ワルツ第15番 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワルツ第15番ホ長調は、フレデリック・ショパンワルツの小品である。クリスティナ・コビラニスカによる作品番号リストではKK IVa-12、モーリス・ブラウンによる作品番号ではBI 44。

1829年に作曲された初期の作品で、左手のオクターブと両手のユニゾンによる序奏及び主要主題が特徴。第14番と対にする目的があったと指摘されている。作曲者の死後1871年に出版された。

演奏自体は比較的簡単で、ゆるやかな小品であることから、リサイタルで紹介されることも多い。

曲の構成[編集]

テンポ・ディ・ヴァルス。単純なロンド形式。序奏は-の繰り返しによる堂々としたオクターブである。音階のユニゾンが主題となる。右手のオクターブも登場し、平行調属調(嬰ト短調)に転調する。

外部リンク[編集]