アルペッジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンセサイザによる演奏。はじめフルート似の楽器とハープとがさまざまな和音をアルペジオで奏で、後半は弦楽器が加わる。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

アルペッジョあるいはアルペジオ (: Arpeggio) とは、和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法。日本においては順番に弾くことだけではなく、コードを抑えた状態で弦を一本ずつ弾く事全般を言う場合もある。「ハープ: arpa)を演奏する」という意味のイタリア語 "arpeggiare" を語源としている[1]。余韻の長い鍵盤楽器撥弦楽器などで効果を発揮し、管楽器ではほとんど使用されない[1]琵音(びおん)ともいう。

概要[編集]

アルペッジョは分散和音の一種であるが、発声が上昇もしくは下降の音高順に発音され(例:ドミソド)、ランダム発声や同音反復を含むパターン(例:ドソミソ)はこれに該当しない。ただし、日本においては「分散和音」と「アルペッジョ」は厳密に区別されることなく使用されることがある[1]

Arpeggio.png

アルペッジョの指定は譜例の1段目の2小節目のような波線や、音符の上部にArpeggioと書くことで行われる。実際の演奏においては、譜例のように、初音を記譜位置に合わせ全和音の演鳴は遅らせる奏法と、初音を前倒して記譜位置に最終音(全和音)を鳴らす奏法の両者が認められている。

ギター奏法におけるアルペッジョとは、コードを構成する音をひとつひとつ弾いていく奏法である。

奏法[編集]

左手で弦を押さえる場合には右手の親指・人差し指・中指・小指の四本で弾く(右手で押さえる場合には左手)。それぞれの指に記号が付いている。親指はp、人差し指はi、中指はm、薬指はa。親指は6~4弦、人差し指が3弦、中指が2弦、薬指が1弦の場合が多い。弦を弾く方向は外側から内側、つまり6~4弦は下に、3~1弦は上になる。

ストローク奏法との違い[編集]

ストローク奏法はピックなどで多数の弦を同時に鳴らすが、アルペッジョ(またはアルぺジオ)は弦を一本一本指で弾く。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『標準音楽辞典』音楽之友社、1966年