死の歌と踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

死の歌と踊り』(しのうたとおどり、Песни и пляски смерти)は、モデスト・ムソルグスキー1875年に着手し、その2年後の1877年に完成させた、「」を扱った全4曲からなる歌曲集である。歌曲の詞は、遠縁の詩人で当時同居していたアルセニイ・ゴレニシチェフ=クトゥーゾフ(Арсений Голенищев-Кутузов)によるものであり、歌曲集『日の光もなく』も彼の作による。作曲者の死後の1882年に出版された。

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ編曲による管弦楽伴奏版(1962年)もあり、この版で演奏されることも多い(その他にリムスキー=コルサコフグラズノフカレヴィ・アホによる編曲版も存在する)。ショスタコーヴィチ編曲版はガリーナ・ヴィシネフスカヤに献呈された。

曲の内容[編集]

第1曲「子守歌」《Колыбельная》 (嬰ニ短調

病の幼児に「死」がやってきて、母親の抵抗もむなしく、死の子守歌を歌い、幼児の命を奪うという内容。

第2曲「セレナード」《Серенада》 (嬰ニ短調-変ホ短調

病にかかった若い女に「死」が自分のもとへと来るよう、セレナードを歌いながら誘うという内容。

第3曲「トレパーク」《Трепак》 (ニ短調

吹雪の吹く夜の道で、悲嘆と貧困の果てに酒に酔った農夫の老人と「死」が老人に雪の衣を与え、ロシア舞曲の一種であるトレパークを踊リ、夏との夢の後死の眠りに就くという内容。トレパークは2拍子の舞曲で、チャイコフスキーのバレエ音楽『くるみ割り人形』でも用いられている。

第4曲「司令官」《Полководец》 (変ホ短調-ニ短調)

閃光煌き、砲弾が轟き、流血迸る激戦の終わった月夜の戦場に、司令官さながらに現れた「死」が勝利を宣言し、横たわる戦死者に号令をかけ、「生は汝らを引き裂くが我は和解させる。人は汝らを忘れようが我は忘れぬ。」と語り死者を讃える宴の踊りに誘い、最後に「もはや二度と起き上がることはない」と結ぶという内容。この曲のみ1877年に作られた。

関連項目[編集]