の『女声唱歌』に近藤朔風の訳詞があり、今日まで歌い継がれている。

また、この詩にはフランツ・リストクララ・シューマンなども曲を付けている。

ブレンターノのローレライ[編集]

キャロル・ローズが著した『世界の妖精神話事典』 [3]では、ローレライは古くからある伝承ではなく、ブレンターノの創作であると記されている。

ブレンターノの詩では、ローレライが妖精になる前のこととライン川に飛び込むまでが描かれている。

詩に描かれたローレライは、見る者を虜にしないではおかない美女であり、多くの男達の面目をも失わせてしまうこともあった。裁きの場に出された彼女は、恋人の裏切りに絶望していたこともあって、死を願うが叶えられず、修道院へと送られた。道中で、最後の思い出に岩山から恋人がかつて住んでいた城を見たいと願い出、岩山の上からライン川へと身を投げた。

この詩は、19世紀には多くのオペラ歌曲、短編などの題材となっており、ヘルマン・ゼーリガー (Hermann Seeliger) の "Die Loreleysage In Dichtung Und Musik (1898)" (詩と音楽におけるローレライ伝説)の中で数え上げられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

典拠文献[編集]

  1. ^ 『地球の歩き方 A14 ドイツ 2004-2005年版』1987年初版 2004年7月第17版 ダイヤモンド社
  2. ^ 『地球の歩き方 A14 ドイツ 2004-2005年版』1987年初版 2004年7月第17版 ダイヤモンド社
  3. ^ キャロル・ローズ著 松村一男編訳『世界の妖精・妖怪事典』原書房 2003年

座標: 北緯50度08分22秒 東経7度43分44秒 / 北緯50.13944度 東経7.72889度 / 50.13944; 7.72889