華麗なる円舞曲 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

華麗なる円舞曲(かれいなるえんぶきょく)作品34は、フレデリック・ショパンのピアノ独奏曲集で、3曲からなるワルツ集である。

ショパン初期の作品であり、華麗で演奏効果も高い。第1、2曲は1831年に、第3曲は1838年に作曲された。いずれも4分の3拍子である。

作品34-1[編集]

Allegro vivace変イ長調。非常に華やかな曲想。序奏は属七の和音ユニゾンの後主題が始まる。規模内容共に充実したワルツ。音階進行が急速に現れ、題名に恥じない展開。中間部は変ニ長調変ロ短調に転調するが、やはり華やかさが全曲を支配している。右手は常に6度の和声であり、効果ある演奏には訓練が必要。

作品34-2[編集]

Lentoイ短調ロンド形式。前作後作の間にあって、陰鬱な感情が支配している。低音の空虚な5度音程の上に3度の主和音が主題を歌う。演奏は比較的平易であるが感情表現として精神的な要素も必要である。2回平行長調に転調する。コーダでは左手でホ長調アルペッジョを弾いた後、主題が回想される。ショパンがワルツの中でも特に気に入っていた作品でもある。

作品34-3[編集]

Vivaceヘ長調。通称は「猫のワルツ」。属七の和音を繰り返し序奏が始まる。スタニスラフ・ブーニンの来日時に高速で演奏され、有名になった。