きらきら星変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

きらきら星変奏曲(きらきらぼしへんそうきょく、: 12 Variationen über ein französisches Lied "Ah, vous dirai-je, maman"ハ長調K. 265は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト1778年に作曲したピアノ曲である。原題を直訳すると、フランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲

概要[編集]

K265 (Ah vous dirai-je, Maman).mid 12 Variationen über
"Ah, vous dirai-je, maman"
(きらきら星変奏曲)[ヘルプ/ファイル]

当時フランスで流行していた恋の歌「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」 ("Ah! vous dirai-je, maman") による変奏曲である。この旋律は後に恋の歌ではなく童謡『きらきら星』として知られるようになったため、日本では『きらきら星変奏曲』とも呼ばれるようになった。しかし、『きらきら星』の歌詞が書かれたのはモーツァルトの死後である。

曲の構成[編集]

主題の提示と12の変奏からなる。曲のおよその長さは12分ほどである。

主題
主題の提示だが、現在『きらきら星』として知られる曲よりも少し修飾がなされている。
第1変奏
16分音符と巧みな半音階の導入できらびやかな効果を出している。
第2変奏
左手のずっしりとしたアルペジョが早いパッセージで登場
第3変奏
右手のアルペジオで美しい音色を出す。
第4変奏
左手が10度飛ぶ厄介な部分。気まぐれな雰囲気を出す。
第5変奏
ここでは一度静まり返る。軽々しい和音に不協和音が一部混ざることにより、更にかわいらしさがあふれる。
第6変奏
左手の早いパッセージと共に右手がメイン。途中から右手に早いパッセージが来る。
第7変奏
右手の1オクターブのスケールで始まり壮大さが生まれる
第8変奏
ハ短調に転じる。ここでは短調の雰囲気で重々しく流れる
第9変奏
ハ長調に戻る。軽快な音が響き渡る。
第10変奏
手が交差する。和音と共に盛り上がる。
第11変奏
速度がアダージョになる。少々主題に手が加えられた部分もある。ゆっくりめで温和な雰囲気。最終変奏の前の緩徐楽章的な役割。
第12変奏
3拍子になる。左手の早いパッセージで始まり、非常に早い。最後は、大いにクレシェンドして終わる。

備考[編集]

外部リンク[編集]