ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール(ヴァン・クライバーンこくさいピアノコンクール、The Van Cliburn International Piano Competition)は、アメリカで開催される国際的なピアノコンクール

来歴[編集]

  • チャイコフスキー国際コンクールの第1回の優勝者ヴァン・クライバーンを祝し、1962年より原則4年ごとに開催されている。開催地はテキサス州フォートワース
  • 設立当時、世界最高額の優勝賞金1万ドルを提供することでチャイコフスキー国際コンクールに負けない国際コンクールを目指した。フォートワースは富裕層が多数住んでいる都市で高額な資金提供が可能であった。当時ピアノ教師だったランクフォード夫人が運営していたが、その後石油資産の相続人マーサ・ハイダー夫人に代わり、ハイダー夫人はダラスとフォートワースの上流社会をまとめて多数のスポンサーを獲得、このコンクールを破格の規模にまで大きくして商業主義のスタイルをコンクール運営に持ち込んだ。その後、運営は指揮者アルトゥール・ロジンスキの息子、リチャード・ロジンスキが引き継いでいる。
  • LP録音はコンテスタントの質を保証せず、生で聞くのが一番とされていた当時、優勝者には、第一回当初から優勝賞金2万ドルの他に、コンサート契約が多数含まれていた。クライバーン国際が最も契約の数が多い、ということで話題を集めていた。そのため優勝者は優勝後に多数のコンサートを続けていくうちに消耗させられて演奏家として大成しない、とまで言われた。その唯一の例外はラドゥ・ルプーで、彼は優勝後にコンサートを全てキャンセルして再び勉強のためモスクワに戻った。近年、この膨大なコンサートは以前に比べて数を減らされてはいるが、依然として優勝後3年間のツアー契約がついている。現在は、CD録音やiTunesで高音質のプレイをいつでも聞くことができるようになったことに伴い、「契約は流行らなくなった(キム・デジン)、という話である。
  • 中村紘子は「『優勝賞品』とした与えられたおびただしい数のコンサートを一年以上にもわたって続けされられていくうちに、かえって消耗し切って燃えかすのようになってしまうのでしょうか。」と論じていた[1]
  • コンクール開催に際し、日本人としてはじめて室内楽セミファイナル共演依頼が掛かったのは東京カルテットであり、審美眼の高さが伺える。第13回大会(2009年)では、辻井伸行が日本人として初めてヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで金賞を受賞(優勝)し、話題を呼んだ。また、第2位以下も国際コンクールの覇者が軒並み揃う、激戦であった。

備考[編集]

  • 他の大きな国際コンクールとの相違点は、コンクールのための課題曲をアメリカ人から公募し作曲コンクールを併設していること、それと「練習曲を選ぶ必要がない点」である。かつては大量の課題曲をこなす必要があると恐れられていたが、この点については回を追って改善されている。
  • にもかかわらず、練習曲の全曲(例えばショパン)でプログラミングを構成するコンテスタントもおり、加えて難易度の高いプログラミングを好むヴィルトゥオーゾ志向のコンテスタントが他の国際コンクールに比べて多い。

優勝者一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHK人間講座2003年4月~5月期「国際コンクールの光と影」

参考文献[編集]

  • 吉原真里『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールーー市民が育む芸術イヴェント』(アルテスパブリッシング、2010年)

外部リンク[編集]